このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 里道(赤線)、水路(青線)などの法定外公共物の払下げの手続きを教えてください。

回答

 里道や水路等の法定外公共物は、代替施設の設置により必要がなくなった場合や、現況において機能しておらず、廃止しても支障がない場合などに該当するときは、払下げを受けることができます。


 払下げにあたっては、まず現地での境界確認が必要となりますので、財産経営課へ申請を行ってください。


 なお、市が行う表示・保存登記や所有権移転登記に伴う費用や測量図等の添付資料の作成費用は申請者(払下げを受ける個人)にご負担いただきます。また、土地売買契約の締結後、市から送付される払込通知により土地代金をお支払いいただきます(無償の払下げはありません)。


 詳しくは下記担当までお問い合わせください。
 

【法定外公共物払下げのながれ】
 

 1.境界確認
     ↓
 2.用途廃止申請(地元の同意が必要な場合があります)
     ↓
 3.確認・審査
     ↓
 4.用途廃止決定
     ↓
 5.払下申請
     ↓
 6.表示・保存登記
     ↓
 7.固定資産仮評価(仮評価により価格の決定)
     ↓
 8.審査・払下決定
     ↓
 9.土地売買契約・土地代金払込通知
     ↓
10.所有権移転登記(土地代金払込確認後)
     ↓
11.登記済書送付

 

 

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   総務調整監 財産経営課 (電話番号:0857-20-3112)
                 (Eメール:zaisankanri@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?