このページではJavaScriptを使用しています。

光化学オキシダントについて

 鳥取県では、近年大気中の光化学オキシダントの濃度が上昇しています。光化学オキシダントの濃度が高くなると、目やのどの痛みなどの健康被害が現れる場合があります。今後濃度が基準値(1時間値0.12ppm)を超えた場合、鳥取県は光化学オキシダント注意報を発令することになります。

 

◇光化学オキシダント(OX)とは◇

  自動車や事業場などから大気中に排出される窒素酸化物や炭化水素が太陽光の紫外線を受け、光化学反応を起こすとオゾンなどの「光化学オキシダント」と呼ばれる物質を発生させます。日差しが強く、気温が高く、風が弱いなどの気象条件が重なった場合に発生しやすくなります。

 

◇注意報等の発令について◇

 光化学オキシダントによる健康被害を防ぐため、状況により鳥取県が注意報等を発令します。注意報等の発令については、テレビ・ラジオ・防災無線などでお知らせします。また、学校、幼稚園、保育園等にも連絡されます。

発令区分

発令基準

注意報

光化学オキシダント濃度の1時間値が0.12ppm以上となり、気象条件からみてその状況が継続すると認められるとき

警報

光化学オキシダント濃度の1時間値が0.4ppm以上となり、気象条件からみてその状況が継続すると認められるとき

※ppmとは濃度の単位で、100万分の1のことです。(気体の場合は体積比)

※鳥取市は、岩美郡・八頭郡とともに鳥取県東部地区に区分けされます。

環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」で、注意報等の発令状況や1時間ごとの測定値を確認することができます。

 

 ◇全国の光化学オキシダントの状況◇

 平成23年度中の注意報発令延べ日数は82日(18都府県)、健康被害届出人数は29人(4県)でした。

 

◇鳥取県の光化学オキシダントの状況◇

 鳥取県内では、過去注意報発令基準濃度に達したことはありません。しかし、年々微増する傾向にあります。また、4月・5月を中心とした春~初夏にかけた時期に濃度が高くなる傾向にあります。平成19年度には0.113ppmを記録するなど、注意報発令基準値に迫ってきています。

 

 平成23年の鳥取県の最高濃度は、5月16日の0.101ppmでした。

 

◇注意報等が発令された時の対策◇

1.屋外での活動を控え、屋内に移動してください。

2.できる限り窓を閉めるなど、なるべく外気に触れないようにしてください。

3.目やのどに痛みを感じた時は、洗眼やうがいをしてください。
  症状がひどい場合は医師の診断を受けてください。

4.お急ぎでない自動車運転は控えてください。

 

※光化学オキシダント注意報は、健康被害を未然に防止するために実施するものです。
 直ちに重大な被害を及ぼすような大気汚染レベルではありません。
 上記の注意事項に気をつけ、落ち着いて行動してください。

 

◇問合せ先等◇

  鳥取県生活環境部水・大気環境課  電話 0857-26-7206

  鳥取市環境下水道部生活環境課    電話 0857-20-3216

  各町総合支所地域振興課

 

※注意報等の発令時は多数の緊急電話が寄せられます。

 お急ぎでない電話はお控えください。健康被害(目やのどの痛み)については、近所の

 病院や鳥取県福祉保健局(保健所)または鳥取市中央保健センターに相談してください。

 

  鳥取県福祉保健局  電話 0857-22-5163

  鳥取市中央保健センター  電話 0857-20-3191

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3218
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp