このページではJavaScriptを使用しています。

大規模盛土造成地マップを作成しました。

大規模盛土造成地マップを作成しました。

 平成7年の阪神・淡路大震災、平成16年の新潟県中越地震などで、谷や沢を埋めた造成地でがけ崩れや地すべりなどが発生し、宅地や公共施設等に甚大な被害が発生しました。

 国はこのような宅地地震災害を未然に防止または軽減し、宅地の安全性を確保することを目的として、平成18年度に宅地造成等規制法を改正し、併せて地方公共団体が大規模盛土造成地を把握・公表し住民に情報提供するとともに、宅地所有者等が国や地方公共団体の補助を受けて耐震化工事を実施できる制度を創設しました。

 鳥取市においても災害に強い街づくりを目指すため、地震防災対策に積極的に取り組んでおり、「造成宅地耐震化推進事業」を進めています。

 平成19年度に実施した第1次調査により把握した大規模盛土造成地における盛土範囲の情報を住民に提供し、地震災害に対する意識啓発を行うことを目的として「大規模盛土造成地マップ」を作成いたしました。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 建築指導課
電話0857-20-3281
FAX0857-20-3048
メールアドレスkensido@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)