このページではJavaScriptを使用しています。

第21回 福部地域審議会

 

第21回福部地域審議会議事概要

 

日時:平成20年5月23日(金)午後1時30分~4時

場所:福部町総合支所旧委員会室

 

〔出席委員〕南部 敏、谷口修一、福田仁美、山根三郎、小谷佳子、山根 聰、

    濱田 香、黒田一郎、田中謙二、山本幸子 以上10名(敬称略)

〔欠席委員〕中西重康、濱本康義、南部 茂、中原亮子、上山弘子 以上5名(敬称

略)

〔事務局〕(本庁)亀屋鳥取・因幡の祭典推進局次長、秋田都市計画課長、谷村都市計画課都市計画係主査、秋山体育課長、保木本体育課学校給食係長     

(支所)北川支所長、吉田副支所長兼地域振興課長、吉田福祉保健課長兼市民生活課長、清水産業建設課長、山本教育委員会分室長兼公民館長、赤澤地域振興課スタッフ

◎会議次第

  1.開会

  2.会長あいさつ

  3.議事                

        (1)鳥取市の都市計画とまちづくりについて…資料1

    (2)「2009鳥取・因幡の祭典」について…資料2

    (3)学校給食センター調理業務の民間委託について…資料3

    (4)平成20年度「総合支所のあり方」検討の流れ(案)について…資料4

    (5)第9回地域審議会会長会(H20.2)意見及び対応状況について…資料5

    (6)合併地域活性化推進事業について…資料6

  4.その他

  5.閉会

議事概要

 

1.開会

 

2.会長あいさつ

 本日は、第21回福部地域審議会にご出席御苦労様です。5月に入ってからは好天に恵まれまして、農作業もはかどっているのではと思います。また、先日はらっきょうの初出荷がありました。

なお、議事(1)、(2)、(3)につきましては、本庁の担当課から説明がありますので、活発なご意見を出していただければと思います。

3.議事

(1)  鳥取市の都市計画とまちづくりについて

○資料1に基づき、秋田都市計画課長が説明。

(質問事項)

<委員> 今の説明を聞くと、まちづくりとは、鳥取市全体について考えることも大事だが、福部町を今まで以上に住みよい場所にしていくという意味だと思います。

しかし、福部町は鳥取市の郊外なので、鳥取の市街地と同じようなまちづくりをと言われても、なかなかそうはいかないと思います。今すぐに結論がでる事柄ではありませんので、今後も行政側だけでなく、地元の意見も聞きながら考えていく必要があると思います。

 

<秋田都市計画課長>資料にもあるように、鳥取市の人口は平成17年をピークに翌年以降は減少しています。人口が減ってくるということは、税金を払う人も減るということだといえます。するとどんな影響が出てくるでしょう。今の行政サービス水準を維持するには、一例として、市道をこれ以上延伸するのは、行政コストが増加することが考えられますので無理です。                  

 福部町もこれ以上まちを広げない方が良いと思います。つまり、現在の福部町の中心部はまちを守る、中心部以外の農地などはそれを守るというような考えが必要になるでしょう。現状では、農地を業者が勝手に開発することも可能です。今回の地域審議会の場をお借りして、規制をかけながらまちを守る都市計画の手法を説明させていただきます。

 

<委員>鳥取市では中心市街地活性化について長年取り組んでおられますが、現在は具体的に何をしておられるのですか。駅前の商店街で生まれた人の多くが今はそこに住んでいないという事を聞いたりしますが、人が住んでいないのでは中心市街地活性化を進めるにあたって問題があると思います。

 

<秋田都市計画課長>中心市街地活性化もなかなか難しい問題です。おっしゃる通りで商業面はもちろんですが、人を住ませるということも大切な事だと思います。これからは官だけでなく民の力にも期待して取り組んで行きたいと思います。

 

<委員>鳥取駅前の景観は、金融業者の看板ばかりが目立っています。これがきれいな景観とは言えませんので、なんとか改善できませんか。

 

<委員>境港市は水木しげるロード、そして倉吉市は白壁土蔵群を中心とした独自の取り組みをしていて、観光振興にも一役買っていますね。鳥取市の中心市街地も鳥取ならではという取り組みをしてはどうですか。

 

<秋田都市計画課長>大丸周辺や駅前サンロードなど、駅周辺で魅力あることをする必要があると思っています。現段階では大丸前にオープンカフェを開くことなどを試験的に取り組んでいる段階です。鳥取駅前の景観については3月に景観計画を出しました。一度に全てはできませんが、現在はこのような取り組みを行っています。

 

<委員>人口が減少するなか、福部町のまちづくり、都市化はどういう意味を持つのですか。それから、現状では福部町内に大きな商店街の建設も可能ですか。

 

<秋田都市計画課長>福部町では住宅と農地の線引きを進めていきたいと思っています。大型の商店街については延べ床面積が1万平方メートル未満であれば建設が可能です。

現在、市内に6つある都市計画区域をまとめて、開発ができる所とできない所に区分していくことが必要です。

 

(2)「2009鳥取・因幡の祭典」について

○資料2に基づき、亀屋鳥取・因幡の祭典推進局次長が説明。

(質問事項)

<委員>現在開館中の砂の美術館は、ゴールデンウィークに1日の入場者が800~1000人と大勢の人で賑わったようですね。砂の美術館では入場者は観覧料を払って、展示される砂像彫刻は幌で覆われています。来年1月3日までの会期中はこの状態のままですか。それから、来年の世界砂像フェスティバルではどのような展示方法になりますか。

  

<亀屋鳥取・因幡の祭典推進局次長>まず、砂の美術館の砂像展示方法についてですが、今回は会期が約8カ月と長期間です。砂像は風雨にさらされると崩れますので、今後も会期終了まで砂像は幌で覆ったまま展示します。世界砂像フェスティバルは、「2009鳥取・因幡の祭典」オープニングイベントということで、来年の4月18日から5月31日まで鳥取砂丘オアシス広場で開催予定です。世界10カ国の著名な砂像彫刻家を招いて、世界の童話というテーマをもとに砂像を制作して、作品の出来を競っていただきます。なお、会期は44日間と短いので砂象を保護するテントは設置しません。

 

<委員>2009鳥取・因幡の祭典サポーターについて教えてください。

 

<亀屋鳥取・因幡の祭典推進局次長>まず、祭典の趣旨は住民が住みよく誇れる郷土を築くことや、全国の人に因幡をもっと知っていただくことを目指しています。そこで、因幡の魅力や祭典に関する情報をPRしていただく2009鳥取・因幡の祭典サポーターを募集します。第1次募集は6月2日から7月21日までで、サポーターとして任命されると、祭典実行委員会から定期的にお届けするガイドブック、資料等を活用して因幡の魅力や祭典の情報を地域・職場・友人等にPRしていただくことになります。

サポーターにはプレミアム、レギュラーの2種類があります。プレミアムサポーターは2年間で2,500円の会費が必要ですが、特製ポロシャツや世界砂像フェスティバル入場券などが特典として付いておりますのでお得になっております。ぜひ、よろしくお願い致します。

 

<会長>続きましては、(3)学校給食センター調理業務の民間委託についての説明ですが、体育課の担当者がまだ到着されておりませんので、先に議事(4)、(5)の説明を事務局からお願いします。

 

(4)平成20年度「総合支所のあり方」検討の流れ(案)について

○資料4に基づき、事務局が説明。

 

(5)第9回地域審議会会長会(H20.2)意見及び対応状況について

○資料5に基づき、事務局が説明。

 

 

(3)学校給食センター調理業務の民間委託について

○  資料3に基づき、秋山体育課長が説明。

 

 

<委員>調理業務の委託方法は、作業工程を一括して、ひとつの業者を選ぶのか、

それとも業務内容ごとにそれぞれ業者を選ぶような方法ですか。

 

<秋山体育課長>学校給食の調理業務は、食材の検収、調理作業、配缶、洗浄などの一連の作業がありますが、これらをそれぞれ違う業者に委託出来るものではありませんので、配送業務以外は1つの給食センターに1つの業者という委託方法を考えています。

 

<委員>民間委託することによって、年間でどれくらいのコストが削減できますか。

 

<秋山体育課長>給食費のうち材料費は保護者負担です。そのほかの人件費、光熱水費、施設管理費などはこれまで市が負担していますが、今回はこの部分を民間業者に委託することになります。試算の段階ですが、鳥取市内にある学校給食センターを全て民間委託した場合には、年間約7千万円の費用を削減できると考えています。

 

(6)合併地域活性化推進事業について

○  資料6に基づき、吉田副支所長兼地域振興課長が説明。

 

<会長>前回の地域審議会の際にもふくべ楽居大学の今後の展望についての話がありました。審議会の場だけではなく、楽居大学のメンバーを主体とした検討会を組織してはどうかと思います。そして、次回の地域審議会までにある程度今後の方向性を決めてはどうかと思いますが、いかがでしょうか。

 

<事務局>それでは、ふくべ楽居大学、福部地域審議会、福部町区長会、事務局として福部町総合支所からなる地域活性化推進事業検討会を組織して、検討会を開き、その経過を次回の地域審議会で報告したいと思います。

 

<会長>

本日は長時間にわたり、活発なご意見ありがとうございました。以上をもちまして本日の福部地域審議会を終了いたします。大変ご苦労様でした。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福部町総合支所 地域振興課
電話0857-75-2811
FAX0857-74-3714
メールアドレスfb-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)