このページではJavaScriptを使用しています。

第31回 国府地域審議会議事概要


日 時:平成21年8月21日(金)9時00分~10時20分

場 所:国府町中央公民館大会議室

 

〔出席委員〕

森原喜久、中村彰郎、田中道春、米山幹雄、沖時枝、植田公子、森下温子、村尾馨、岡野頼雄、木下敏明、峯尾保、土橋幸栄、野田紀恵、福田典幸

 

〔欠席委員〕

井上好子

 

〔事務局〕

桑原支所長、吉田副支所長兼地域振興課長、梶川市民福祉課長、谷岡産業建設課長、森原教育委員会国府分室長兼国府町中央公民館長、山中地域振興課主査

 

 

◎会議次第

 

1 開会

 

2 会長あいさつ

 

3 報告

(1)「第8次鳥取市総合計画」実施計画策定のスケジュールについて

(2)鳥取市制120周年・合併5周年記念式典について

 

4 その他

(1)「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」の策定について

(2)殿ダム工事事務所跡地利用について

 

5 閉会

 

 

 

議事概要

 

1 開会(事務局) 会議成立確認

 

2 会長あいさつ(峯尾会長)

 

3 報告

 

(1)「第8次鳥取市総合計画」実施計画策定のスケジュールについて

  (桑原支所長 資料1「「第8次鳥取市総合計画」実施計画策定のスケジュールについて」により説明)

 

(会長)

 質疑に入る。

 

(委員)

 予算編成の簡易査定(サマーレビュー)とは何か。

 

(事務局)

 昨年度から始まっているが、支所要求予算の地域振興特定予算や庁舎管理費といったものや、本庁が予算要求する中で、国府地域のものを予算化してもらうように何項目か出して説明するもの。昨年度は、管理職会で話し合った上で、道路関係・全国万葉フェスティバル・地域振興プランに基づくものを説明した。

 

(委員)

 自治会からの要望は入っているのか。

 

(事務局)

 22年度要望は9月中旬にまとめることになっているので、間に合わない。サマーレビューは、あくまでも国府地域全体のものを対象としている。

 

(委員)

 具体的な項目は。

 

(事務局)

 今年度は、雨滝一号線・殿ダム周辺整備・地域振興プランに関わるものなどを考えている。

 

(委員)

 支所も承知の上で、提出されている自治会要望を入れていくべきだと思うが。

 

(事務局)

 あくまで、地域全体に関わる項目を対象として、市長などに話をしていくものと考えるのが筋だと思っている。当然、要望事項はチェックしている。個別的な案件については、サマーレビューにはまわさないということにしているのでご理解をいただきたい。

 

(委員)

 各自治会長は、ほとんど1年交代である。要望事項の回答が翌年の5月になるのはどうかと思う。ほとんどの自治会は役員が1月で交代となるので、連続性がなくなる。無理かもしれないが、要望を6月にまとめて、12月中に回答することができないか。

 

(事務局)

 9月中旬に要望を取りまとめ、新年度の予算要求に反映させることになっている。予算が伴うので、12月中の回答は無理だと思う。

 

 

 

(2)鳥取市制120周年・合併5周年記念式典について

  (桑原支所長 資料2「鳥取市制120周年・合併5周年記念式典について」により説明)

 

   質疑なし

 

 

 

 

4 その他

 

(1)「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」の策定について

 

(会長)

 前回に引き続き、ご意見をうかがいたい。 

 

(委員)

 まちづくり協議会はどのくらいできているのか。行政が急かすように言っていたが、今になってこの方針が出てきた。今までにつくり上げた組織との関係が分からない。今、なぜこの資料が出るのか釈然としない。

 

(事務局)

 61地区の内、2地区程度が未定と聞いている。地区公民館のあり方検討会で、地区公民館をコミュニティ拠点施設と位置づけようとした。まちづくり協議会をつくれば職員1名増、事業をしようと思えば未組織では実施できないなどが打ち出された。早く立ち上げて、地区の課題や問題点をみつけて、より良い地域づくりをしていくように立ち上げたと思っている。国府の場合は、そのような気持ちが強かったのではないかと思っている。先に自治基本条例ありきで進んでしまった感は否めない。

 

(委員)

 まちづくり協議会が取りまとめて、予算要求をしなさいということだった。だからつくった。そういう縛りをかけたうえに計画が良かったら、予算をつけてあげるということになった。協議会をつくったら、予算をつけてくれると思っていた。

 

(委員)

 地域住民に、まちづくり協議会の考え方が伝わっているのか。行政の押し付けと思われてしまっている。各集落に徹底がされていないように思う。これからの課題だと思う。

 

(委員)

 今大変なことになっている佐用町のナカハマ地区を視察したが、住民に協議会がどういうものであるかを浸透させるのに1年以上かかったと聞いている。ばたばたせずに、急いではいけないと思った。宮下は、やっとアンケート調査の段階になったところだ。

 

(委員)

 市長がまちづくり元年と言っていたが、後から基本方針が出てくるのは、タイミング的にどうかと思う。本当は、自治基本条例もつくり、それにそって、この基本方針ができるのが良かった。

 

(事務局)

 昨年が協働のまちづくり元年だと思っている。これから協議会をつくっていこうということだったと思っている。自治基本条例には、基本的なことが書いてあり細かいところがない。まちづくり協議会ができて、どういうふうにしていくのかなどがないということで、遅くなったかもしれないが今回提案している。

 

(委員)

 まちづくり元年のときに、どういうまちづくりをするんだという提示がなかった。

 

(会長)

 修正されたものが提案されると思うので、またその時に話し合いたい。

 

 

 

(2)殿ダム工事事務所跡地利用について

 

(会長)

 8月7日に第1回の小委員会を開いた。委員には、峯尾・野田・森原・田中・植田・村尾氏をお願いした。殿ダム工事事務所も、前回訪問したときとは若干考え方を変えてきているので、その説明を受け委員の間で意見交換をした。自治会長会へも、検討していることを報告していただくようにしている。定例の審議会では足りないと思うので、9月に一度自主的な会を開かせていただきたいと思っているので了解をお願いしたい。

 

(事務局)

 本庁も、職員による検討組織を設けたと聞いている。

 

(会長)

 今の総合支所庁舎をどうするか、耐震補強のこと、地区保健センターのことなどについて、市の考え方を聴いてみる必要がある。

 

(事務局)

 耐震補強のことは、確認している。地区保健センターは、起債で建てたと聞いている。銀行からの借り入れで、地域総合整備事業債であり、30%~50%程度地方交付税で返ってくる。目的外使用と見られることも考えられるので協議が必要になるが、代替庁舎として利用できないことはないと思っている。

 

(委員)

 窓口利用が年々減っている状況はないのか。今、旧市の方の利用がどれだけあるのか。

 

(事務局)

 日常業務の中では、減っているとは思っていない。19日から始まっている衆議院議員選挙の期日前投票でも、鳥取地域の方が5割程度を占めている。

 

 

5 閉会

(会長)

 以上、これで閉会とする。

 

 

 

 

 

ダウンロード

 

・第31回 国府地域審議会議事録(PDF:301KB)

 

・資料1-2(PDF:283KB)

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.lg.jp