このページではJavaScriptを使用しています。

保険料について

 少子高齢化が進む中、将来の給付と負担のバランスを図るため、平成29年度まで段階的に引き上げられます。

 

 物価や賃金の伸びに応じて調整する仕組みとなっています。

 

◎平成29年度 国民年金保険料額は

 

          定額保険料   月額16,490円

          付加保険料   月額400円(希望により付加保険料の申出をした方)

 

* 保険料は、前納(前払い)すると割引になります。割引額は、納付する方法、期間によって異なります。

 

 保険料の納付方法

 日本年金機構(年金事務所)が発行する納付書により、金融機関・郵便局・コンビニエンスストアで納付する方法や、口座振替により納付する方法およびクレジットカードにより納付する方法等があります。

 

便利でお得な口座振替をご利用ください。

 

 安心 ・・・ 自動引き落としで納め忘れの心配がありません

 便利 ・・・ 金融機関に行く手間と時間が省けます

 簡単 ・・・ 一度の手続きでOK、手数料がかかりません

 お得 ・・・ 早割 ・ 前納を利用して最大15,640円(2年前納の場合)の割引

 

口座振替には、翌月末振替 ・ 当月末振替(早割) ・ 6カ月前納 ・ 1年前納 ・ 2年前納があり、それぞれ保険料が異なります。

 

すでに口座振替されている方(引き続き第1号被保険者である方)は、毎年お申込みしていただく必要はありません。

 

 

【お申し込み方法】

口座振替申出書に必要な事項を記入 ・ 押印(金融機関の届出印)し、日本年金機構鳥取年金事務所(電話:0857-27-8311)にお申し込みされるか、ご郵送ください。また、金融機関窓口にご提出いただいても結構です。

 

 

6カ月分 ・ 1年分 ・ 2年分をまとめて「前納」する

 

前納のお申し込みは、次の期日までに鳥取年金事務所必着となるようにお早めにお申し込みください。

   2年度分、1年度分及び上期6か月分(4~9月分)については2月末まで」

   下期6か月分(10~翌年3月分)は8月末まで」

 

 

口座振替を初めて申し込まれた方は、次のとおり指定された期間分の保険料が一括して引き落としされますので、残高不足にご注意ください。

   2年度分の前納を申し込まれた方…25か月分(3月分+4月分~翌々年3月分)

   1年度分の前納を申し込まれた方…13か月分(3月分+4月分~翌年3月分)

   6か月分の前納を申し込まれた方…7か月分((3月分+4月分~9月分)または(9月分+10月分~翌年3月分))

 

 

保険料を「早割」にすると、月50円お得です

 

  通常の口座振替(翌月末振替)は定額保険料ですが、当月末に引き落としすると50円(年間600円)が割引になります。

 

  「早割」を申込みすると初回は、前月分(割引なし)と当月分(50円割引)の2カ月分の保険料が引き落としされ、その後は毎月の保険料が50円割引となります。

 

 

 

国民年金保険料の現金・クレジットカードによる2年前納が4月から始まります。

 

  保険料は、平成29年4月から、口座振替に加えて現金・クレジットカード納付についても、割引の大きな2年前納を利用できます。「2年前納」で納付するには手続きが必要です。年度4月からの額です。

 

 ◎現金(納付書)の場合 ・・・ 任意の月から翌年度末までの前納が可能です。

 ◎クレジットカードの場合 ・・・ 新たに2年前納が可能になります。現在の口座振替による2年前納と同じく、4月から翌年度末までの保険料を4月末に一括納付となります。申込期限は2月末日です。 

 

資料のダウンロード

 口座振替案内チラシ(表面)(PDF:112KB)

 口座振替案内チラシ(裏面)(PDF:111KB) 

 

サイト外リンク

 日本年金機構(国民年金保険料のページ)へのリンク

 

 

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉保健部 保険年金課 年金係
電話0857-20-3484
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp