このページではJavaScriptを使用しています。

(第29回とっとりイモコンフェスティバル、「食のみやこ鳥取県」いなば農産物フェスタ合同開催)

 

  鳥取藩の伝統料理「イモコン鍋」を軸に、各地域で収穫される特産品や手作り料理、加工品等が一同に会し、秋の味覚を満喫できるイベント「第29回とっとりイモコンフェスティバル」「食のみやこ鳥取県」いなば農産物フェスタが10月14日(土)、15日(日)の両日、地場産プラザわったいな周辺にて開催されます今年は、お子様もお楽しみいただけるように子ども縁日コーナーを設けておりますので奮ってご来場くださいませ!

  

 

  ◆と き 10月14日(土)10:00~15:00     
        10月15日(日) 9:00~15:00
 

  ◆ところ 地場産プラザわったいな周辺 
        (鳥取市賀露町西3丁目323)


  ◆内 容 農産物の旬!第29回とっとりイモコンフェスティバル
         鳥取藩の伝統料理 「イモコン大鍋」(※1杯100円)


      地元産の農産物・加工品の販売コーナー・飲食コーナーほか
       「子ども縁日コーナー」等楽しいイベントが盛りだくさん!!
 

  ◆料 金  入場無料

 


 

 

「イモコン」の由来

 

「イモコン」の由来は藩政時代、鳥取藩は俗に「因幡の半知」と言われていました。

これは三十二万石の公称石高に対し、実際は半分の十六万石ほどしか米を生産せず、知行の半分しか俸禄がないにもかかわらず、外向きには石高(俸禄)に応じた格式を取り繕った結果、生活に窮していたものです。

内向きには何事にも質素にとのことで、宴会などに食される料理でも自家栽培の里芋、コンニャク、それに加えて干しイワシなどで作られていたものが「イモコン・ヒイワシ」と簡略化され、現在まで引き継がれています。

近年食が豊かになっていますが、郷土の先祖たちの苦労を偲び、また、地産地消、食育の推進を図るうえでも、折にふれて地元農産物の大切さを再認識いただければと思います。

 

      

 

開催日:2017年10月14日 から 10月15日
場所・時間等:
開催場所:地場産プラザ わったいな周辺


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
トットリ・アフトピア協会(鳥取市農業振興課内)
電話0857-20-3237
FAX0857-20-3047
メールアドレスtottori.afftopia@city.tottori.tottori.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)