Tottori City News Letter   
とっとり市報2008年6月
    

家族介護者の集い「スマイル・スマイル」

とき 6月18日(水)10:00〜12:00

ところ 市役所駅南庁舎第5会議室

内容 映画鑑賞会「恍惚(こうこつ)の人」

料金 200円

■問い合わせ 
スマイル・スマイル事務局(市役所駅南庁舎鳥取中央地域包括支援センター内)
TEL(0857)20ー3455
目次へ戻る  このページの上部へ
 

高齢者住宅改修費の助成

対象
(1)介護保険住宅改修費の支給:介護保険の「要介護」「要支援」認定者
(2)高齢者居住環境整備費助成:(1)の対象者およびその配偶者でともに市県民税非課税の人

※(1)・(2)は併用可

内容
手すり取り付け、床段差改修、滑り防止のための床材変更、引き戸などへの取り替え、和式から洋式への便器取り替えなど

※新築・増築の場合は対象外

金額
(1)対象工事費(上限20万円)の9割(上限18万円)
(2)対象工事費の3分の2(上限53万3000円)

※工事着工前に申請が必要

■問い合わせ 
市役所駅南庁舎高齢社会課TEL(0857)20ー3453/各総合支所福祉保健課
目次へ戻る  このページの上部へ
 

介護サービス利用料軽減

 低所得世帯の高齢者で一定の条件を満たす場合は、申請により施設などへの入所にともなう食費や居住費、サービス利用料が軽減されます。現在の対象者(次の認定証保有者)は、有効期限が切れる前に申請を行ってください。

対象 
▽負担限度額確認証:特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設に入所またはショートステイの利用の際に、食費・居住費(滞在費)を減額
▽負担軽減確認証:社会福祉法人が行う介護保険サービスの利用料を軽減

■問い合わせ 
市役所駅南庁舎高齢社会課 TEL(0857)20ー3454/各総合支所福祉保健課
目次へ戻る  このページの上部へ
 

高齢者・障害者用居室などの改築資金などの貸し付け

対象
▽60歳以上の高齢者と同居している60歳未満の人
▽身体障害者手帳1〜4級・療育手帳Aを所持している人またはその人と同居している人

内容 高齢者・障害者の専用居室、浴室、台所、トイレ、廊下などの増改築

金額 
50万〜250万、金利0・5%(変動する場合あり)で、償還期間は、10年以内(貸付額に応じて変動)

※連帯保証人が2人必要。工事着工前に申請が必要 

■問い合わせ 
▽高齢者:市役所駅南庁舎高齢社会課 TEL(0857)20ー3453
▽障害者:市役所駅南庁舎生活福祉課 TEL(0857)20ー3474
目次へ戻る  このページの上部へ
 

はり・きゅう・マッサージ費助成

対象 所得税および市民税非課税で、次のいずれかに該当する人
(1)70歳以上(2)65歳以上で長寿医療(後期高齢者医療)被保険者

金額 1回あたり1000円以内の助成券を発行(年12回以内、有効期限:平成21年5月31日)
※助成券の利用は、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」により免許を取得し、鳥取県鍼灸マッサージ師会、鳥取県鍼灸師会および日本あん摩マッサージ指圧師会鳥取県支部に加盟している治療院(所)などに限る。

受付 6月2日(月)〜

持参するもの 健康保険証など本人確認ができるもの

■問い合わせ 
市役所駅南庁舎保険年金課 TEL(0857)20ー3487/各総合支所福祉保健課
目次へ戻る  このページの上部へ
 

ひとり親家庭の特別医療費新規・更新手続き

 平成20年度更新分から、次の対象者には、特別医療費受給資格証を郵送します。なお、健康保険証の記載内容に変更があった人は届け出をお願いします。

対象 
平成19年の所得税が非課税の世帯でひとり親家庭の親子(子が18歳に達する年度末まで)

受付 
▽新規(これまで一度も受給したことがなかった人):7月1日(火)
▽更新(前年中所得の申告がなかった人):6月23日(月)〜27日(金)

持参するもの 
▽親・子の健康保険証
▽平成19年中の所得を証明するもの(所得課税証明書)
※平成20年1月2日以降に転入の人のみ

■問い合わせ 
市役所駅南庁舎保険年金課 TEL(0857)20ー3486/各総合支所福祉保健課
目次へ戻る  このページの上部へ
 

児童手当の現況届は6月中に

 児童手当を受給している人は、受給資格を確認するための現況届(6月上旬に郵送します)を提出してください。

受付 6月10日(火)〜30日(月)の期間に問い合わせ先まで

内容 提出時の添付書類
▽会社に勤務している人:健康保険被保険者証のコピーまたは年金加入証明書
▽平成20年1月2日以降に、本市に転入してきた人:前住所地の所得証明書
※現況届を提出しない場合、手当の支給が遅れたり、支給できなくなったりすることがあります。なお、所得超過などでこれまで請求をしていない人も、所得額の変更などにより受給できる場合がありますので、問い合わせください。

■問い合わせ 
市役所駅南庁舎児童家庭課 TEL(0857)20ー3465/各総合支所福祉保健課
目次へ戻る  このページの上部へ
 

ハッピーマンデーのごみ収集について

(該当地区のみ)

 
7月21日
海の日
9月15日
敬老の日
10月13日
体育の日
1月12日
成人の日
可燃ごみ
プラスチック
古紙類
収集します
収集します
収集します
収集します
ペットボトル
23 日に
振り替えます
17 日に
振り替えます
15 日に
振り替えます
14 日に
振り替えます
食品トレー
資源ごみ
小型破砕ごみ
収集しません
収集しません
収集しません
収集しません

※ハッピーマンデー以外の祝日は、可燃物と古紙のみ収集します。 

 ハッピーマンデー制度とは、成人の日を1月15日から1月の第2月曜日に、海の日を7月20日から7月の第3月曜日に、敬老の日を9月15日から9月の第3月曜日に、体育の日を10月10日から10月の第2月曜日に移動させる制度です。月曜日を休日にすることで、土・日・月曜を3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定されました。
 月曜日が休みになることが多くなり、地区によってごみの収集回数に差が出てしまうことから、本市ではハッピーマンデーに当たる日に、可燃物・プラスチック・古紙の収集を始めています。不法投棄監視員 現在本市では、330人の市民のみなさんが、自然豊かな美しい鳥取市を守るため、ボランティアの不法投棄監視員として活動しています。 最近、店名不明のトラックが住宅地で家電製品などの有料回収を行った後、山間部に大量に不法投棄した事例も報告されています。このような業者には絶対に回収を依頼しないでください。

■問い合わせ先 市役所本庁舎生活環境課 TEL(0857)20ー3217
目次へ戻る  このページの上部へ
 

土砂災害警戒情報が出たら避難を!

 
 これから梅雨シーズンとなります。梅雨などの出水期には、大雨による地盤のゆるみで、崖崩れ、土石流、地すべりなどの自然災害が発生しやすくなります。
  市内には、人家への被害が生じる恐れのある危険個所が多数あります。日ごろから、近くの危険個所や避難経路などをよく確認しておいてください。
  万が一、気象台から「土砂災害警戒情報」が発表されたら、できるだけ早く危険個所から避難してください。なお、この情報は、テレビ、ラジオの放送とともに、本市の「防災行政無線」や「安全安心メール」でもお知らせします。
写真

■問い合わせ先 市役所本庁舎危機管理課 TEL(0857)20ー3127
目次へ戻る  このページの上部へ
 

計量器(はかり)の定期検査を行います

 取り引きや証明に使用している計量器を対象に、下記のとおり検査を実施します。

◇対象地域 国府・福部・河原・用瀬・佐治地域

◇持参するもの 定期検査受検票(該当者には事前に 通知)、該当の計量器、検査手数料

該当地区
検査日
検査時間
検査会場
河原 河原
6/18
(水)
10:00 〜12:00
河原町総合支所
国英、八上、
散岐、西郷
13:00 〜16:00
佐治 佐治地域全域
6/19
(木)
10:00 〜12:00
佐治町中央公民館
用瀬 用瀬地域全域
13:30 〜16:00
用瀬地区保健センター
国府 世紀、大茅
6/20
(金)
10:00 〜12:00
JA 鳥取いなば中河原
ふれあい館
あおば、宮下、谷
13:30 〜16:00
国府町総合支所
福部 海士
6/26
(木)
10:00 〜12:00
福部町総合支所
岩戸、細川
13:00 〜16:00
湯山、高江
6/27
(金)
10:00 〜12:00
湯山、その他
13:00 〜16:00

■問い合わせ先 市役所第2庁舎産業振興課 TEL(0857)20-3222
目次へ戻る  このページの上部へ
 

自主防犯活動団体補助金制度

 本市では、犯罪を未然に防止し、市民のみなさんが安全で安心して暮らせるまちづくりを推進しています。その取り組みの一環として、自主的に防犯活動を行う団体に支援を行います。

対象 
▽対象者:各地区で継続的に自主防犯活動に取り組む自治会、町内会、ボランティア団体など(過去に当該補助を受けた団体は除く)

▽対象事業:防犯活動講習会、防犯パトロール、広報誌発行、安全マップ作成など

金額 1団体あたり10万円

定員 5団体 ※応募多数の場合は、書類審査により選考

募集期間
 6月16日(月)まで

■問い合わせ 問市役所本庁舎危機管理課 TEL(0857)20ー3127
目次へ戻る  このページの上部へ
 

「新修鳥取市史」第5巻発売中

 新修鳥取市史第5巻(明治/教育・社会篇)を刊行しました。本市の発展の基礎となった明治期の郷土の歴史を、地元在住の執筆者がわかりやすく記述しています。この機会にぜひ購入ください。 
※本事業は、平成16年の合併以前からの事業のため、鳥取地域が対象範囲です。

内容 第5巻(明治/教育・社会篇)A5判、1000ページ、箱入り

料金 4000円(税込み、送料別)

■問い合わせ 
市役所本庁舎総務課 TEL(0857)20ー3102 fax(0857)20ー3040
電子メールsoumu@city.tottori.tottori.jp
目次へ戻る  このページの上部へ
 

国民年金コーナー 「保険料免除の申請は7月から受け付けます」

◆免除制度
 免除の期間は、7月から翌年の6月までの1年間です。同一年度内であれば年度当初の7月にさかのぼって申請を受け付けます(年金保険料を納付済みの場合は除く)。しかし、それを過ぎると受けられない場合がありますので、希望する人は早めに申請してください。なお、すでに全額免除、若年者納付猶予を受けている人で、継続審査を希望している人は、年度替わりにともなう再申請は不要です。
※4分の3・半額・4分の1免除および退職特例による免除該当者は再申請が必要です。

◆若年者納付猶予
 同居している世帯主の収入が多いため免除が受けられない若年加入者(30歳未満)のために、若年者納付猶予制度があります。この制度は免除ではないため、10年以内に追納しないと猶予期間に相当する年金額は全く受給できません。
※老齢基礎年金、障害基礎年金などの受給資格期間には算入されます。

◆追納制度
 保険料免除、若年者納付猶予、学生納付特例の承認を受けてから10年以内であれば、保険料をさかのぼって納めることができる「追納制度」があります。将来、十分な年金を受け取るためにも追納をお勧めします。追納の申し込みは社会保険事務所まで。
※3年目以降の保険料を追納する場合は、当時の保険料に加算金が加わります。

■問い合わせ先 
鳥取社会保険事務所 TEL(0857)27-8311
市役所駅南庁舎保険年金課 TEL(0857)20-3484
目次へ戻る  このページの上部へ
 

国保あれこれ 「交通事故にあったら」

 事故などにより負傷した場合の治療は、国民健康保険を使って受けることもできます。使用する場合には必ず次の手続きを行ってください。

(1)事故発生地の警察署に、事故の発生届出をしてください。

(2)自動車安全運転センター鳥取県事務所(千代水二丁目 TEL(0857)28〜6221)に「交通事故証明書」の発給申請をしてください(用紙はお近くの警察署、交番、駐在所にあります)。

(3)市役所保険年金課または各総合支所福祉保健課国保担当窓口で「第三者行為による傷病届」を提出してください。
※届け出は代理人でもできます。

【届け出に必要なもの】

▽国民健康保険証
▽印鑑(認印)
▽交通事故証明書(後日提出でも可)

■問い合わせ先 
市役所駅南庁舎保険年金課 TEL(0857)20-3482 各総合支所福祉保健課
目次へ戻る  このページの上部へ
 

固定資産税の減額

 住宅の耐震改修やバリアフリー改修を行うと、固定資産税が減額となる場合があります。工事終了後3カ月以内に申告してください。対象となる建物などの要件については、本市ホームページをご覧いただくか、左記へ問い合わせください。

■問い合わせ 市役所駅南庁舎固定資産税課 TEL(0857)20ー3424
目次へ戻る  このページの上部へ
 

耐震改修などの助成

 震災に強い安全・安心なまちづくりを目的として、昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住宅の耐震診断、耐震設計および耐震改修費用の一部を助成します。助成対象の要件など詳細については問い合わせください。

募集期間 6月10日(火)〜20日(金)

数量 ▽耐震診断:20件 ▽耐震設計:5件 ▽耐震改修:5件  ※先着順

■問い合わせ 市役所本庁舎建築指導課 TEL(0857)20ー3281
目次へ戻る  このページの上部へ
 

鳥取市自治基本条例の解説

 本年10月から施行される鳥取市自治基本条例の解説を作成しました。市役所本庁舎、駅南庁舎、各地区公民館などに設置していますので、ご自由にお持ち帰りください。ご希望の人には送付します。

■問い合わせ 市役所本庁舎協働推進課 TEL (0857)20ー3181
目次へ戻る  このページの上部へ
 

「地域づくり懇談会」開催

 市民のみなさんと市長が、地域の課題や地域づくりなどについて話し合う「地域づくり懇談会」を今年も開催します。市民と行政が共に助け合い、地域の身近な課題を解決しながら心豊かに安心して暮らせる地域社会を築くため、ぜひ、多くのみなさんの参加をお願いします。

【鳥取地域】  倉田地区 6月27日(金)
  他の16地域は7月から10月に実施する予定です。日程などが決まりましたら市報でお知らせします。

【新市域】
 9月下旬から11月に実施する予定です。日程などが決まりましたら総合支所だよりでお知らせします。

■問い合わせ 市役所本庁舎コミュニティ支援室 TEL(0857)20ー3171
目次へ戻る  このページの上部へ
 

住宅用火災警報器の取り付け

 住宅用火災警報器の設置が義務付けられて2年が経過しました。平成23年6月1日までにすべての住宅が設置しなければなりません。まだ設置していないご家庭は早めに取り付けてください。設置場所などは相談ください。

■問い合わせ 東部消防局予防課 TEL(0857)23ー2460
目次へ戻る  このページの上部へ
 

市税豆知識 「市・県民税の納期と納付方法」

 市・県民税は昨年中の所得をもとに計算され、今年の1月1日時点で住んでいた市町村へ納めていただくものです。納付方法は次のとおりです。

【特別徴収】

給与所得者(サラリーマンなど)を対象とした納付方法です。会社などの事業所が、6月〜翌年5月までの毎月の給料から引き去り、市町村へ納めます。なお、給与以外の所得がある場合(事業所得、譲渡所得など)は、それらの所得分について普通徴収を選択できます。

【普通徴収】
給与所得者以外(自営業、収入が年金だけの人など)を対象とした納付方法で、納税通知書で納めます。納税通知書は6月10日(火)に郵送する予定です。市・県民税の納期と納付方法

納期
納期限
全期
6 月30 日(月)
1 期
2 期
9 月 1 日(月)
3 期
10 月31 日(金)
4 期
2 月 2 日(月)

※市・県民税の納付は口座振替が便利で確実です。
詳しくは、市役所駅南庁舎収税課 TEL(0857) 20-3433まで

税源移譲による救済措置


  平成18年分に比べて平成19年分の所得が極端に減った人や、控除が増えたことによって平成19年分の所得税がかからなかった人は、市・県民税の救済措置があります。平成20年7月1日〜31日の間に市民税課に申告することにより、税源移譲前と移譲後の市・県民税の増加分について減額措置を受けられます。なお、対象者には申告書を郵送する予定です。

■問い合わせ先 
市役所駅南庁舎市民税課 TEL(0857) 20-3417/各総合支所市民生活課
目次へ戻る  このページの上部へ
 

貯水槽水道の適正な管理を

 ビルやマンション、学校などの多くは、水道水を受水槽にためて給水しています。このような給水方法を「貯水槽水道」といい、受水槽容量により次の2種類に分けられています。

●受水槽が10立方mを超えるもの〜簡易専用水道

●受水槽が10立方m以下のもの〜小規模貯水槽水道


  貯水槽水道は、水道法などにより設置者の責任で管理を行うことになっています。以下のとおり適正な管理をお願いします。

▼1年に1回、清掃業者による清掃を行ってください(有料)。

▼1年に1回、登録検査機関による検査を受けてください(有料)。

▼蛇口から出る水の色、濁り、臭い、味、残留塩素の有無に注意してください。

▼供給する水が人の健康を害するおそれがあるときは、直ちに給水を停止し、利用者に知らせてください。


■問い合わせ先
簡易専用水道および小規模貯水槽水道(簡易水道区域):
市役所第2庁舎農村整備課 TEL(0857)20-3246
小規模貯水槽水道(上水道区域):水道局給水課 TEL(0857)53-7933
目次へ戻る  このページの上部へ
 

ニーハオ! ザン・グイフェンです

 中国担当の新しい国際交流員として、ザン・グイフェンさんが江蘇省から着任しました。中国との交流をはじめ、市民を対象とした中国語講座、小中学校や公民館での講演などを通じて国際交流を進めます。

■問い合わせ先
 市役所本庁舎企画調整課 TEL(0857)20-3154
写真

目次へ戻る  このページの上部へ