このページではJavaScriptを使用しています。

ごみの出し方についてのお願い


ごみの出し方ルール


1.午前8時までに出す。
2.収集日以外にごみは出さない。
3.ごみはきちんと分別する。
4.ごみを収集する人の安全も考える。
5.生ごみは水切りを充分に行う。
6.可燃ごみ・プラスチックごみは指定袋で出す。


スプレー缶・カセットボンベ缶                       

 

 収集車内や処理施設で火災や爆発のおそれがありますので、 必ず使い切って、風通しのよい屋外で穴を開けて出してください。

 

家庭園芸用農薬・殺虫剤の容器

 

 容器に農薬などが残っていると、収集の際又は処理施設内で有害ガスが発生し、人身事故につながります。係員の生命に危険が及びますので、事故防止の上から、 必ず中身を使い切り、容器を洗って出してください。

 

刃物類

 

  カミソリや割れたガラス類などが他のごみと混ざると、収集の際又は処理施設で作業中に係員がけがをします。事故防止の上から、 他のごみと分けて、透明な容器や袋に入れて出してください。

 

有害なもの・危険なもの


  有害なもの、危険なもの、引火するもの又は著しく悪臭が発生するものはごみステーションに出さないでください。

購入先などに引取りを依頼してください。


専門業者に処理を依頼してください。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3217
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp