このページではJavaScriptを使用しています。

「障害」における「害」の字のひらがな表記の実施について

○実施に係る考え方

 「害」という字のマイナスの印象を考慮し、障害のある人の人権をより尊重するという観点から、ひらがな表記を実施します。
 

○実施内容

 市が作成する文書等において、これまで「障害」「障害のある人」などと表記していたものについて、できるだけ「障がい」「障がいのある人」などと表記します。
 

○実施時期

 平成21年4月1日から実施します。
 

○ひらがな表記の対象としないもの

(1)条例、規則、要綱、予算書等は当面、対象としないこととします。

(2)上記(1)以外の文書等については対象としますが、次に掲げる各項目については、対象としないこととします。

・法令、例規、要綱、予算書等の名称及び条文の引用による記載

・法令、例規、要綱等に規定の制度、事業等(権限行使を伴わない場合は、対象とすることもできる)

・団体名、施設名等の固有名詞

・人や人の状態を表さないもの



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 障がい福祉課
電話0857-20-3474
FAX0857-20-3406
メールアドレスsyougaifukushi@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ