このページではJavaScriptを使用しています。

正福寺の銀杏と五葉の松

 鳥取市指定保存樹木・樹林(名木・古木) 

(平成1441日現在) 

17  正福寺の銀杏と五葉の松

写 真1: イチョウ  写真 イチョウ

写 真2: ヒメコマツ 写真 マツ

樹 種 : イチョウ・ヒメコマツ

樹 齢 : イチョウ:約700年 ヒメコマツ:約400

樹 高 : イチョウ:29.6m ヒメコマツ:30m

本 数 : 各1本

由来等 : 寺の庭にある指定樹木は、寺の裏山に茂るスダジイの群生と相まって、宗教的な雰囲気を高めている。

 ことに晩秋になってイチョウが黄葉すると、ひときわ辺りに映えて美しい。古くから村の人たちは、このイチョウを『冬を知らせる木』と言い伝えている。

 寺の本尊の薬師瑠璃光如来は、昭和45年に調査した京都市立美術大学の佐和隆研教授によれば、約650年前の鎌倉末期の作で重要文化財に準ずるものとされ、指定樹木の歴史的背景として評価される。 

所在地 : 正福寺 (鳥取市河内460

指定年度: 昭和62年



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3218
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp