このページではJavaScriptを使用しています。

トットリ・アフトピア協会 「基本理念」

  トットリ・アフトピア協会は、平成元年に設立されました。
  
 
アフトピア協会は、新しいむらづくり運動「アフトピア・トットリ21」を主体に企画推進し、個性豊かで生産性の高い農林漁業の育成と、活力あるむらづくりを促進することを目的とし「アフトピア・トットリ21」の趣旨に賛同し地域貢献が認められる、機関・関係団体またはむらづくり実践団体等によって構成されている。

 

(1) 基本理念

 

 「鳥取市の農山漁村地域(むら)に住む私たちは、自然の恵みと地域の特性を活かしながら、みずからの創造性と行動力を発揮し、豊かな産業と明るい地域社会を育み、21世紀の地域文化の創造に貢献する。」 を尊重して、私たちを育んだ自然と人と文化を大切にし、都市と農村の共生を目指して21世紀における調和のとれた運動として「新しいむらづくり運動」を展開する。

 

(2) 基本デザイン

 

   名 称  新しいむらづくり運動“アフトピア・トットリ21”

 

   解 説  アフトピア=AFFTOPIA

 

         → Making gricultureorestry and isherys UTOPIA
                 〔農業〕     〔林業〕       〔漁業〕   〔理想郷〕

           in ottori for the21st century.


「21世紀への鳥取の農林漁業の理想郷づくり」


【シンボルマーク】

マーク

 

・アフトピア憲章 Word文書24KB    PDF文書25KB

・入会・脱会・変更届    Excel文書28KB     PDF文書38KB

・トットリ・アフトピア協会規約 Word文書45KB    PDF文書189KB



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?