このページではJavaScriptを使用しています。

第34回 青谷地域審議会


日時:平成21年10月23日(月) 15:55~17:30

 

場所:青谷町総合支所1階会議室

 

 

【出席委員】

 亀谷勝彦、前田保幸、房安一也、北村由香里、今崎美恵子、宮尾由紀子、瀧洋子、大谷操、山崎年憲、伊藤茂樹、川内美智子、高橋克己、芦川浩史、長谷川英二  (敬称略)

 

 

【欠席委員】

 前家直樹  (敬称略)

 

 

【鳥取市】

 竹内市長

 

 

【鳥取県】

 県土整備局維持管理課森田副主幹 他1名

 

 

【事務局】

 西村支所長、森下副支所長兼地域振興課長、秋田市民福祉課長、中宇地産業建設課長、竹内水道局営業所長、堀尾教育委員会分室長兼中央公民館長、大前地域振興課主査

  

 

 

◎ 会議次第 ◎

 

1 開会

 

2 会長挨拶

 

3 市長挨拶

 

4 市長との意見交換

 

5 報告事項

(1)土砂災害法に基づく調査結果について(鳥取県)

(2)「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」(たたき台案)について

 

6 議題

(1)第9次鳥取市総合計画策定スケジュールについて

(2)青谷町ゲートボール場の廃止について

(3)新しい遠距離通学補助金制度(最終案)について

 

7 その他

 

8 閉会

 

 

 

 

 

◎ 議事概要 ◎

 

1 開会 15:55

 

【支所長】

 皆さん、こんにちは。予定の16時にはまだ早いようですが、出席予定の委員さん全員お揃いのようですので、第34回青谷地域審議会を開会いたします。前家委員さんからは欠席の届けをいただいております。

 ご案内のとおり市長との意見交換ということで、日程の中に組み込んでおります。市長は次の会があり16時30分頃には退席するということですので、それまでの間、短い時間ですけれども有意義な会としていただきたいと思います。

 それでは会長さん挨拶をお願いします。

 

 

 

2 会長挨拶

 

【会長】

 皆さん、こんにちは。今日は非常にすばらしい秋晴れになりました。皆さんそれぞれご予定がある中、地域審議会にお集まりいただきまして、誠にご苦労さまでございます。前回の審議会から2ヶ月が経ちましたけれども、その間日本の国も大きな変化がございまして、自民党が大敗し、民主党の政権になるというようなことから、テレビでは来年度の予算に対して非常に厳しい財政状況が報じられております。鳥取県におきましてもかなりの影響が心配されますが、この間の新聞では山陰道の瑞穂青谷間を休止するということが出ておりまして、残念に思っております。政権が民主党になって今後いろいろな面で心配されるところです。

 今回は市長さんが初めてこの地域審議会においでいただきまして、皆さんと親しく意見を交わしたいということでございます。

 今日は久し振りの地域審議会でございますけれども、非常に景気の悪い中ですが、皆さんと一緒にこの地域審議会を通して、地域の活性化のために頑張っていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

【会長】

 引き続き、司会進行をさせていただきます。それでは市長さんご挨拶をお願いします。

 

 ◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

3 市長挨拶

 

【市長】

 地域審議会には私や、副市長がときどき出席をさせていただいておりますが、時間調整をしてもなかなか来るということが出来なくて、これまでのところ失礼をしておりました。地域審議会の会長会議が市役所で開かれるときなど、時々ではありますがご挨拶をさせていただき、意見を聞かせていただく機会もあります。

 それはさて置き、今日は亀谷会長さんのお話にあるように、晩秋を思わせるような、しかしまだ寒くもなく、天候にも恵まれた良い日でありまして、青谷への道のりを楽しくやって来たところでございます。こうして皆さんにお目に掛かれることを大変嬉しく思っております。地域審議会の委員の皆さんには日頃から地域振興に携わっていただき、また応援団に廻っていただき、本当に感謝を申し上げたいと思います。しかし、色んな情勢の変化もありまして、民主党による新政権の発足ですね。鳩山内閣の発足で、今はマニフェストに掲げた施策を実施するために、財源が足りないということで、差し当たりの財源を確保しようとしております。例えばマニフェストに於いてダムを廃止するようなことを言っております。高速道路に対しても非常に大変厳しい見方を持っているというようなことが、具体的に見えてきております。今後マニフェストに書いてある施策が、無駄を省く中で持続的に財源が確保されて、大幅な赤字国債を発行するようなことでなくして、果たして出来るだろうかと国民の注目も集まっております。鳥取市にしましても公共事業などにブレーキがかかったり、不安定な部分が沢山ありまして、大きな影響が出ているような状況もあります。これも年度末までにははっきりすると思いますが、会長さんのお話にあるようにかなり影響を受けるのではないかと。例えば、道路の特定財源である暫定税率を下げると言っています。鳥取市は4億円位の道路整備の財源を予定していますから、その財源が無くなった場合他の財源で措置されるだろうかと心配されます。ガソリンが安くなるのはいいことだと、一方では思うわけですけれども、高速道路だけではなく、必要な道路の整備がそれによって進まなくなる危険もあります。運輸局の人から聞いた話では、高速道路を無料化しますと、長距離バスが大変打撃を受けると。長距離バスの利益が低下して、バス会社の体力が落ちて、過疎地を廻るような、いわゆる路線バスにも影響が出るのではないかというお話しを聞きました。高速道路の無料化というのは意外なところに及んで来るなあと心配したところです。地方の財源として、地方交付税を1兆円増やそうと総務大臣の意見もありますが、それはとても出来ないという財務大臣の意見もあったりしています。政権がどの政党であっても地方公共団体の仕事は市民の生活を守る、地域を活性化させる、発展させていくことにあるわけです。政権が代わってもしっかり申し上げるべきは申し上げて、地域を守る責務を果たしていきたいと考えています。

 今年は鳥取因幡の祭典の年ということで、鳥取自動車道が現時点で河原インターまで出来ていて、今後鳥取インターまで繋がりますが、そういった中で鳥取に多くのお客さんを迎えようということで、春の世界砂像フェスティバル、そして秋には、この間日本のまつりというのをやりました。高速道路の整備と相まってお陰さまで沢山の方に来ていただきました。やはり魅力あるイベントをすれば人が来てくれる、泊まってくれる、色んな消費で経済効果が出てくるというようなことを経験しました。その他の経済活性化の手立てとしては、商工会の皆さんにもお世話になりながらプレミアム商品券を出したり、臨時的な雇用を少し増やして、市雇用情勢の対応をしたり、色んな取り組みをしてきました。

 ここにポスターが貼ってありますが、青谷ようこそまつりが10月31日と11月1日の2日間、合併5周年記念事業、或いは鳥取因幡の祭典のイベントとしての位置付けのもとに開催されます。皆さんのご努力で準備が進んでおりまして、是非多くの方が来ていただいて盛大なまつりになるようにご祈念を申し上げます。

 それから、先程青谷小学校の改修工事の状況を見てきましたが、校舎の耐震改修や内装をやっておるようでして、中庭へのバスの乗り入れも見通しがつきましたし、来春からの小学校統合に関しましても着々と進んでいるということで確認してまいりました。

 もう一つは、青谷町就業改善センターを改修して、青谷地区公民館としての機能、或いは大広間はそれに関連した交流の場として整備されるということに関しまして、詳しい経過は後で説明させていただくようですが、年内に完成をという強い思いでしたし、皆さんからもそれで良かろうということで来ておりましたが、多くの工事が立て込んだ関係もございまして、来年の2月完成ということで進めさせていただきます。年内完成ということでご理解いただいた方には、完成がずれ込むということについて、お詫びを申し上げたいと思いますが、きちんとした形で出来る限りの対応をするということで、ご了承をお願いしたいと思います。

 こういったことを含めまして、今年度も青谷の地域にとってもいろんな整備が進む時期に当たっているということをご報告させていただき、今後ともこの地域が特色を生かして、青谷地域に即した資源、例えばようこそまつりのポスターの隣に「源左を書く」というのが貼ってあります。あおや和紙工房で開催されるということで、和紙という地域産業もありますし、もう一つ妙好人といわれる源左さん、以前から源左さんの話を本で読んだりして勉強しておりましたけれども、鳥取市内でもようこそ、ようこそという言葉を見かけることが多いのですが、源左さんの精神を受け継いで、人のため、地域のために自分が出来ることを積極的にするという源左精神は、青谷の誇れることだと思っております。日本のまつりでも、地域伝統の力、パワーが感じられました。これからも地域の活力と地域での生活を支えていく市政の展開を続けていきたいと考えておりますので、地域の財産を大きくアピールするようなことを、地域の中で積極的に取り組んでいただきたいと思います。

 地域審議会委員の皆さんには、日頃から大変お世話になっているということを重ねてお礼申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。 

 

 

【会長】

 市長さんからのご挨拶、ありがとうございました。

 

 ◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

4 市長との意見交換

 (第12回地域審議会会長会(H21.8月)主な意見及び対応状況)

  

【会長】

 ここで、お話のありましたように就業改善センターについての回答が届いておりますので、日程4の市長との意見交換の案件として進行させていただきます。

 それでは、説明をお願いします。

 

 

【事務局】

 (「第12回地域審議会会長会(H21.8月)主な意見及び対応状況について」を説明)

 

<ダウンロード>

→ 資料:第12回地域審議会会長会(H21_8月)主な意見及び対応状況(18.8KB)(PDFファイル)

 

 

【会長】

 8月の会長会での意見に対しての回答でございますが、ご質問がありましたらどうぞ。

 

 

【委員】

 危険な中央公民館側にはロープを張って出入りを出来ないようにするということですが、枠などをして入れないようにしていただきたい。

 

 

【市長】

 中央公民館を直ちに解体という状況にはないので、それを前提に危険が及ばないように、防犯・防災対策をどこまでするかということは、状況を見ながら判断したい。

 

 

【会長】

 予定時間をオーバーしておりまして、市長さんは次の会議のために17時10分までには庁舎に帰らなくてはならないということでございますので、意見交換は以上といたしまして、市長さんはこれで退席されます。

 

 

【市長】

 皆さんどうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

 

5 報告事項

(1)土砂災害防止法に基づく調査結果について

 

【会長】

 それでは報告事項に入りますが、1番目の「土砂災害防止法に基づく調査結果について」ということで、県土整備局維持管理課の方がおいでになっておりますので、説明を受けたいと思います。

 

 

【県土整備局】

(土砂災害防止法に基づく調査結果について「資料4」により説明)

 

<ダウンロード>

→ 資料4:土砂災害防止法に基づく調査結果(2.90MB)(PDFファイル)

 

【委員】

 レッドゾーン(土砂災害特別警戒区域)内の方が家を移転する場合には、利子補給があるということですが、自己所有の土地に移転した場合でも利子補給はあるのか。

 

 

【県土整備局】

 借り入れを起こして家を建てる場合はあります。 

 

 

【委員】

 レッドゾーンは、強制的に指定するのか。

 

 

【県土整備局】

 市町村長の意見を聞いた上で指定することになります。

 

 

【委員】

 レッドゾーン内で建物を建て替える場合、建築確認が必要となり、それをクリヤーするためには自費で防護壁等を設置しなければならないのか。

 

 

【県土整備局】

 自費で設置していただくことになります。

 

 

【委員】

 ハード面の措置がないということでもあり、危険なところであるということを知らしめ、避難する目安であるならば、レッドゾーンに指定までして規制しなくても、イエローゾーン(土砂災害警戒区域)のままでも良いのではないか。

 

 

【県土整備局】

 避難の目安も一つの目的ですが、レッドゾーンに指定することによって開発行為を抑制するために作られた法律でもあります。

 

 

【会長】

 まだまだお聞きしたいことはあると思いますが、該当集落で説明会が開催されるということですから、自分たちの問題としてその場でしっかりと議論していただくということで、この件については終了したいと思います。

 県の方、今日はどうもありがとうございました。

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

(2)「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」(たたき台案)について

 

【会長】

 それでは2番目の「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」(たたき台案)について、説明をお願いします。

 

 

【事務局】

 (「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」(たたき台案)について「資料5」により説明)

 

<ダウンロード>

→ 資料5:「鳥取市協働のまちづくり基本方針(仮称)」(たたき台案)(265KB)(PDFファイル)

 

→ 資料5-1:協働ハンドブック(203KB)(PDFファイル)

 

 

【会長】

 只今、報告がございました。中身をよく吟味していただきまして、ご意見等がありましたら担当の地域振興課へお願いいたします。

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

 

6 議題

(1)第9次鳥取市総合計画策定スケジュールについて

 

【会長】

 議題に移りたいと思います。1番目の第9次鳥取市総合計画策定スケジュールについて、説明をお願いします。

 

 

【事務局】

 (第9次鳥取市総合計画策定スケジュールについて「資料1」により説明)

 

ダウンロード>

→ 資料1:第9次鳥取市総合計画策定スケジュール(14.2KB)(PDFファイル)

 

 

【会長】

 現時点で審議するということではないようです。時間も押し迫っておりますので、2番目の青谷町ゲートボール場の廃止について、説明をお願いします。   

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

(2)青谷町ゲートボール場の廃止について

 

【事務局】

 (青谷町ゲートボール場の廃止について「資料2」等により説明)

 

ダウンロード>

→ 資料2:青谷町ゲートボール場の廃止(1000分の1)300dpi(700KB)(PDFファイル)

 

 

【会長】

 かねてからのお話でございます。今日は地図が示されておりますので、位置を確認しておいていただきたいと思います。

次に、3番目の新しい遠距離通学補助金制度(最終案)について

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

(3)新しい遠距離通学補助金制度(最終案)について

 

【事務局】

 (新しい遠距離通学補助金制度(最終案)について「資料3」により説明)

 

ダウンロード>

→ 資料3:新しい遠距離通学補助制度(最終案)(205KB)(PDFファイル)

 

 

【会長】

 新しい遠距離通学補助金制度案が決まりましたという説明でございました。以上3点の議題の説明を受けましたが、質問がございますか。

 

 

【会長】

 それでは無いようですので、日程7のその他の項に入りたいと思います。事務局で何かありますか。

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

7 その他

 

【事務局】

 (追加資料「青谷上寺地遺跡史跡保存活用協議会について」により説明)

 

ダウンロード>

→ 追加資料:青谷上寺地遺跡史跡保存活用協議会について(案)(12.6KB)(PDFファイル)

 

 

 県から依頼があり、協議会を立ち上げることとなって、地域審議会からも委員を出していただくようお願いしたい。

 

 

【会長】

 どなたか立候補される方はおられませんか。

 この場ではなかなか決まりませんので、執行部と会長、副会長で協議して皆さんの中でどなたかを指名させていただきたいと思います。      

 

 

【会長】

 次に、青谷小学校プール整備改修事業について、説明をお願いします。

 

 

【事務局】

 (追加資料「青谷小学校プール整備改修事業」により説明)

 

ダウンロード>

→ 追加資料:追加資料:青谷小学校プール整備改修事業(1.09MB)(PDFファイル)

 

 

【会長】

 案2で、決定事項ということでよろしいですか。

 

 

【会長】

 事務局からは以上ですか。皆さんの方から何かございますか。

 今日は市長さんが来られると言うことで時間を合わせた経過もございますが、その他無いようでございますから、本日の審議会はこれで終了いたします。

 本日はどうもご苦労様でした。

  

8 閉会 17:30

 

<終了> 

 

  

  ◎ 議事概要 ◎トップへ↑


<ダウンロード>

→ 議事概要(95KB)(Wordファイル)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp