このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市気高町の紹介


  このページではJavaScriptを使用しています。

貝がら娘鳥取市気高町貝がら娘

自然 伝統 沿革 歴史

≪気高の自然≫
 南に“因幡富士”と呼ばれる鷲峰山を仰ぎ、
河内川が大地を流れ、
北には日本海を望む気高町。

海は漁業を、山野は農業を育て、
恵まれた海・山の幸が
人々の暮らしを支えてきました。

 海岸には東西約8キロメートルにわたって
白砂の浜が広がり、
一大景勝地(西因幡県立自然公園)を
形成しています。

 また、ここには古くから温泉も湧き、
海と温泉が一体となった魅力が
多くの人をひき寄せる
観光地となっています。
気高地域画像1(睦逢大堤ほか)
≪気高の伝統≫ページ上部へ
気高地域画像2(菖蒲綱ほか)  大地の実り、
海の豊漁、
健康で安らかな暮らしを・・・。

平穏と豊かさを願う切なる思いは、
さまざまな神事や年中行事によって表され、
現在に受け継がれています。

宝木、水尻の「因幡の菖蒲綱引き」、
「酒津のトンドウ」、
姫路神社の「百手の神事」など、

気高町には
独自の生活文化を
色濃く反映した民俗行事が、
しっかりと息づいています。

 このような各種の伝統行事は
人と人のつながりを深め、
地域を守り、
互いに町づくりを進めていく
エネルギーの源になってきました。
≪気高の沿革≫ページ上部へ
明治22年市町村制実施により、
宝木村・光元村・酒津村・
瑞穂村・八束水村・正條村・
逢坂村の7カ村が成立しました。

その後、大正3年、
宝木村・光元村の合併で宝木村、

大正4年、
八束水村・正條村が合併して正條村となり、

昭和23年には、
正條村が町制施行で浜村町に改められ、

昭和30年7月1日、
浜村町・宝木村・酒津村・逢坂村・瑞穂村の
一町4村が合併して
気高町が誕生しました。

 そして平成16年11月1日、
鳥取県東部9市町村
(鳥取市・国府町・福部村・河原町・用瀬町・
佐治村・気高町・鹿野町・青谷町)が合併し、

現在の鳥取市気高町となりました。
気高地域画像3(過去の画像ほか)
≪気高の歴史≫ページ上部へ
 気高地域画像4(薬師如来ほか) 気高町には
多くの歴史遺産が残っており、
今も大切に保存されています。

数々の古墳や、
古代の役所を思わせる
上光、上原遺跡群。 

また、戦国期にこの地を治めた
亀井茲矩公や、
江戸元禄期に相撲界で一世を風靡した
名力士・両国梶之助を
偲ばせる墓所もあり、
先人たちの偉業に対し
人々の熱い思いが寄せられています。

このような、古く長い歴史の上に
新しい歴史が積み重ねられ、
ふるさと気高が形づくられてきました。

その足跡は
未来にわたって消えることなく、
大切な財産となっています。


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
気高町総合支所 地域振興課
電話0857-82-0011
FAX0857-82-1067
メールアドレスkt-chiiki@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ