このページではJavaScriptを使用しています。

第22回 青谷地域審議会

日時:平成20年4月25日(金) 午後3時00分~午後5時04分

場所:青谷町総合支所 1階会議室

 

〔出席委員〕 亀谷勝彦、房安一也、遠藤 通、北村由香里、藤原光孝、尾崎昭雄、瀧 洋子、前田保幸、大谷 操、芦川浩史、高橋克己、広富美鈴 以上12名(敬称略)

〔欠席委員〕 前家直樹、宮尾由紀子、米村安弘 以上3名(敬称略)

〔事務局〕   山崎支所長、金田副支所長、西村市民生活課長兼福祉保健課長、中宇地産業建設課長、竹内水道局営業所長、堀尾教育委員会分室長兼中央公民館長、岡野地域振興課スタッフ、秋田地域振興課スタッフ

〔傍聴〕    なし

◎ 会議次第 ◎

1.開  会

2.会長挨拶

3.議  題

(1)平成20年度当初予算の主要事業について

(2)平成20年度当初予算の主要事業について(水道局)

(3)青谷上寺地遺跡の国史跡指定について

(4)その他

4.その他

5.閉  会

 

 <議事概要>

 

1.開会 15:00

【支所長】 定刻となりましたので、ただ今から第22回青谷地域審議会を開会いたします。本日はまだお見えになっていませんが、前家副会長さんにおかれましては、昨日ですか、鳥取いなば農協の理事会で常務理事から専務理事に昇任なさったということでございます。本日は業務の都合で遅くなられるのかもしれません。わたくし、4月の人事異動で総合支所長を拝命しました山崎でございます。よろしくお願いいたします。開会にあたり少しご挨拶をさせて頂きたいと存じます。市町村合併以来3年5カ月、経済観光部産業振興課で企業誘致及び商工業の振興に携わって参りました。これまでの本庁での経験を活かし、無駄にすることなく青谷地域の活性化のため尽くす覚悟でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。今回の異動に伴い、替わってきました職員が揃っていますので、まず管理職から自己紹介させて頂きたいと思います。(管理職以下異動職員全員自己紹介)それでは日程に従い、会長のご挨拶を頂きます。

2.会長挨拶

【会長】  本日は皆さんご多忙の中ご出席頂きありがとうございます。風が冷たく、天候不順が続き農作業が遅れているという話を耳にしましたが、農繁期を迎え天候の回復を願っているところでございます。先日来、町内のご高齢(97歳と100歳)のかたが続けてお亡くなりになり、青谷の人口減少を憂慮しているところでございます。前回の審議会で過疎債の延長について決議を頂き、先日4月14日に前家副会長、山崎支所長とともに市長へ意見書を提出するため市役所へ出かけました。用瀬、佐治と青谷の合同意見書提出でございました。その席で、就業改善センターの一日も早い改修をお願いしました。市長は前向きに考えると話しておられました。本日は「平成20年度当初予算の主要事業について」及び「青谷上寺地遺跡の国史跡指定について」を議題としております。皆さんの忌憚のないご意見を頂きたいと存じます。よろしくお願い申し上げます。

【支所長】 ありがとうございました。今後の議事進行は、規約第7条第2項の規定により会長にお願いいたします。

3.議題

【会長】 先ほど支所長の挨拶がありましたが、ようやく地元出身のかたが支所長として帰ってこられました。我々には本当に心強い限りでございます。よろしくお願い申し上げます。

 

(1)平成20年度当初予算の主要事業について

【事務局】 (資料に基づき説明)

【会長】 ただ今支所長から詳細な説明がありましたが、皆さんから質疑等がございますか。

【委員】 あさひ団地の建て替えで、2期工事の説明がありましたが、入居者の希望がない場合には建設しないという噂が流れていますが、1期工事で24戸のうち19戸が入居されると聞いている。2期工事の団地には西町住宅に住んでいる人が入居の対象とのことだが、事前に入居の希望を調査しているのか。

【事務局】 事前調査ということではなく、西町団地の全入居者が2期工事の団地に移転して頂くという前提で進めています。1期工事が終わり移転して頂くわけですが、個人的な理由により、この機会に退去される世帯があります。

【事務局】 これは合併前から建て替えの話があり、調査しております。多少家賃が上がっても建て替えしてほしいという皆さんの意向に基づいて計画しているもので、2棟目は建てないという噂は間違いでございます。

【会長】 従来のあさひ団地は移転が終わっているのか。

【事務局】 4月中に移転完了の予定です。

【委員】 空いている部屋はどうするのか。

【事務局】  市報6月号で公募する予定です。(現時点で6戸募集予定。)

【会長】 家賃はどのような設定なのか。

【事務局】 現在入居しておられる世帯は今と同じ家賃を頂きますが、応募により新たに入居される世帯は新しい基準による家賃を納めて頂くことになります。

【事務局】 青谷の人口は合併以来400人強減少しており、市長も心配しておられます。もっと青谷の活性化を図ってほしいというのが市長の願いでもあります。現在鳥取市ではUJIターンに力を入れていますが、今1軒空き家提供の話があり、転入の予定があります。皆さんのご協力を頂きながら人口増をめざして行きたいので、空き家情報がありましたら、いつでも結構ですのでご提供をお願いします。

【委員】 今、県営住宅に入居している人は市営住宅へは入居出来ないと聞いたが本当か。

【事務局】 県営住宅も市営住宅も「公営住宅」ですが、西部の公営住宅に入居している人は東部の公営住宅へ入居出来ますが、東部の公営住宅に入居している人は他の東部の公営住宅に入居することは出来ないと聞いております。

【委員】 あさひ団地に入居を希望しているかどうかは分からないが、そういう人がある。

【事務局】 そういう人が入居するにはどういう方法があるのか、別途相談に乗らせて頂きたいと思います。

【委員】 私の船に乗って一緒に漁業をしている人で、青谷に引っ越したいと話している。

【委員】 集落名表示板の件で、看板のパターンが片面と両面の2種類となっている。集落の入り口に設置すれば、「ここから○○集落」と分かって良いが、両面の場合、そこから下(しも)も「○○集落」では困る。「両面の看板を作るのであれば、上(かみ)側の入り口にもほしいので、設置する前に片面を取り外して2カ所に設置すれば良いのではないか。」という声がある。集落の出入口に設置してこそ意義があるので、何とかならないものか。

【事務局】 今おっしゃった話は実際に出ています。本庁にも尋ねましたが、1集落1カ所ということですので、集落の中心に設置されるか下(しも)から上がるときに分かるように設置されるかのどちらかになります。看板が2本足になっていますが、1本でいいというご意見もありますが、全市統一した規格ですので、ご了解頂きたい。青谷の家が密集しているところや広い集落もあり1本では足りないと言われていますが、ご勘弁頂きたい。

【委員】 ケーブルテレビの工事に伴い、共聴組合の不要となったポールがたくさん余っている。それを利用して上(かみ)と下(しも)に設置したいので、看板だけ2枚もらい、あとは地元が設置するからということであれば市の負担も軽減される。

【事務局】 看板両面だけをもらい、地元がポールを用意し設置することが可能かどうか再度確認させて頂きたい。

【会長】 自治会長がおられるので、看板のデザインについてお尋ねしたい。各集落がイラストを描かないといけないのか。

【委員】 デザインについては、描いたものでも写真でも良いそうです。

【委員】 国際交流青少年使節団(訪中団)の団員募集で苦慮しておられるようだが、小・中学生以外に以前は青谷高校の生徒も参加していた。応募が少ないことなど、一工夫が必要ではないか。良い経験が出来る事業であり、応募が少ないのは勿体(もったい)ない。小学生ではだめとは言わないが、中学生や高校生を中心にして別のアイデアを取り入れてはどうかと思う。

【事務局】 将来に向けて考えてみたいと思います。

【事務局】 団員のメンバー構成についても受け入れ側の態勢のことや、小学生と高校生など年齢的なこともあります。また、今後の国際交流のあり方として青谷地域に限定するのか、あるいは拡げていくのかということも含めて考えていく必要があるのではないかと思います。

【委員】 全市に拡げると、希薄になりはしないだろうか。

【事務局】 市長も青谷の国際交流は秀(ひい)でているので、これを伸ばしてほしいと話しておられました。改革すべきことなど、前向きに進めていきたいと思います。

【委員】 以前は青谷高校が修学旅行で中国だったか韓国だったか行っていたが、航空運賃などの値上がりでむずかしくなったと聞いた。この事業の予算は足りているのか。

【事務局】 修学旅行の場合は補助が無く、全額自己負担です。原油価格の高騰など、海外へ出かけることがむずかしくなったのではないかと思います。この訪中事業については、参加者から5万円の自己負担を頂いております。

【会長】 そのほかありませんか。

【委員】 市営駐車場の件で、青谷駅周辺の駐車場に「空(あ)き」があるか。空いている区画があれば募集してほしい。

【事務局】 3月、4月の年度替わりには申し込みと解約がかなりありました。特に募集はしていませんが、産業建設課で随時受け付けしていますので、よろしくお願いします。

【委員】 青谷高校を無くさないためにも、小中学生の応募が少ないのであれば高校生にも参加して頂くことを是非考えて頂きたい。将来のリーダー養成のことも含め、また、青谷地域内での募集を要望しておきたい。次にあおや和紙工房の管理運営についてお尋ねしたい。和紙工房は不便なところにあり、管理運営委託事業に1,170万円、企画展委託事業に350万円の予算がついている。出て行くお金ばかり多くて、入るお金が少ないのではないか。いろいろイベントを開催しておられるが、果たしてどれほどの人が見に行っているのか。よそから来る人は別として、地元青谷の人がどれだけ見に行っているだろうか。バスは不便で、自動車が無い人はなかなか行く気にならない。例えば商工会の2階が空いているので、そこで展示すれば青谷の人も行きやすい。利用の仕方を考えることが必要ではないか。これは、実際に和紙工房に関わっている人から出た話です。

【会長】 確かに立地的に不便です。昨年の来館者が約1万人で、最も多かった時で1万5千人でした。まず来て頂くことが重要なので、企画展に力を入れて努力しているが、地元も含めてPR方法を考える必要がある。

【委員】 良いことをやっていても、興味や関心が無ければ行かない。

【委員】 もっと市の職員が利用すべきだ。和紙工房へ行っても職員に会わない。月に1回くらいは見に行ってほしい。

【事務局】 今は指定管理になったが、例えば特別展を開く際に路線バスの空き時間を利用して臨時バスを走らせるとか、方法はあるのではないかと思う。

【事務局】 職員には前売り券を買ってもらうなど、協力をお願いしています。

【委員】 文化協議会にも持ってきて頂ければ協力出来る。

【委員】 行ってみたいと思えるようにすることが重要だ。

【委員】 口コミによる宣伝効果は大きいので、皆さんが多くの人にPRして頂きたい。

【会長】 そのほかありませんか。(特に無し)それでは次に進めます。

 

(2)平成20年度当初予算の主要事業について(水道局)

【事務局】 (資料に基づき説明)

【会長】 ただ今説明がありました。質疑等ありますか。

【委員】 平成20年度の営業収支比率の見込みが市全体の113.1%に対し、青谷地域は82.2%の見込みとなっている。将来の料金引き上げに影響が出るのではないか。

【事務局】 平成27年度に市全体の料金統一を予定しており、それまでの間、段階的に調整を行います。まず、平成22年度に最初の調整を行うこととしています。

【会長】 そのほかありませんか。(特に無し)それでは次に進めます。

 

(3)青谷上寺地遺跡の国史跡指定について

【事務局】 (資料に基づき説明)

【会長】 この件について質疑等ありますか。約14ヘクタールとのことだが、そのうち買収する面積はどれくらいか。

【事務局】 この面積には県、市の所有面積を含んでいますが、私有地については今年度から基本計画に基づいて公有化(買収)に取り組む予定のようでございます。

【事務局】  県は、公有化にあたり関係者に対し立ち退きは要求しないと言っておりますが、説明がはっきりしないため、関係者は戸惑っている。

【事務局】 私たちも立ち退きの強制はしないと聞いています。地権者から「買ってください。」と言われたかたについては「買わせて頂きます。」ということでした。

【事務局】 この14ヘクタールというのは、史跡指定を受けるため同意を頂いた面積です。

【委員】 立ち退きが必要な場合は、個人で代替地を探して立ち退くよう県は言っている。県は替え地の世話も斡旋(あっせん)も何もしないとのことだ。市として、代替地のお世話が出来ないものか。遊休市有地の売却等検討出来ないものか。関係者は不安を抱いている。

【委員】 例えば、あさひ団地の2棟目が完成すれば西町団地が取り壊されるだろう。その跡地を提供することも出来るのではないか。

【事務局】 西町団地についてはまだ具体的な利用計画が決まってないので、検討の余地があります。移転されるかたの意向もあると思うので、遊休市有地の有効活用も含めて考えて行かなければならないと思います。

【事務局】 この14ヘクタールは国の史跡指定を受けるために同意を頂いたものですので、ただちに買収させて頂くということではありません。

【事務局】 住民皆さんの不安を取り除くためにも、対策を考えたいと思います。

【委員】 県は関係者を集めて説明会を開くと言っていたが、未だに開かれていない。

【事務局】 それらのことも含めて、今後県と協議を進めていきたいと考えております。

【委員】 この史跡を今後どうするのか。調査するだけなのか。何をめざしているのか。

【委員】 現状保存しながらそこに展示館を建て、観光の目玉とする計画だったが、基本的に何もせず、今のままを保存していく考えのようだ。

【事務局】 近いうちに検討委員会が持たれるようですので、県と協議を進めて参ります。

【会長】 そのほかありませんか。(無し)それでは本日は以上で閉会といたします。長時間にわたりご審議頂きありがとうございました。

 

5.閉 会  17:04

         

-終了-

 


 ダウンロード

  議事録(613KB)(PDFファイル)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp