このページではJavaScriptを使用しています。

第26回佐治地域審議会議事録

第26回
佐治地域審議会議事概要


日 時:平成21年1月28日(水) 午後1時34分~午後4時14分
場 所:佐治町総合支所 第1会議室

〔出席委員〕 12名
上田公実・福安道則・福 安 修・下石義忠・西尾寛茂・谷口勝男・岡村郁夫・田中敏文
小塚郁子・藤原直子・南條芳浩・小杉閉子
〔欠席委員〕  3名
下田浩二・前田喜美子・谷上 學
〔事務局〕  7名
支所長 前田正人・副支所長 西尾健樹・産業建設課長 藤井光洋・教育委員会分室長 奥田哲実・市民福祉課長 下田省吾・地区公民館長 長谷修司・地域振興課主査 山口昌樹

◎会議次第
  (1)鳥取自動車道河原IC開通記念ウォ!)ク募集について
(2)農山漁村(ふるさと)地域力発掘支援モデル事業:ふるさとづくり計画書について
(3)総合支所のあり方検討会の検討状況について
(4)新しい遠距離通学費補助金制度の基本的方向性(案)について
(5)その他

       議 事 概 要

・ 開 会
(事務局)定刻となりました。本日は、委員さん15名中12名の出席です。また、支所長が、都合で少し遅れるとのことです。それでは、会長さんあいさつをお願いします。

(下石会長あいさつ)
 皆さん御苦労さまです。この会も昨年の11月下旬に開いてから約2ヶ月経過し、年
も替わりました。今年もよろしくお願いします。雪がかたまって降り、聞くところによ
りますと、樹園地の梨の木の被害がどの程度なのか心配です。それでは、日程を変更し
て、協議事項の(4)を最初に協議したいと思います。

 

(1)新しい遠距離通学費補助金制度の基本的方向性(案)について

(事務局)資料3に沿って説明

(会長)どなたでもご意見をお願いします。

(委員)佐治地域の6kmは、中学校への通学の場合どの当りとなるか。佐治の地域特性や実情を踏まえた制度にして頂きたい。

(事務局)次回の協議会で伝えます。

(委員)4km・6kmというのは、学校から自宅までなのか、路線バスの所までなのか。
    

(事務局)自宅までという考えです。

(委員)自宅からバス停までの距離が長いので、スクールバスを走らせて頂きたい。

(事務局)スクールバスを走らせるのは、難しいようです。

(委員)地域性を考えなければならないが、合併して4年となり鳥取市民としての折衷案を出さないといけないと考える。

(委員)基準を出さないといけないが、対象外になった方への補助とかを考えて頂かないと特に佐治のバス運賃は高いので住民は負担が大変だ。

(委員)佐治の場合、対象外となってもバスでないと通学できない。旧市と比較して運賃
の距離換算をしていただきたい。負担が高くなっても今の体制が良いと考える。

(会長)事務局よろしいでしょうか。

(事務局)今の体制を維持していただきたいということを協議会で話しておきます。

(会長)それでは、次へ進みます。 

 

(2)総合支所のあり方検討会の検討状況について          

(事務局)資料2に沿って説明

(委員)ブロックセンターで行うこととなる業務は、本庁からの移管業務、支所からの移管業務はどういう配分となるのか。

(事務局)本庁から移管される業務はないと考えます。

(会長)中規模工事とはどの程度か。

(事務局)現在、2千万円までは支所で行っていますが、中規模とはどの程度なのかこちらでは分りません。

(委員)地元の生活に一番密着した業務は、支所に残すべきだ。

(事務局)簡易水道の様に、必要であれば遠方監視システムなどを設置し体制を整備することもあります。

(委員)下水道、水道について、有事の際の迅速な対応がとれるのか心配だ。

(事務局)将来的には、監視システムができるかも分らないが、地元水道の管理体制を考えることも必要と考えます。ブロック化によって弊害が起きないよう声を大にして伝えておきます。

(委員)職員が減って消防ポンプ自動車が動かせないことが起きると消防の弱体化となる。異動により支所に来た職員に何らかの形で応援して頂くことも配慮して頂きたい。
    

(事務局)異動の際に地元の職員の配置をお願いしています。

(会長)工事に伴う用地所有者との話合いはどこが担当するのか。

(事務局)支所で行うことになります。

(会長)支所のあり方の検討状況については、お聞きしたとおりです。次へ進みたいと思いますが、ここで10分間、休憩いたします。(午後3:10まで)

 

(3)鳥取自動車道河原IC開通記念ウォ!)ク募集について
 

(会長)再開いたします。

(事務局)資料1に沿って説明
 

(会長)よろしいでしょうか。次へ進みます。

 

(4)農山漁村(ふるさと)地域力発掘支援モデル事業:ふるさとづくり計画書について

(会長)事務局説明をお願いします。
 

(事務局)別添資料に沿って説明
  

(会長)意見、感想をお願いします。
  

(事務局)細かく書いていますが、活性化するための事業計画と捉えていただきたいです。
   

(会長)色々と試みているところです。まだ、お尋ねしたいところですが、その他について事務局説明をお願いします。

 

(5)その他について

・辰巳峠等の交通止めの基準について

(事務局)産業建設課長より、通行規制の基準の説明をお願いします。

(産業建設課長)一般的に著しい危険が伴う場合で、一時間の雨量が40mmを超えた時及び連続雨量が200mmを超えた時、冬期間については積雪深さが1.5m以上で雪崩注意報が発令されている時に県土整備局長の判断で交通止めとなります。なお、観測地点は、峠下のビデオカメラ設置地点です。

(委員)できるだけ交通止めは避けていただきたい。隣町の上齋原スキー場へ働きに行っていた方が昨年、交通止めで帰れないことがあった。
     

(委員)佐治地域に農薬の埋設はあるのか。
    

(事務局)旧村時代に掘り返して処理は終えています。
    

(委員)アストロパーク前の工事についてお尋ねします。
    

(事務局)地元説明会に支所は出席していないので、把握できていません。昨年、県から地元の区長さんへ図面は配付されています。
     

(委員)鳥取市の解放センターで開催される、市民フォーラムへ多数参加ください。
    

(委員)定時放送で流されている「さじ5しの歌」で前奏でなくメロディ-の方を流して頂きたい。
    

(事務局)時間をください。検討します。
     

(委員)診療所を存続していただきたい。
    

(事務局)医科診療所に4月より交代で新しい先生が来られることになっています。鳥取県も派遣基準を作っており、とりあえず4月からの医師の確保はされたということです。
     

(委員)佐治Aコープが、あと2年間で廃止と聞くが本当でしょうか。
     

(委員)当分の間、収支を見ながら運営する。いつ廃止するとは確定していないようだ。地域性ということを考えると利用率を上げることが大切だ。
     

(委員)保育園の除雪についてお尋ねします。
    

(事務局)除雪の要望があれば、支所と保育園の職員で小型除雪機械を使用して対応します。
     

(委員)鳥取市佐治海洋センター駐車場に個人の自動車を駐車している方がいる、その対策はどうか。

(事務局)施設の利用者以外の駐車を禁じる看板を設置することで対応します。
     

(会長)よろしいでしょうか。
     

(委員)全員了解。

(会長)鳥取市社会福祉協議会事業についてですが、小規模多機能型居宅介護事業で200m2程度の施設を建設し、平成21年度より事業を実施することになっています。

(事務局)次回の開催を2月17日から20日までに開催したいのですが。
 

(会長)次回は第27回目となりますが、2月19日(木)午後2:00からということで、よろしいでしょうか。
 

(委員)全委員了解。
 

(会長)ありがとうございました。以上で終わります。

・ 閉 会 午後4:14



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
佐治町総合支所 地域振興課
電話0858-88-0211
FAX0858-89-1552
メールアドレスsj-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)