このページではJavaScriptを使用しています。

第32回 青谷地域審議会


日時:平成21年7月27日(月) 15:00~16:52

場所:青谷町総合支所 1階会議室

 

 

【出席委員】

 亀谷勝彦、前田保幸、房安一也、北村由香里、今崎美恵子、宮尾由紀子、瀧洋子、大谷操、山崎年憲、伊藤茂樹、川内美智子、高橋克己、芦川浩史

 以上(敬称略)

 

【欠席委員】

 長谷川英二 

 以上(敬称略)

 

【市交通対策】

 中村室長、鈴木主査

 

【事務局】

 西村支所長、森下副支所長兼地域振興課長、秋田市民福祉課長、中宇地産業建設課長、竹内水道局営業所長、堀尾教育委員会分室長兼中央公民館長、大前地域振興課主査

  

◎ 会議次第 ◎

1 開会

2 支所長挨拶

3 議題

(1)「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」の策定について

(2)バス路線(浜村ー青谷線)について

(3)新しい遠距離通学費補助金制度(案)について

(4)その他

4 その他

5 閉会

 

 

◎ 議事概要 ◎

 

  1 開会 15:00

【支所長】

 第32回青谷地域審議会を開会いたします。長谷川委員さんは欠席の連絡を受けております。それでは会長挨拶の前に委員さんの交替がありますので、報告と紹介をさせていただきます。5号委員の米村さんが諸事情によりまして6月17日付けで辞職願が提出され、受理されました。補充委員につきましては会長さんとも相談をさせていただき、前青谷町総合支所長の山崎年憲さんを内申していましたところ、本日付で辞令が交付されましたので、報告と紹介をさせていただきます。それでは山崎さん一言お願いします。

 

【山崎委員】

(自己紹介)

 

【支所長】

 どうもありがとうございました。それでは日程に従いまして、会長さん挨拶をお願いします。

 

【会長】

 みなさんこんにちは。2ヶ月振り、5月26日以来の審議会ですが、忌憚のないご意見をどしどし出していただきたいと思います。

 ここのところ、九州、山口の北部で土砂災害が起きておりまして、死者が多く出るというような非常に忌まわしい事故が発生しておりますけれども、幸い青谷町においては近年大きな災害が無くてうれしく思っているところでございますが、今年はまだ梅雨が明けないということで、農産物に被害が出なければと心配しております。天候不順が続いておりますが、一昨日夏まつりも無事終えることが出来ました。その折には皆さんから沢山の協賛金をいただきましてありがとうございました。今年は初めて市長さんがお見えになりまして、約1時間もおられなかったですけれども各出演者の方に挨拶をしておられました。これから河原町へ行かないといけないというようなことでしたけれども、喜んで帰られたのではないかと思っております。先程山崎委員さんの紹介がございました。非常に心強く思っておりますが、今後は行政の立場ではなく市民の立場で意見を出していただきたいと思います。

 

3 議題

【会長】

 それでは早速議題に入りますが、議題の1番と2番を入れ替えさせていただきまして、2番の「バス路線(浜村青谷線)について」を最初にいたしたいと思います。

 

(2)バス路線(浜村青谷線)について

【会長】

 本日は、市交通対策室の中村室長と鈴木主査においでいただいておりますので、まず説明を受けたいと思います。

 

【市交通対策室】

 (バス路線(浜村青谷線)について「資料2」により説明)

 

【会長】

 只今、交通対策室の方より説明がございました。何か質問がございましたら。

 

【委員】

 浜村-青谷線については、数字を見るとやむを得ないのかなあと思いますが、ちなみに鹿野線(鹿野-鳥取間)の乗車率はどの位か。また、今回は廃止路線になっていませんが、今後青谷-長和瀬間はどうなるのか。

 

【市交通対策室】

 鹿野線は収支比率でいいますと58.8%です。また、青谷-長和瀬間については本年度廃止ということは聞いておりませんが、今後廃止にならないとは今の段階では申し上げられません。 

 

【委員】

 気高の意見はどうでしたか。やはり同じようにやむを得ないのかなということでしょうか。

 

【市交通対策室】

 先程、○○委員さん、○○委員さんがおっしゃったような意見でした。ただ、バス路線を維持するに当たって市民の皆様にも考えていただきたいのは、無ければ困る路線とあれば便利な路線とは区分けをさせていただきたい。したがって、あれば便利な路線は廃止するのではなくして、今回提案を申し上げましたように乗合タクシーを運行しようということで進めさせていただいております。今回の提案では、青谷-浜村間は現在380円の運賃ですが、これが200円で乗れることになります。また、土・日・祝日も運行するよう計画しております。

 

【委員】

 初乗り運賃がバスと一緒の160円に設定してあるが、初乗り運賃を下げる検討の余地はないのか。

 

【市交通対策室】

 市の生活交通会議において、このようなご意見が青谷から出ましたということは申し上げます。

 

【委員】

 タクシー会社になった場合、1社になるのか。2社ではいけないのか。

 

【市交通対策室】

 タクシー事業は貸切ですから乗合事業の許可を持っている業者で対応することになります。

 

【会長】

 タクシー会社の全てが乗合の許可を持っているということではないのか。   

 

【市交通対策室】

 はい、持っているということではございません。

 

【委員】

 許可を取るのは面倒ではないのか。

 

【市交通対策室】

 運輸局に申請しますが、なかなか大変なようです。登録料が9万円要るようですし、採算性のこともありますので、許可を取ってまでされるかどうか。

 

【委員】

 いつでも電話をすれば利用出来るのか。

 

【市交通対策室】

 バスの代わりになるものです。時間の変更は可能と考えますが、現状のバスのダイヤどおりを考えています。

 

【委員】

 来年度、小学校の完全統合で日置線の児童が青谷まで出てくることになる。バス1便58人乗りでは乗れないので対策を考えてくれと話がしてあると思うが、その辺の見通しを教えていただきたい。

 

【市交通対策室】

 日ノ丸自動車と協議しております。運行ダイヤの提示がありましたら皆さんに協議させていただきたいと思います。

 

【委員】

 ダイヤ変更が出来ない時期に提示されても困ることになる。保護者の意見も取り入れていただくようお願いしたい。

 

【市交通対策室】

 分かりました。早く提示いただくよう日ノ丸自動車に伝えます。

 

【会長】

 だいたい意見も出尽くしたようでございます。交通対策室の方には非常に熱心に説明いただきました。今日の話を持ち帰っていただいて、生活交通会議で反映していただければと思います。これで交通対策室の方は退席されます。本日はありがとうございました。

ダウンロード

→ 資料2:バス路線浜村-青谷線(1.20MB)(PDFファイル)

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

(1)「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」の策定について

【会長】

 次の議題に移りたいと思います。1番の「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)の策定について」、事務局説明をお願いします。

 

【事務局】

 (「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」の策定について「資料1」により説明) 

 

【会長】

 只今、「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」の策定についての説明がございました。事前に配布いただいた資料は大まかなものでしたが、今日配布いただいた(たたき台案)ものは沢山のことが書いてありますから、これを読むのは大変なことですが、皆さんこれについて何か質問があればですけれども、これはこれからの問題ですので、今日のところは持ち帰っていただいて、次回8月の審議会で討議していただいたらと思います。この件に関してはこれでよろしいでしょうか。

ダウンロード

→ 資料1:協働のまちづくり基本方針(仮称)策定(2.04MB)(PDFファイル)

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

(3)新しい遠距離通学費補助金制度(案)について

【会長】

 次に、新しい遠距離通学費補助金制度(案)について、説明お願いします。

 

【事務局】

 (新しい遠距離通学費補助金制度(案)について「資料3」により説明) 

 

【会長】

 説明がございました。皆さんの方で何かありましたら。

 少しずつ変わってきておるようですけれども、今後その都度説明を受けたいと思います。

ダウンロード

→  資料3:新しい遠距離通学費補助金制度(646KB)(PDFファイル)

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

4 その他

【会長】

 その他に移りたいと思いますが、いろいろと報告があるようです。

 まず、青少年使節団について。

 

【事務局】

 前回の地域審議会の時にも報告しましたが、国際交流の関係で青少年使節団訪中事業で中国太倉市に派遣する事業ですけれども、今年は前回の地域審議会の時点では募集中で、その時点での応募は3名ということで、実施するかどうか検討していました。当初、地域審議会からの要望もあり盆前の期間で募集をしていましたが、盆後の17日から21日の間で追加募集をしましたところ、結果小中学校合わせて6名の応募があり、実施することとなりました。現在、中国語等の研修を行っておりまして、今日も2階で踊りの練習をしております。

 

【会長】

 次に、合併5周年事業について

 

【事務局】

 平成16年に合併しまして、今年が合併5周年ということで、それぞれの総合支所で記念事業をということがありまして、青谷の場合は10月の終わりに「ようこそまつり」がありますけれども、これを合併5周年事業にあてて実施していきたいと思います。

 

【会長】

 次に、駅前駐輪場の整備について

 

【事務局】

 駅前駐輪場の工事を7月28日から9月30日の間で実施することになりました。工事内容につきましては、各家庭に回覧でお知らせをしているところです。初めに東側の駐輪場を7月28日から8月一杯を掛けて整備します。工事中は臨時の駐輪場を上寺地遺跡展示館前広場に設置するようにしております。西側の駐輪場につきましては、9月1日から9月30日までの工期で整備するようにしておりますので、ご承知いただきたいと思います。

 

【会長】

 次に、井手ヶ浜海水浴場について

 

【事務局】

 従来、井手ヶ浜において民間の方が海水浴場を開設しておられましたが、観光協会青谷支部との協議により中止することとしましたので、報告させていただきます。なお、これまで海水浴場であったということで多くの方が来られることを想定しまして、離岸流に注意をしていただくための立て看板を設置いたしました。

 

【会長】

 次に、青谷町ゲートボール場について 

 

【事務局】

 青谷町ゲートボール場が老人福祉センターの東側にあります。一昨年同好会が解散されたということで、現在利用が無い状況となっております。今後の利用につきまして商工会横にあるゲートボール場を利用しておられる同好会の方に聞きましたところ、老人福祉センターの所のゲートボール場の利用予定は無いとのことでした。また、他に利用される団体も無いことから青谷町ゲートボール場の設置条例を廃止して、他に利活用したいと考えております。最終的には10月の地域審議会に諮り、12月議会若しくは3月議会に廃止条例(案)を出したいと思っております。

 

【会長】

 只今、5件の報告事項がありました。執行部からの報告は以上です。皆さんの方から何かありましたらどうぞ。

 

【委員】

 青谷町就業改善センターの現在の進行状況をお話いただきたい。

 

【事務局】

 現在設計の最終段階に入っておりまして、設計が終わり次第8月には工事の起工を行い、12月の完成予定は変わっていません。 

 

【会長】

 はい、どうぞ。

 

【委員】

 青谷小学校の校長と話す機会があり、新しい教室棟も完成し、古い方の校舎の改修工事に入るということで、一度審議会として見にきていただきたいということでした。いかがでしょうか。

 

【会長】

 それでは次回の審議会に合わせて、計画してください。

 

【事務局】

 はい、分かりました。

 

【会長】

 いろいろとご意見が出ましたが、その他ありますか。

 今日の審議会は活発なご意見をいただきありがとうございました。次回の審議会は8月18日から24日の間ということです。慎重審議いただきまして誠にありがとうございました。今日こそは全員揃うかと期待しておりましたが、1人欠席という残念な結果になりました。次回は全員揃っての審議会を開催したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 本日はどうもご苦労さまでした。

 

5 閉会  16:52

 

終了

 

  ◎ 議事概要 ◎トップへ↑


ダウンロード

→ 議事概要(91KB)(Wordファイル)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp