このページではJavaScriptを使用しています。

第22回 河原地域審議会


日 時:平成20年5月23日(金)午後1時30分~午後4時50分

場 所:河原町総合支所 第6会議室

〔出席委員〕

蓮佛 治己、安木 均、木下 忠澄、右近 利夫、中村 雅美、河毛 寛、竹田 賢一

中村 金三朗、山縣 重雄、坂本 悦子、田渕 緑、九鬼 容子 以上12名

〔欠席委員〕

西尾 照男、渡邉 真紀、荻原 由紀子

〔事務局〕河原町総合支所

山縣支所長、窪田副支所長兼地域振興課長、山本市民生活課長兼福祉保健課長

安住産業建設課長、佐々木教育委員会河原分室長兼河原町中央公民館長

竹本地域振興課スタッフ

〔都市整備部都市計画課〕谷村主査

〔2009鳥取・因幡の祭典事務局〕岡部参事

〔教育委員会事務局〕秋山体育課長・保木本係長

会議次第

報告事項

(1)鳥取市の都市計画とまちづくりについて

(2)平成20年度「総合支所のあり方」検討の流れについて

(3)農山漁村(ふるさと)地域力発掘支援モデル事業について

(4)「2009鳥取・因幡の祭典」について

(5)学校給食センターの統廃合について

(6)河原地域振興プランについて

(7)第9回地域審議会会長会(H20.2)意見及び対応状況について

(8)その他

 

議事概要

1.開会

2.あいさつ (右近会長)

3.報告事項

 

会長

報告事項(1)をお願いします。

 

都市計画課谷村主査

資料1「鳥取市の都市計画とまちづくり」により説明

 

会長

質疑に入る。

 

委員

姫鳥線が開通すると布袋集落周辺が乱開発される恐れがあるが規制は可能か。

 

事務局

緊急な課題だと思います。今年基礎調査をし、そのような可能性が有るようなら規制は可能です。

 

委員

高速道路が開通したら沿線に企業誘致もしてもらいたいが、規制が邪魔にならないようにしてほしい。

 

事務局

地域のバランスを考えながらルールを作っていくことになります。

 

会長

合併前に第5次総合計画に計画策定し、マスタープランもできている。十分配慮していただきたい。

 

委員

地域の発展につながる企業や大型店舗にも来てもらわないといけない。

 

委員

船券売り場が来るという噂話があるが、規制できないか。

 

事務局

ルールを定めないと来てしまうことになります。地域の合意形成が大切になります。

 

会長

報告事項(2)の説明をお願いします。  

 

窪田副支所長兼地域振興課長

資料2 平成20年度「総合支所のあり方」検討の流れにより説明

 

会長

質疑に入る。

 

委員

このことは地域の住民にとって大きな関心事である。総合支所のあり方検討会に地域審議会の委員を入れてほしいと言ってきたが取り入れられないのか。地域審議会に説明し意見を聞いて、ということではいけない。民間の地域の意見は聞かないつもりか。

  

事務局

一旦行政で業務のあり方を検討し、地域審議会に諮り進めていくという基本的な考え方です。

 

委員

それでは全く手遅れだ。

 

事務局

基本的には業務のあり方について検討をしている段階なので地域審議会委員の方に入っていただいても内容が分かりにくいものと考えています。

 

委員

地域住民にとって支所の職員が減ることは窓口サービスの低下に直結している。

 

事務局

その辺の配慮はしながら、決定しない段階で地域審議会に諮りながら進めていくようにしています。

 

会長

2月の顧問会議で鳥取市自治基本条例の第9条で問題があったように事後報告では不安だ。支所は人員が減っているが事務量は変わらない。物理的に人を減らすようではいけない。支所は現員のスタッフを確保するようにしてほしい。以前、平成14年に視察で盛岡市に行ったが、そこでは教育委員会事務局を隣町に移転したら職員が分散され交通渋滞が緩和された例もあった。何でも「下モに出ろ」って言うのはよくない。

 

委員

いったん決めてから検討しても簡単には変わらないと思うので検討の段階で審議会委員を仲間に入れられたい。

 

事務局

わかりました。本庁に伝えます。

 

会長

報告事項(3)の説明をお願いします。

 

安住産業建設課長

資料3「農山漁村(ふるさと)地域力発掘支援モデル事業」により説明

 

会長

質疑に入る。

 

委員

鳥取県で5地区くらいとのことであるが、どこが決定するのか。

 

事務局

県を通じて国に申請し、国が全国で300のモデル地区を決定します。

 

委員

国は今後この事業を全国に広げる考えなのか。

 

事務局

今の段階ではこの資料しかなく今後のことは不明です。

 

委員

関係者にはどのように周知されるのか。

 

事務局

関係集落の区長宛へ文書を送付しました。また、来月の地区座談会でも説明する予定です。

 

委員

地域の中に誘い水になるようなことがあれば活用すべきである。

 

会長

報告事項(6)に飛びます。

 

山縣支所長

資料6「河原地域振興プラン」により説明

 

会長

質疑に入る。(特になし)

 

会長

報告事項(4)に入ります。

 

岡部参事

資料4「2009鳥取・因幡の祭典」により説明

 

会長

質疑に入る。(特になし)

 

会長 

報告事項(7)に飛びます。

 

山縣支所長

資料7「第9回地域審議会会長会(H20.2)意見及び対応状況」及び参考資料1「交通弱者のための高速バス運行について」により説明

 

会長

質疑に入る。

 

委員

高速バス停留所には駐車スペースが美成15台、河原40台設けられる予定だが、外灯等の防犯設備がないと利用者は不安である。

  

委員

参考資料1は高速バスを「用瀬や佐治の高齢者のために数本でもいいから国道を走らせて欲しい」という要望書に河原も仲間にならないかということのようだが、心情的には理解できる。しかし、ほとんどが鳥取からの利用者であることを考えれば国道を走ることは困難である。また、利用者も1分でも早く目的地に着きたいはずだ。

 

会長

河原はこの件については同意できない。要望書の連名に加わらないこととします。

 

会長

体育課の到着が遅れていますのでその他に入ります。

 

山縣支所長

「6月1日付人事異動」「保育園工事の状況」「鳥取市自治基本条例の解説」について報告

 

会長

その他委員からありませんか。

 

委員

一つ提案があります。新可燃物処理場の建設は地域住民の大きな関心事である。現存施設の稼働期限が迫っている。今後の河原地域の将来を考える中で避けて通れない問題だ。次回の地域審議会で過去の経緯と現状がどうなっているか議題として取り上げて説明を聞きたい。

 

事務局

7月の地域審議会の議題とし、関係機関の出席について調整をします。

 

会長

報告事項(5)に入ります。

 

秋山体育課長

資料5「用瀬学校給食センター(用瀬小・中)の河原学校給食センター統合について」により説明

 

会長

質疑に入る。

 

委員

地産地消の自給率の割合が用瀬とほぼ同じと聞き安心した。河原ばかりでなく用瀬の農産物も使っていただきたい。栄養士が変わると地元の農作物の使用量が減るといったことがあるようだが、農家は農薬を使わないで手で虫を取って一生懸命育てている。地元のものを積極的に使っていただきたい。

 

委員

キャパシティーが1,200食あるということで安心したが、調理職員は減員になっている。職員への負担と用瀬への発送時間は大丈夫か。私は一箇所にまとめることには反対の立場だ。

 

事務局

充分な作業時間が取れるよう作業工程を確認して作業開始時間等を決定する予定です。

 

会長

他に質問がないようですのでこれで審議会を終わります。

    

(午後4時50分終了)

ダウンロード



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
河原町総合支所 地域振興課
電話0858-76-3111
FAX0858-85-0672
メールアドレスkw-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)