このページではJavaScriptを使用しています。

青谷の特産品(あおやのとくさんひん)


●因州和紙

和紙歴史に支えられた伝統的な製品はもちろん、暮らしの身近で気軽に楽しみたい和紙製品が多彩に。素朴で温もりのある因州和紙を現代風にアレンジしたおしゃれな小物たちは、旅の記念に。

お問合せは… 青谷ようこそ館(0857-85-0600)、あおや和紙工房(0857-86-6060)

 

 


●二十世紀梨

和紙秋の果物を代表する青谷名産の二十世紀梨は、きめこまやかでたいへん甘く、みずみずしい梨だと好評をよんでいます。

お問合せは… 青谷ようこそ館(0857-85-0600)

 

 

 


●枇杷(びわ)

和紙黄色い卵形の実をつけるびわは、甘みが強く、みずみずしい初夏の味覚として、主に京阪神に出荷されます。実には、カロチンやビタミンが豊富で栄養的にも優れています。

お問合せは… 青谷ようこそ館(0857-85-0600)

 

 

 


●甘長とうがらし

和紙 グリーンジャンボとも呼ばれ、5月上旬から7月下旬にかけてつやつやとした深い緑色の実をつけます。その名のとおり辛くなく、肉質はやわらかく、苦みが少ないのが特徴です。

お問合せは… 青谷ようこそ館(0857-85-0600) 

  

 


  ●地酒(山根酒造)

和紙明治20年に創業。蔵の近隣に春に先駆けて満開となる桜の銘木があり、春を待つ心に酒を酌み交わす意を込めて日置桜と名付けられました。幻の酒米「強力(ごうりき)」米を使用した純米吟醸「強力」は、独特の酸味、深いコクと切れ味がよく、飲み手を魅了してくれるお酒です。

お問合せは…(有)山根酒造場(0857-85-0730) 

 

 


●地酒(西本酒造)

西本酒造元治年間に創業したという老舗で、魅力的で大衆的なイメージをねらって美人長という銘柄をつけています。現在の食生活に適した辛口ですっきりとした造りで「じげの酒(地元の酒)」として愛されています。

お問合せは…(有)西本酒造場(0857-85-0917)

 

 


  ●山根焼

和紙自然釉薬を化粧がけした食器を中心に制作、近年は土瓶つくりも行う。素朴な中にも一点の輝きのある生き生きとした器づくりを行っています。

お問合せは…山根窯(0857-86-0531)

 

 

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 産業建設課
電話0857-85-0015
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-sangyo@city.tottori.lg.jp