このページではJavaScriptを使用しています。

しない! させない! 不法投棄

 

ごみをみだりに捨てることは禁じられています

 

不法投棄は、地域の美観を損ねるだけでなく、土地の所有者や管理者に多大な迷惑をかけることになります。また、正しい処理を行わずに捨てられたごみからは、有害な物質が漏れ出し、自然環境に深刻な影響を与えます。

 

 

  不法投棄は法律で禁じられており、違反した者は 5年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金(法人なら3億円以下)に処せられます。

 

 

廃棄物は、ルールに従い、排出した人が必ず責任をもって適正に処理しましょう。

 

 

不法投棄撲滅の取り組み

 

 鳥取市では、不法投棄を撲滅するために、関係課が集まり「不法投棄対策協議会」を設置しています。

 この協議会では、パトロールを実施し、現行犯の確保に努めるほか、不法投棄の多発地帯に防止看板の設置や、「警察」「鳥取県東部生活環境事務所」「郵便局」などとの連携による不法投棄現場の発見や廃棄物などを載せた不審車両を見かけた場合の連絡体制の確立、また、監視カメラの設置など、不法投棄撲滅に努めています。

 

 また、鳥取県でも必要に応じて、監視カメラの設置やヘリコプターなどによるパトロールを行っています。

 

 最近では、こういった取り組みの成果もあり、不法投棄の検挙率が格段に向上しています。

 

 

しない、させない、不法投棄

 

 不法投棄を未然に防ぐためには、柵の設置や注意喚起のための看板の設置のほか、雑木・雑草を刈り込むなどして監視の目が行き届いていることを意識させるなど、不法投棄をさせない環境づくりも大切です。そのためには、土地の所有者、管理者、各地域の自治会などの協力は欠かせません。また、不法投棄をなくすためには、人として当然必要とされるモラルやマナー・ルールを守り、ポイ捨てや不法投棄を絶対にしない、させないことです。

 

 こういったことが、美しい景観や豊かな自然がいっぱいの私たちのまちをいっそう魅力的なものとし、未来を担う子どもたちへ、かけがえのない財産として受け継がれていきます。

 

  市民全員の力で、「不法投棄をしない、させない」誰もが住みよいまちにしていきましょう。

 

▲このページのトップへ

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3217
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp