このページではJavaScriptを使用しています。

第30回 河原地域審議会


日時:平成21年5月27日(水)午後3時~午後4時50分

場所:河原町総合支所 第6会議室

〔出席委員〕

安木 均、中村 雅美、奥谷 仁美、西尾 榮、木下 忠澄、右近 利夫、竹田 賢一、山縣 重雄、森本早由里、田中恵利子、露木 知恵 以上11名

〔欠席委員〕

林 敏浩、河毛 寛、中村 金三朗、藤田 和代 以上4名

〔事務局〕

山縣支所長、窪田副支所長兼地域振興課長、山本市民福祉課長、木下産業建設課長

佐々木教育委員会河原分室長兼河原町中央公民館長、谷岡水道局河原営業所長

竹本地域振興課主査

会議次第

1 開  会

2 あいさつ

3 協議事項

(1)地域防災計画風水害等の見直しについて ・・・・・・・・・資料1

(2)新しい遠距離通学費補助金制度(素案) について・・・資料2

4 報告事項

(1)新型インフルエンザ対策について(参考資料)

5 そ の 他

議事概要

1.開  会

2.あいさつ  右近利夫会長(省略)

3.協議事項

 

会長

協議事項1について説明をお願いします。

 

窪田副支所長兼地域振興課長から資料1「地域防災計画風水害等の見直し」について説明する。

 

会長

それでは、ご意見等質疑をお願いします。

 

委員

私は大変心配しているのは、合併後総合支所の職員数が年々減少しているが、警報がでた場合や災害時の実動体制は大丈夫か。

 

事務局

どこの総合支所も職員数が減少し、実動部隊も少なくなっています。そうした中で建設業協会と協力協定を結んでいます。また、町外から町内の企業にお勤めの方にも災害時の応援をお願いしていますが、まだ実を結んでいまいません。

 

委員

風水害は同時に発生するが、国交省、消防、警察も人数は限られているので総合支所の応援には来てもらえない。総合支所だけでは機能しないのではないか。

 

事務局

総合支所で対応が困難になった場合は、本庁に勤務する旧河原町職員で組織する緊急支援隊があります。災害時には、支所長の要請で1次2次3次と本庁から駆けつけて来るようになっています。特に人手が必要になるのは土のう積みになりますが迅速に対応できるよう昨年300袋作って保管しています。

 

委員

各集落の自警団も日中は人がいないので機能しない。とても心配だ。

 

委員

対策本部と総合支所の組織図について、抜粋なので自警団への組織上の指揮命令の流れが分からない。分かりやすいものはないのか。

 

事務局

これは市職員の動きを示したものです。河原町総合支所版の「現場の動きが分かる」ものを作成します。

  

委員

水防計画はどうなっているか。関連があると思うのだが。

 

事務局

水防計画は地域防災計画の風水害等対策編の中にあります。

 

委員

風水害は同時に発生し、自警団にお世話になるわけだが、自警団にも理解してもらわないといけない。

 

委員

JA河原支店にも職員が24名在籍しているので、昼間の災害であれば協力しなくてはならないと考えている。また、土のう等の保管場所を提供することも可能だ。市長からJA組合長へ協力要請をしていただければ常任委員会に図って協力します。

 

事務局

建設業協会とは応援協定が出来ていますが、JAともその様な協力関係が出来れば大変助かります。

 

会長

その他質疑がないようですので、(2)新しい遠距離通学費補助金制度(素案)について説明をお願いします。

 

佐々木教育委員会河原分室長兼河原町中央公民館長から資料2「新しい遠距離通学費補助金制度(素案)について」説明する。

 

会長

それでは、ご意見等質疑をお願いします。

 

委員

学校や保護者へ説明はするのか。

 

事務局

まだ、素案の段階です。各地域審議会に諮って検討し決定していきます。

 

委員

新制度と旧河原町の制度を比較した場合、保護者の負担はどうなるのか。

 

事務局

試算によると、河原町は新制度のほうが有利になると考えています。

 

委員

自転車通学が補助対象外になっているが、自転車にも費用がかかっている。助成はないのか。

 

事務局

バスの利用促進を図るため、バスが通っていない場合のみを補助の対象にしています。

 

委員

河原中学校ではバス通学が2人しかいないのは、バスの便数が少なく不便であるということなのではないか。実態に即した対策が必要である。自転車通学にも助成を考える必要がありはしないか。

 

委員

保護者とよく話し合っていただきたい。また、保護者説明会で出た意見を地域審議会でも聞きたい。

 

事務局

説明会での意見は、次回の地域審議会で報告します。

 

会長

4報告事項(1)新型インフルエンザ対策(参考資料)について説明をお願いします。

 

窪田副支所長兼地域振興課長から「鳥取市における新型インフルエンザ感染が疑われる場合の対応」について説明する。

 

会長

質疑ないようですので、5その他をお願いします。

 

・庁舎の清掃委託業務を今年度から河原作業所「あゆみ」に委託した。(地域振興課)

・第31回あゆ祭の概要説明。(産業建設課)

・家庭用生ごみ処理機の貸出しと購入費補助制度の説明。(市民福祉課)

・65歳以上の年金受給者は、市県民税の公的年金からの差し引きが開始になる。(市民福祉課)

マイクロバス利用について、公民館サークルの利用はH20年度で廃止、小中学校の校外研修等は21年度で廃止になる。(教委分室)

 

委員

新協河原展が中央公民館で6月9日から始まります。たくさんの方に鑑賞していただきたい。

 

委員

国英地区の可燃物処理施設は6月末日で閉鎖になるが、新しい施設の進捗状況はどうなっているか大変心配している。河原地域の課題は私たち地域審議会の問題でもあり、関わっていく必要があると考えている。次回の地域審議会で取り上げていただきたい。

 

会長

地域審議会としてどのように関わっていくのかよく考える必要がありますが、東部行政管理組合に現在の状況について説明を聞くことは可能だと思います。

 

委員

河原中学校建設についてですが、他地域では学校を新築する場合、設計の段階から検討委員会を開催し、地元の意見や要望を取り入れながら設計したように聞いている。河原中学校ではどうなっているか。

 

委員

河原地域には図書館がないので、地域に開かれた充実した学校図書館になって欲しい。

 

事務局

具体的な動きはこれからですが、学校関係者・保護者からなる検討委員会は設置しています。今年度は設計の年度ですので、これから委員会を開催し意見を聞くように考えています。

 

委員

委員会の内容は公開されるのか。

 

事務局

公開するように考えています。

 

会長

以上で地域審議会を終わります。本日はお疲れ様でした。

 (午後4時50分終了)

ダウンロード



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
河原町総合支所 地域振興課
電話0858-76-3111
FAX0858-85-0672
メールアドレスkw-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)