Tottori City News Letter   
とっとり市報2010年2月
    

見上げてごらん(さじアストロパーク提供)

佐治天文台長 香西洋樹の「望遠鏡って何だろう」 Vol.30 星の光が目に突き刺さる

 「望遠鏡って何だろう」のシリーズも、今回で最終回となります。これまで望遠鏡や双眼鏡についてお話ししてきましたが、望遠鏡や双眼鏡とは何なのか、改めて考えてみることにしましょう。
 眼鏡をお使いの人は、眼鏡を作る時どのようにされるでしょうか?まず眼科医の診察を受け、処方箋をもらいます。この処方箋を持って眼鏡店に行き、目に 合ったレンズを求めて、お気に入りの枠にはめてもらいます。こうして、自分に目に最も良い眼鏡ができますね。
 では、良い望遠鏡とはどういったものでしょう?それは、目の能力を上回るものではないかと思います。
 ドイツにカール・ツァイスという有名な光学会社がありますが、この会社が作った天体望遠鏡で星を見て、視神経が痛く感じたことがありました。また、 1965年頃、東京大学東京天文台の観測所が埼玉県に完成し、そこに在職していた私は観測機器の整備やテストを行っていましたが、主望遠鏡に付けられた 15cm案内用望遠鏡をのぞいていた時に、多くの星たちが瞬きもせずジッと静止しているように見え、さらにしばらく見ていると、なんだか目の中が痛くなって きたように感じました。目の接眼部から離してみると何ともありません。不思議に思って、何度も繰り返すのですが同じ状態が繰り返されるばかりです。
 星の像は、それこそ針の先ほど鋭いのです。何度も同じことを繰り返すうちに、星から光が網膜の視神経をたたくので、痛く感じるのだと知ったのです。
 これ以来、光学系は目の能力を下回るようではだめ、目と同等以上のものでないといけない、と考えるようになりました。
 目に痛いような星の像を作るのが本当の望遠鏡なのです。

※「見上げてごらん」の連載は、今回で終了します。ご愛読ありがとうございました。

■問い合わせ先  さじアストロパーク  佐治町高山1071-1  TEL (0858)89-1011


目次へ戻る  このページの上部へ
 

かしこい消費者になるためにQ&A 第4回

Q 一 人暮らしの母の家に帰省したところ、部屋に新品の羽毛布団10組が箱で山積みになっていました。母に尋ねると「若い人が来て、一人暮らしだからいらないと いうのに、たくさん買うと安くするからと言われて買った」と言います。書類を見るとクーリングオフの期間が過ぎていますが、布団を返品し、支払ったお金を 返してもらうことはできないのでしょうか。

A 訪問販売のクーリングオフの期間は、購入契約書などを受け取ってから8日間までとされており、このケースでは適用になりません。
 しかし、今回のような事例を救済するために法律が改正され、日常生活において通常必要とされる分量を著しく超える量の商品を購入させられた場合、平成 21年12月1日以降は、契約から1年間であれば契約を取り消すことができるようになりました(「過量販売の禁止」と言います)。このような訪問販売の契 約を取り消したい場合は、お気軽に消費生活相談窓口にご相談ください。

《予防のアドバイス》
 訪問販売員が来て、「今だけ安い」「たくさん買えば安くなる」と言われても、その場では契約しないでください。近所の店ではいくらで売っているのか、家族や友達に聞いてみるなど、冷静に考えることが大切です。

■問い合わせ先  市役所駅南庁舎市民総合相談センター  TEL (0857)20-3862

高齢者支援センターとっとり
電話無料相談 (0857)39-0011


 鳥取県弁護士会では、高齢者を対象とした相談窓口を開設し、消費者被害などの相談も受け付けています。

※2月25日(木)まで開設。電話料金がかかります。

受付時間 9:30〜16:30

休業日  土日、祝日

■問い合わせ先  鳥取県弁護士会  TEL (0857)22-3912
消費生活相談窓口 (市役所駅南庁舎1階41番窓口)
受付時間 8:30〜17:00  休業日 土日、祝日、年末年始
TEL (0857)20-3863 FAX (0857)20-3864 E-mail syohisoudan@city.tottori.lg.jp


目次へ戻る  このページの上部へ
 

図書館だより

図書館を充実します!
 用瀬町出身の日本画家、故・前田直衛さんのご遺族(京都在住)から、図書館の整備充実のため、1千万円のご寄付をいただきました。中央・用瀬・気高図書 館で、2〜3月に備品や館内表示の整備を行います。また、用瀬町民会館に、前田直衛さんを紹介する展示コーナーを設置します。

蔵書点検のための休館のお知らせ
中央図書館 2月22日(月)〜26日(金)
気高図書館 2月 1日(月)〜 5日(金)
用瀬図書館 2月15日(月)〜19日(金)
福部図書室 2月 1日(月)〜 5日(金)
佐治図書室 3月 8日(月)〜12日(金)
※夜間や休館日の返却は、時間外返却ポストをご利用ください。

鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり
とき
演題
第44回 
2月6日(土)
「農業とものづくり、健康づくり、まちづくり」
―過疎・高齢化社会におけるトマト生産機軸健康増進プロジェクト―
講師:黒沢洋一さん(鳥取大学医学部 教授)
時間  13:30〜15:00
ところ  中央図書館
参加費  無料  ※定員40人程度、申し込み不要。

■中央図書館TEL (0857)27-5182 開館時間  9:00〜19:00(土・日曜は17:00まで)
■気高図書館TEL (0857)37-6036 開館時間 10:00〜18:00
■用瀬図書館TEL (0858)87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(気高、用瀬図書館のみ)


目次へ戻る  このページの上部へ
 

シリーズ鳥取環境大学 vol.29

写真

トピックス 日本海沿岸のごみ問題解決に向けた取り組み

写真
賀露沖での海底ごみ
調査で引き上げた海底ごみ
 平成21年度環境省「循環型社会形成推進事業」の採択を受け、「日本海に面した海岸における海ごみの発生抑制と回収処理の促進に関する研究」に取り組んでいます。
 この研究で、平成21年10月に鳥取県漁協賀露本所の協力のもと、底引き網漁船を使っての海底ごみ調査を行いました。また、海ごみの発生源を探るため、 発信機能搭載の放流物を模擬ごみに見立て、千代川から放流し、内陸ごみの漂流経路の調査を行いました。
 平成21年11月には、環境マネジメント学科の田中教授、荒田准教授、佐藤講師、共同研究者の中部大学の加々美准教授が韓国を訪問し、韓国における海ご み対策の法制度などの調査を行いました。韓国では、漁船が操業中に海底から引き上げたごみを買い取り、自治体が処理する制度があり、海ごみ解決に向けた法 制度が整備されているようです。

■問い合わせ先  
企画広報課  TEL (0857)38-6704  http://www.kankyo-u.ac.jp/  
E-mail kikaku@kankyo-u.ac.jp


目次へ戻る  このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報

学生募集

【一般入試(B方式)】
学科
募集人員
選考方法
環境政策経営学科
5人
選択=▽外国語(英語I、英語II)
▽国語(国語総合
※古文漢文除く・現代文)
▽数学(数学I、数学A、数学II、数学B
※数列、ベクトル)以上から2教科選択
環境マネジメント学科
5人
建築・環境デザイン学科
2人
情報システム学科
2人
入学願書受付期間
試験日
2/1(月)〜2/16(火)
2/26(金)
試験会場
合格発表
鳥取環境大学、大阪、岡山
3/5(金)

【一般入試(C方式)】
学科
募集人員
選考方法
環境政策経営学科
4学科で計4人
小論文、面接
※建築・環境デザイン学科は小論文に代え、
作品提出も可。
詳しくは募集要項で確認してください。
環境マネジメント学科
建築・環境デザイン学科
情報システム学科
入学願書受付期間
試験日
2/17(水)〜3/8(月)
3/15(月)
試験会場
合格発表
鳥取環境大学
3/18(木)

【大学入試センター試験利用入試(2期)】
学科
募集人員
選考方法
環境政策経営学科
4学科で計6人
選択=▽国語(近代以降の文章のみ)
▽地理歴史・公民▽数学▽理科
▽外国語(英語にはリスニング含む)
以上の全科目から高得点の2教科2科目
環境マネジメント学科
建築・環境デザイン学科
情報システム学科
入学願書受付期間
合格発表
2/17(水)〜3/10(水)
3/18(木)

※詳しくは募集要項およびホームページをご覧ください。

■応募要領・問い合わせ先  企画広報課入試室  TEL (0857)38-6720

公開講座 とっとり県民カレッジ連携講座
テーマ  「インターネットのモラル、倫理、トラブル」
講師  今井正和さん(情報システム学科 教授)
とき  2月20日(土)10:30〜12:00
ところ  県立図書館2階 大研修室 ※参加無料
申し込み 講座の前日までに、電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで問い合わせ先へ

■問い合わせ先  
企画広報課  TEL (0857)38-6704  FAX (0857)38-6709  
E-mail kouryu@kankyo-u.ac.jp


目次へ戻る  このページの上部へ
 

対談 市長日記

「世界ジオパークへの加盟をめざして〜山陰海岸ジオパークの取り組み〜」

ゲスト:山陰海岸ジオパーク推進協議会学術顧問     
鳥取大学名誉教授 西田良平さん

写真
山陰海岸ジオパーク推進協議会
学術顧問の西田良平さんとの対談の様子

山陰海岸は郷土の誇り。ジオパークとして地域の活性化につなげよう!

山陰海岸ジオパークが世界候補に
市長 平成19年に県と関係市町村が連携して山陰海岸ジオパーク推進協議会を設立し、世界ジオパークへの加盟をめざして取り組みを行ってきました。昨年は大きな成果が現れ、10月に世界ジオパーク国内候補地に決定、12月には加盟に向けて申請しました。

西田さん ジオパークの理念は、地質遺産を保全しながら地域振興を図ることです。山陰海岸は国立公園であり、風光明媚な観光地として知られているだけでなく、日本海誕生の歴史やドラマを体感できる、貴重な地質遺産を豊富に有しています。

本市の、多種多様で広がりのあるジオサイト
市長 本市の代表的なジオサイト(地質的な見どころ)は鳥取砂丘ですね。独特な自然環境の中での、生活の営みも含めた風土資産としての評価も高いと思います。

西田さん  そうですね。福部砂丘はラッキョウ畑として農業活用されています。昨年4月の砂像フェスティバルの時には、砂丘が緑一面に覆われて、その美しさに目を見張 りました。中央の浜坂砂丘は、保全活動を継続させ、観光だけでなく教育面にも力を入れていく必要があります。その他のジオサイトでは、白兎海岸、湖山池が あり、市民の憩いの場として活用が期待されます。また扇ノ山地域の殿ダム、雨滝は、火山や化石があり、地層や地形を学ぶことができます。

大事なことは、暮らしている人の熱意
市長 砂丘や海岸、湖山池の一斉清掃、除草活動には、たくさんのボランティアのみなさんが参加しています。3月には、学びの場として鳥取砂丘にジオパークセンターを整備します。ジオパークに興味を持ち、積極的に関わってほしいですね。

西田さん 世界への加盟に向けては、市民や観光客に分かりやすい案内板の整備やガイドの養成など、たくさんの課題がありますが、何よりも大事なことは、暮らしている人たちの熱意です。郷土を愛する気持ちを持ち、自然環境を保全し、後世に伝えていくことが大切です。

市長 郷土に誇りと自信を持って取り組み、多くの市民のみなさんと一緒に世界に向けて推進していきましょう。

写真
市民の手で守られる鳥取砂丘

この対談の模様は、2月5日(金)・6日(土)、ぴょんぴょんチャンネル「こんにちは鳥取市です」で放送します。


目次へ戻る  このページの上部へ
 

PUBLIC INFORMATION

男 : 95,301人[-79]  
女 :102,700人[-20]
合 計:198,001人[-99] 世帯数:276,767 [-19]
平成22年1月1日現在[ ]内は前月比


目次へ戻る  このページの上部へ