このページではJavaScriptを使用しています。

下水道の前身


 本市では、市街地の中央部にあった鳥取城の防御用の外堀である薬研堀を、雨水と汚水の排水に長年利用していました。しかし、各町内の排水路から流出する泥土等が堆積して流れを悪くし、降雨時には、たびたび氾濫により、付近一帯の家屋が浸水していました。
 このため、昭和3年に行った都市計画の準備調査の中で旧市街地の下水道計画網を立案し、昭和6年にこの薬研堀を埋め立てて下水道管を敷設する工事に着手しました。

 その後も随時整備を進め、旧市街地に1.45kmの下水道管を昭和27年の鳥取大火までに敷設しました。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 下水道企画課 計画係
電話0857-20-3303
FAX0857-20-3319
メールアドレスges-plan@city.tottori.lg.jp