このページではJavaScriptを使用しています。

第16回 用瀬地域審議会

日 時 : 平成19年10月26日(金)

 午後2時から午後5時15分

場 所 : 鳥取市用瀬町用瀬 用瀬町総合支所3階 会議室

 

〔出席委員〕

長戸信勝、森田純一、小倉利恵、加賀田英夫、国広良男、谷村美喜恵、

中村克洋、中村秀雄、西村洋子、平井育子、村田照雄、村中邦子、森尾眞一、

森 重市、八百谷富久巳

   以上15名

〔欠席委員〕

なし  

〔事務局〕

林副市長、秋山体育課長、保木本体育課係長、田渕支所長、森本副支所長(兼地域振興課長)、保本市民生活課長兼福祉保健課長、太田産業建設課長、小谷教育委員会分室長、沖田地域振興課スタッフ

 

【 会議次第 】

 

1.開  会

2.挨  拶

3.報  告

1.                          地域審議会会長会の報告

2.                          学校給食検討委員会の報告

3.                          総合支所の機能、あり方について

4.                          その他

4.議  題 

1.                          平成20年度地域活性化推進事業(案)について

2.                          千代川の瀬の活用策意見書(案)について

3.                          地区公民館の活用策と今後のあり方についての中間まとめ(案)について

4.                          その他

 

5.市議会活動報告

6.閉  会

 

 

【 議 事 概 要 】

 

支所長が開会を宣言。

 会長挨拶。

 林副市長挨拶 地域審議会も第2期目に入り、開催数が従来の4回から8回になり地域の課題を含め審議いただいているところです。

地域では、上方往来町並活用推進会による、瀬戸川で鯉のぼりを泳がす催しとか、観光ガイドにも積極的に取り組んでいただき、地域の活性化に関わって頂いているところです。また、10月8日開催の市民体育祭陸上の部では、用瀬地域がBグループにて見事優勝を飾られました。また、明日、明後日にはふれあいまつりが開催されると聞いています。このように地域と行政が活性化に取り組んでいるところです。

 

議 長  まず、報告事項1.地域審議会会長会の報告を行う。

  定員適正化計画によると、合併時1572名から現在1479名となり97名の   

  減になっている。平成22年には8.4%の減、27年度には2割の削減が目標

  となっています。

   地区公民館の活用策については、これまで毎回審議して頂いているが、地区公

  民館を核とした地域コミュニティつくりを進めている。本日の議題にもなってい

  る。

   定住化促進事業については、151人の相談支援を行い14世帯27名の方

  が鳥取市に定住している。委員の皆様にも、空家情報を提供して頂きたい。

   また、地域審議会からの意見書が、鹿野から2件、佐治から1件提出された事

  など口頭で詳細に報告する。

   次に、報告2.学校給食検討委員会の報告についてですが、市の教育委員会体

  育課より説明にこられていますのでよろしくお願いします。

 

事務局  検討委員会の設置理由として、1.合併の時点で佐治と用瀬の給食センターの

    統合についてが検討課題となっていたこと。2.行政改革の視点から、センター

    の民間化委託の是非についてを検討するため委員会が設置されたこと。

   構成は14名の委員で小・中学校の校長、保護者会、給食栄養士、調理員、物

  資物流の関係者、学識経験者、公募による委員と林副市長とで構成している。

   委員会の協議内容は三つあります。(1)食育の充実の観点からの課題。経費削

  減一辺倒でなしに、学校給食のもつ食育の観点から、質や安全性の確保を重点に

  考える。(2)施設等の扱いについて。用瀬と佐治のセンターだけでなく、全市的

  な施設の老朽化を見て検討する。(3)民間委託の是非について。財政逼迫の中、

  行財政改革に取り組んでいる最中。多くの自治体で民間委託が進んでいる状況を

  踏まえ検討する。民間委託は、調理部門と配送部門のみです。その他は市が責任

  をもって行うこととしている。

   検討委員会は、7月3日に第1回を開催し10月23日に第5回、11月27

  日に第6回を開催し、大まかな結論とし報告書をまとめる。その後パブリックコ

  メントにかけ議会の議決、施策の実施ということになります。

 

事務局  別紙「河原・用瀬・佐治学校給食センターの統廃合について(案)」により

    説明する。用瀬・佐治のセンターは、段階的に河原のセンターに統合していこう

    とする計画案について、理由、現状、課題、経費、メリット、デメリット等を詳

    細に説明する。

 

議 長  ただ今、担当課長、担当者より報告・説明がなされましたが、意見・質問等

    がありますか。

 

委 員  中山間の米農家にとって近年の農業情勢は厳しいものが続いています。学校

    では、米飯給食に取り組んでいるわけですが、学校給食を外部委託するようなこ

    とも検討されているとありました。業者委託すると外食産業のように輸入材を使

    うというようなことになるのでしょうか。

 

事務局  食材の取扱については、市が責任を持って物資調達します。民間委託をして

    も、業者が直接物資を仕入れることはありません。又、地産地消に配慮したもの

    を調達します。その他のものについても、産地・経路・アレルギー情報など考慮

    し仕入れることになりますので安心して頂きたいと思います。

 

委 員  この地産地消でうたわれている地産は何処の範囲のことをいっているのか。

 

事務局  鳥取県内を範囲に考えています。

 

林副市長 用瀬地域の地産地消率は高い。河原も高いですがさらに用瀬の方が高い。

   例えば河原で給食をするようになっても、現在食材を収めている生産者は引き

  続き納入できるような調整を考えている。市の方針としても地産地消率を高めて

  いこうという姿勢です。

 

委 員  給食の安全・安心がうたってありますが、ノロウイルスや0-157による

    食中毒が発生した場合は、被害範囲が拡大する棄権度が増すわけですが、これに

    ついてはどう考えておられますか。

 

事務局  統合の目的がこうしたことを未然に防ぐということです。検査等は必ず行う

    ことは当然ですし、仮に、発生した場合の関係機関との連携マニュアルを検討し  

    ています。

 

委 員  課題の中で保護者などの理解が得られるよう給食運営を行うとありますが、

    今回のこの件も保護者に状況の説明をされるのでしょうか。それとも決定してか

    らの報告だけになるのでしょうか。

 

事務局  現段階では検討中です。基本的には給食がなくなるわけではなく、従来どお

    り給食は行われるわけですから、これまでと何等変わりはないわけです。鳥取地

    域では、これまで福部と国府のセンターの統合がされてましたが、このときは、

    全保護者の皆様に対し文書を配布しました。その状況では、問題はなかったと思

    っています。ただし、民間委託となるような場合は、説明会の開催を考えていき

    たいと思います。

 

委 員  給食で肝心なのは、おいしいか、おいしくないかです。佐治がおいしい。用

    瀬もおいしい。悪いですが、鳥取市の給食は、ラーメンやうどんにしても汁がな

    いような状態だった。委員さんも試食をなさったらいいと思う。大量に調理する

    事が原因だろうと思いますが、配送にも時間がかかり、冷めてしまうこともある

    と思う。子供の視点から見ればどうなるのか心配です。

 

議 長  協議の途中ですが、林副市長が3時で退出されますので、給食の件は後で引

    き続き行うということにして、何か副市長に意見や要望があればお願いします。

 

委 員  用瀬には多くの分収造林があり、これらの施業をして頂きたい。

 

林副市長 要望として承っておきます。

 

委 員  定員適正化計画を見ましたが、職員数の削減についてですが、職員数は少な

    ければ少ないほどいい、というものでもないと思いますが、また、年齢構成に偏

    りが出ているようですし、人件費を含めたトータルの財政状況はどうなっていま

    すか。

 

林副市長 定員適正化計画は、合併により一時的に職員数が増加しています。スケール

    メリットを最大限生かそうとしているところですが、鳥取市と同程度の市の9

    0%を目標に考えています。

   人件費は約100億円。予算編成においては、こうした経常経費が増加し硬直

  化している。特に、扶助費といわれる社会保障費が年間何億と増加している。全

  体比のなかで、人件費が結果的に増加している。これを減少させることが必要で

  す。職員構成では、20歳代の職員が少なくなっている。これは最近の職員採用

  数が減少していることが影響し、いびつな構成となっている。

 

林副市長及び教育委員会体育課職員退席。

 

休 憩。

 

 

議 長  これより会議を再開します。先ほどの給食検討委員会報告について意見をお

    願いします。

 

委 員  河原に給食センターを統合すると、佐治は遠隔地となり配送に時間がかかり

    過ぎる。仮に、用瀬にセンターもってくれば、佐治と河原に一気に配送でき、時

    間がかからない。施設の新旧だけで決定することではない。河原もいずれは老朽

    化する。

 

委 員  鳥取市と合併して、全て統合していくということで本当にいいのかと思いま

    す。学校に給食室があると、休憩時間に遊んでいると匂いがしてくる。今日は何

    かなと考える。調理師の方が、自分達のために給食を作ってくれているのだなと

    感じる。そういう感性を持たせることが、食育だと思う。栄養のあるものを与え

    とけばいいとか、スリム化とか経済性だけを重視して考えるのは違うと思う。こ

    うしたことの前に、私達大人が子供のために何を考えていかなくてはならなかを

    考えることが、子供たちに対する、私達に課せられた課題だと思う。

 

委 員  給食単価を見ると用瀬は安い。ということは、これを統一し平均をとると、

    多分用瀬では単価が上がるということになる。教育委員会は事前説明を行わず、

    保護者への周知の通知で済まそうとしているようだったが、経済的負担をかける

    ことになる保護者に対しては、事前に説明会を開催する必要があるのではない

    か。

 

議 長  この件につきましては、教育委員会へ保護者に説明する機会を持つように要

    望しておきたいと思います。

 

委 員  教育委員会は、今日の地域審議会での説明で、用瀬は既に了解済みですなど

    と捉えられては困る。PTA等に説明してもらう様にしてもらいたい。

 

全員賛成

 

事務局  先ほどの説明で、今後11月27日に第6回目の検討委員会があり、そこで

    検討結果のまとめを行い、その後パブリックコメントにかけられる予定のようで

    す。委員の皆様も、どしどし意見を出して頂きたいと思います。

 

議 長  では、この件については、要望書を提出するという事でお願いします。

    次に、総合支所の機能・あり方について報告をお願いします。

 

事務局  現在8総合支所で、支所の機能とあり方について協議・検討中です。ここで

    報告できる内容には、未だまとまっていません。次回審議会には報告できると思

    います。

 

議 長  この件については、会長会の報告の資料にも出ていますので、こちらも見て

    おいて下さい。では、その他の報告をお願いします。

 

事務局  本年度の地域づくり懇談会が、11月9日金曜日、午後7時より大村地区公

    民館2階会議室にて開催されます。地域の課題として(1)赤波川おう穴群の活用

    策について(2)鳥取自動車道開通に伴う鷹狩駅前交差点の交通渋滞についての2

    件意見交換を行います。その他、市政に対しての意見交換会ももたれます。市

    長はじめ幹部職員が地域の皆様の声を公聴する会となっています。ぜひ皆様の出

    席をよろしくお願いします。

 

事務局  資料により、ごみ袋有料化後のごみの排出量の状況を説明する。クリーンセ

    ンターやずにおいては、前年比72.35%となり市民の皆様のご協力を頂いて

    いる。今後もごみの減量にご協力いただきますようによろしくお願いします。

 

事務局  ふれあい祭りに付き、パンフレットにより催し物等詳細に説明する。明日・

    明後日の開催に向け現在展示等準備中です。本年は、農協展も同時開催されま

    す。皆さんのご参加をお願いします。

 

議 長  以上の報告について質問がありますか。

 

委 員  ふれあい祭りに田中寒楼の遺墨展がありますが、何が書いてあるのか説明書

    き等により紹介をして頂きたい。

 

事務局  現場の方と協議して対応するようにしたいと思います。

 

委 員  ごみ袋の有料化によって、ごみの量が減っているとする資料がありました

    が。ごみは急に減るものではないと思う。「捨てればいいが。」とか「焼けばい

    いが。」とかいうような意識が、広がってこないかと心配していますが、この点

    についてはどうでしょうか。新聞にもコンビニに持ち込むごみの量が増えたと載

    っていましたがどうなんでしょうか。

 

事務局  ごみ監視員を配置しています。用瀬では18名の監視員の方をお願いしてご

    みに関する監視をして頂いています。活動時は腕章と帽子を着用して頂いていま

    す。

 

委 員  ごみの野焼きを見つけた場合は、どのようにしたらいいのか。

 

事務局  支所に環境パトロール員がおりますので、こちらに連絡して頂けばいい。監

    視員の方には、ごみの不法投棄についても監視して頂いている。

 

委 員  大型ごみも有料化になっていますが、不法投棄の状況はどうなっています

    か。

 

事務局  大型ごみの有料化も10月に変わったばかりで、不法投棄についての連絡は

    今のところありません。

 

議 長  では、次の議題へ移ります。

    まず、平成20年度地域活性化推進事業(案)についてお願いします。

 

事務局  別紙資料により、平成20年度も19年度と同一事業を発展的に継続実施す

    る旨説明する。

 

議 長  この件について、質問・意見はありますか。

 

委 員  瀬戸川には、以前水車が多くかかっていた。水車の復元には取り組まないの

    か。

 

事務局  先般「市長と気軽にトークトーク」が催され、上方往来町並活用推進会の皆

    様が、市長に水車の往時の姿や、現在残っている米搗機や水車の設置跡について

    お話しをされていた。今すぐにという事にはならないがそういう夢ももって取り

    組んでいる。

 

委 員  中津美の瀧の整備もあがっているが、今は江波の林道から瀧に行くことがで

    きる。大変素晴らしい瀧なので是非整備して世に出して頂きたい。

 

委 員  自治会としても取り組んでいるが、中津美については現在瀧が周辺立木によ

    り隠れかけているので、その伐採を行ってもらえば、立派な瀧が見えるようにな

    る。

 

委 員  観光ガイドの育成が上がっているが、これは瀬戸川事業に限ったことでない

    と思う。自動車道が開通すれば、多くの県外の方がこられることになると思う

    が、老人会では、誰でもがちょっとした案内くらいはできるようしたいと取り組

    んでいる。また、花いっぱい運動についても老人会も「ごみのない町・花のある

    町」を合言葉に取り組んでいる。

 

委 員  「どこだらマップ」についてですが、これは、是非小学生にも読めるのもを

    お願いしたい。津ノ井小学校では、学校で探検マップを作っているが、地元を知

    るということで自然、文化財、動物などをイラスト入りで非常にわかりやすいも

    のを作っている。

 

支所長  わかりました。参考にさせていただきます。

 

議 長  次に、2.千代川の瀬の活用策意見書(案)についてですが、これについて

    は、私が説明します。

     先回も、国土交通省にあがってもらい話を聞きましたが、用瀬5区踏切前の千

    代川の瀬は非常に素晴らしい景観になりました。まだ、河川整備計画の途中とは

    いいながら、これを何とかして地域活性につなげていきたいと考えています。ま

    ず、住民の皆さんにあの瀬のことを知っていただくために、瀬の名前を募集して

    頂きたい。そして今後の活用策を考える上での取り掛かりとして頂きたいと考え

    ます。資料にありますように、地域振興への取り組みということで、総合支所長

    にこの旨の意見書を提出したいと思いますが、これについての意見をお願いしま

    す。

 

委 員  支所が公募すると、千代川の河川改修は、すでに終わったものと思われる住

    民の皆さんもおられると思います。もし、この意見書を提出するなら、河川整備

    の要望書も併せて提出すべきではないでしょうか。また、公募するなら位置やイ

    メージ図等をつけて募集しないと、住民にはわかりにくいと思いますが。

 

議 長  従来の計画から遅れてきている、河川整備についての早期着工・完成へ向け

    ての要望書・意見書は、今後の地域審議会で検討するということにしましょう。

    公募の方法は今後支所で考えていただくということで、意見書を提出したいと思

    いますがいかがでしょう。

 

全員賛成

 

地域審議会長より支所長へ意見書の提出が行われる。

 

議 長  次に議事3.地区公民館の活用策と今後のあり方についての中間まとめ

    (案)について説明をお願いします。

 

事務局  資料により現状の報告を行う。現在市民政策コメントが実施されています。

    市民政策コメントが10月31日まで実施され、その後地域での話し合い等が

   行われ地域での合意形成が図られます。また、利用者を対象としたブロック毎説

   明会も別紙資料の要領で開催され、用瀬では11月21日に中央公民館で行われ

   ることになっていることなど詳細に説明する。

 

議 長  この件について、質疑・意見等がありますか。

 

委 員  以前にも質問をしたのですが、中央公民館の取扱はどのようになったのです

    か。

 

事務局  市民政策コメントを取りまとめた結果を踏まえ、方向を検討していくという

    ことになります。

 

議 長  以上で議題についてはこれで終了します。

    次に、議会報告ですが、上紙市議会議員にお願いします。

 

上紙市議 議会報告を行う。

 

議 長  以上で、本日の予定されていた日程について全てを終了します。

 

( 閉会時間 午後5時15分 )



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ