Tottori City News Letter   
とっとり市報2009年12月
    

見上げてごらん(さじアストロパーク提供)

佐治天文台長 香西洋樹の 「望遠鏡って何だろう」
Vol.29 望遠鏡と双眼鏡


 さじアストロパークの大目玉望遠鏡で星を見る体験をされたことがありますか? 実は、天体望遠鏡で見る星たちは、上下が逆になった倒立像なのです。気付かれたでしょうか? 実際に月を見るとよくわかります。
 天体望遠鏡で見る星の多くはとても暗く、中にはかすかな「光のしみ」程度にしか見えないものもあります。この光を失ったり減少させたりしてはならないので、使うガラスの量をできるだけ少なくしてあるのです。
 具体的に失われる光の量を測定すると、1枚のガラスの表面で4%にもなります。レンズにはガラスの表面が2枚あります。従って、レンズが1枚あるだけで 光の量は96%のさらに96%、つまり92%に減少するのです。そこで、レンズの数をできるだけ少なくするよう努力が重ねられ、天体を見るのに上下が逆に なっていても一向に差し支えないことなどから、逆転した像、倒立像のままで使われているのです。
 一方、地上などを見ることを重視した地上用望遠鏡は、倒立像ではとても具合が悪いですね。しかも、光の量も夜間の使用以外ではあまり問題にされません。 こうした理由で、地上用望遠鏡ではレンズを増やして正しく上下方向にした像が見えるようにしてあるのです。
 手軽に使えることから人気の高い双眼鏡は、大きいものでは観光地に設置されるようなものや、漁船などが魚群を探すときに使うものまで多くの種類が作られ、使われています。
 映画などで双眼鏡を使うシーンでは、視野が2つの円形であらわされることがありますが、これは最も良くない使い方で、円形が1つになるようにするのが良い使い方です。さじアストロパークの研究員に、良い使い方を習ってみてください。

■問い合わせ先  さじアストロパーク  佐治町高山1071-1  TEL (0858)89-1011


目次へ戻る  このページの上部へ
 

かしこい消費者になるために Q&A 第3回

Q 投資目的でマンションを購入しないかと、自宅や勤務先に勧誘電話がかかってきます。断ってもしつこくかけてくるのですが、やめてもらう方法はないでしょうか。

A 電話で購入の勧誘を受けたときは、買うつもりがなければ、きっぱりと断ることが何より重要です。
 電話勧誘を断るポイントは、あいまいな断り方をせず、早い段階で断り、「この人を勧誘しても契約できない」と勧誘員に思わせることです。
 まず、断る時に、「いいです」「結構です」というあいまいな返事は禁物です。「契約してもいいです」「契約して結構です」と、契約を了承した解釈もできるため、トラブルの原因になってしまいます。
 次に、早い段階で「購入するつもりはありません。今後一切電話しないでください」と、勧誘員が商品の詳しい説明に入る前に断ることです。勧誘員は言葉巧 みです。聞けば聞くほどその話術に惑わされ、断るどころか契約してしまう可能性もあります。
 勧誘員の目的は、契約させ、利益を上げることです。このような対応をすることで、「これ以上勧誘しても無駄だ」と思わせることが重要です。
 なお、電話勧誘で契約してしまった場合、一定の条件を満たしていれば、契約解除ができる制度もあります。
 また、しつこい勧誘でお困りの場合は、その業者の名称、担当者名、電話番号をお聞きとりのうえ、市民総合相談センターへご相談ください。

《予防のアドバイス》
 発信番号表示サービスを利用すると、再勧誘の電話を着信拒否に設定することができます。詳しくは電話会社にご相談ください。
※有料サービスです。

消費生活相談窓口 (市役所駅南庁舎1階41番窓口)
受付時間 8:30〜17:00
休業日 土日、祝日、年末年始 TEL (0857)20-3863 FAX (0857)20-3864
e-mail syohisoudan@city.tottori.lg.jp

■問い合わせ先  市役所駅南庁舎市民総合相談センター  TEL (0857)20-3862


目次へ戻る  このページの上部へ
 

図書館だより

年末年始の休館日について
 年末年始は以下のとおり休館します。

とき 12月29日(火)〜平成22年1月3日(日)

※平成22年1月4日(月)からは平常どおり開館します。ただし、5日(火)は定例休館日になります。

【お願い】
 閉館中に本を返却される場合は時間外返却ポストをご利用ください。紙芝居や大型絵本、CD、ビデオなどは壊れやすいので、ポストには返さず、開館中にカウンターへ直接返却してください。

鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり
とき
演題
第43回 1月9日(土)
「足浴のすすめ」 -足湯の楽しみ方-
講師:西村正広さん(鳥取大学医学部 助教)
時間 13:30〜15:00
ところ 中央図書館
参加費 無料
※定員40人程度、申し込み不要。

■中央図書館 TEL (0857)27-5182 開館時間 09:00〜19:00(土・日曜は17:00まで)
■気高図書館 TEL (0857)37-6036 開館時間 10:00〜18:00
■用瀬図書館 TEL (0858)87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(気高、用瀬図書館のみ)


目次へ戻る  このページの上部へ
 

シリーズ鳥取環境大学 vol.28

写真

トピックス  学生食堂に卒業生のお米が登場
 環境大学学生食堂では、10月5日(月)から卒業生が生産した新米(コシヒカリ)の提供を始めました。  平成18年に環境大学を卒業し「とっとりふるさと就農舎」で農業を学んだ土居直樹さん(26歳)・吉永昇平さん(25歳)、同期に入舎した松井博史さん (39歳)の3人が、今年から国府町で米づくりに取り組んでいます。学生に安全でおいしいごはんを提供するため、またフードマイレージ(食物の輸送距離) 低減をめざした地産地消の推進のため、学生食堂の運営を委託しているマルテSF株式会社に協力していただき、土居さんたちが作ったお米を提供することがで きました。
 将来的には、農業機械に環境大学で精製したBDF(廃油から作られた軽油の代替燃料)を提供することも検討しており、環境に優しい農業モデルに発展することが期待されます。
写真
左から、土居直樹さん、吉永昇平さん、松井博史さん

■問い合わせ先  
企画広報課  TEL (0857)38-6704  http://www.kankyo-u.ac.jp/  
E-mail kikaku@kankyo-u.ac.jp


目次へ戻る  このページの上部へ
 

対談 市長日記

「ボランティアの力を活かし、魅力あるまちづくりへ」

ゲスト:新生鳥取砂丘イリュージョン実行委員会  田中佳代子さん

写真
新生鳥取砂丘イリュージョン実行委員会
田中佳代子さんとの対談の様子

鳥取砂丘イリュージョンを、私もずっとお手伝いしていきたい


ボランティアの力で鳥取砂丘を守り、魅力を発信
市長 ボランティア活動は、地域の中で重要な役割を果たしています。田中さんは大阪から移り住み、砂丘の清掃や除草のボランティアに熱心に取り組んでおられるとお聞きしました。

田中さん 鳥取は、砂丘をはじめすばらしい自然に恵まれていますが、この砂丘を守るために力を尽くしている人たちがいることを知りました。自分にも何かできることはないかなと思い、参加するようになりました。

市長 鳥取砂丘を含む山陰海岸は、ユネスコが定める世界ジオパークの候補地となりました。田中さんのように、鳥取砂丘に魅力を感じた多くの方が、砂丘の自然を守ろうと取り組んできた成果です。鳥取砂丘イリュージョンは、今年で7回目を迎えられますね。

田中さん  今年は「環境」がテーマで、LED電球やソーラーライトを増やし、エコキャンドルも作成します。砂丘の冬は風が強く、雪の中の作業は過酷で大変ですが、み んなで協力し合い、楽しくやっています。イベント中は、募金活動や車いすの方の介助、落とし物探しなどをしますが、来られた方が、光の美しさだけではな く、私たちの姿にも感動してくださり、とてもうれしく思います。

ボランティア活動で魅力あるまちへ
市長 本市では、ボランティア活動の拠点施設として、「アクティブ鳥取」や「輝なんせ鳥取」を整備してきました。本市が現在進めている協働のまちづくりにおいても、ボランティア活動は大切なので、各地域での取り組みが盛んになってほしいですね。

田中さん  ボランティア活動を通じてたくさんの人たちと出会い、喜んでいただいていることに幸せを感じています。砂丘イリュージョンは、これからも多くの人が関わ り、温かい心で見守っていただくことで、素晴らしいイベントとして続いていくと思います。みんなが「鳥取っていいところでしょ?」と誇れるイベントになる よう、私もずっとお手伝いしていきたいと思います。

写真
ボランティアの力で創る鳥取砂丘イリュージョン(昨年の様子)

この対談の模様は、12月5日(金)・6日(土)、ぴょんぴょんチャンネル「こんにちは鳥取市です」で放送します。


目次へ戻る  このページの上部へ
 

PUBLIC INFORMATION

男 : 95,395人[+ 78]  
女 :102,728人[+ 51]
合 計:198,123人[+129] 世帯数:276,736 [+126]
平成21年11月1日現在[ ]内は前月比


目次へ戻る  このページの上部へ