このページではJavaScriptを使用しています。

第35回 福部地域審議会 

議事概要


日 時  平成22年2月19日(金) 午後1時30分~3時00分

場 所  福部町中央公民館 2F会議室

 

[出席委員]  黒田一郎、山本幸子、南部敏、福田仁美、山根三郎、田川一、福寿須美江

           河原清夫、徳中由美子、濱田香、田邨納美、山根聰、中西重康、上山弘子

         以上14名

 

[欠席委員]   無

 

 

[事務局]     宮口支所長、民家副支所長兼地域振興課長、吉田市民福祉課長、坪内産業建設

課長、山本教育委員会分室長兼中央公民館長、谷本地域振興課主査 

 

 

会議次第

1.開  会

2.会長挨拶

3.議  事

  (1)鳥取市中山間地域対策強化方針(案)について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 資料1-1

 

  (2)市営住宅家賃の見直しについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 資料2

 

    (3)合併に伴う主要な事務事業調整(平成22年度統一項目)について・・・・・・・・・・・・・ 資料3-1

 

                                                                                       資料3-2

                     

                                                        資料3-3

     

    4.その他

 

5.閉  会

 

 

議事概要

1.開  会

2.会長挨拶

3.議  事

 

〈事務局〉 -鳥取市中山間地域対策強化方針(案)の資料説明-

-鳥取市中山間地域対策強化方針(案)概要図の説明-

-鳥取市中山間地域モデル集落実態調査[概要版]の説明-

-中山間地域対策強化方針(素案)に対する地域審議会の主な意見についての説明-

 

〈会長〉 ご意見、ご質問があればお願いします。

 

〈事務局〉 前回の審議会に於いて、8P、2(1)の関連で「らっきょう栽培等の農作業人夫の雇用体制支援をこの中で示して頂きたい。」とのご意見がありましたが、らっきょう人夫の雇用に対する人件費の助成は現在設けておりませんので報告します。

 

〈委員〉 P9、2(3)の関西圏・山陽圏等への販路拡大などの物産振興の強化ですが、行政だけではなく個人、民間企業を仲介させて強化すれば、更に拡大していくように思うのでご検討頂きたい。

  次にP9、2(4)のソーシャル・コミュニティ等の支援・促進についてですが、町内に高齢者が身近に買い物ができる店が無いということは、採算が合わないから誰も出店をしないということであるので、出店に際して何らかの補助制度がないか。ここまで考えていかないと、益々誰も手を挙げる人がいなくなってしまうと思う。

 

〈事務局〉 民間企業の活用については、本課に伝えておきたい。

 次の出店に際しての補助制度については、現在、個人や団体が起業等の初期投資費用に対しての補助制度は一部ありますが、営業は個人的なビジネス活動として捉えているので、経営赤字についての助成は補助の対象とはしておりません。 このため、出店、営業に際しては綿密な経営計画を立てて行って欲しいと考えております。

 

〈委員〉 P10、2(7)の法人事業化への支援・検討の項目の中に、むらづくりに関する会社、又は第3セクターの設立とあるが、どのような法人をイメージすればいいのか。

 

〈事務局〉 本課に確認する。

                  

〈委員〉 P11、3(5)の青少年育成の項目の中に、「中山間地域の小規模校での特色ある学校づくりを推進します」とあるが、近い将来児童・生徒数が減少して、40~50人程度の小中学校となっても存続させることに変わりはないか、もう一度確認したい。

 

〈事務局〉 現時点では、福部町に小中一貫校の構想はないが、児童・生徒数が減少していく小中学校を、将来的にどうしていくのかという議論が改めて起こった場合、小中一貫校という議論が出てくることも考えられます。どちらにしましても地域の総意が基本となりますので、地域、PTA、学校等関係機関との協議が必要となってくるものと思います。

 

〈委員〉 P11、3(6)の伝統芸能・伝統行事などの保存・活用についてですが、各集落に於いて祭の御輿等が残っているが、老朽化が進んで使用していないというケースもあり、これらを補修して頂ける予算化は可能か。

 

〈事務局〉 本課に確認する。

 

〈委員〉 P11、3(8)の市有遊休財産(土地)等の利活用の推進についてですが、福部町内の市有遊休財産(土地)等の具体的な利活用の手続き案はできているか。

 

〈事務局〉 この項目は方針ということですので、具体的な利活用についての要望があれば、その次点で協議を進めていくという考えです。

 

〈委員〉 鳥取市中山間地域対策強化方針(案)概要図中の“輝き”の図形に温もりを感じない。円で囲んだ方がいいのでは。

 

〈事務局〉 本課に伝える。

 

〈会長〉 次に移ります。

 

〈事務局〉 -市営住宅家賃の見直しについての資料説明-

 

〈会長〉 ご意見、ご質問があればお願いします。

 

〈委員〉 現在の家賃はどれくらいか。

〈事務局〉 入居世帯の収入によって違うが、福部町の場合平均が月1万3~4千円です。

 

〈会長〉 次に移ります。

 

〈事務局〉 -合併に伴う主要な事務事業調整(平成22年度統一項目):住民税(法人)の賦課、固定資産税、都市計画税の資料説明-

 

〈事務局〉 -合併に伴う主要な事務事業調整(平成22年度統一項目):公営住宅(種別戸数及び家賃・家賃及び敷金の減免、下水道使用料及び農集・漁集・林集使用料)の資料説明-

 

〈事務局〉 -合併に伴う主要な事務事業調整(平成22年度統一項目):遠距離通学費補助の資料説明-

 

〈事務局〉 -合併に伴う主要な事務事業調整(平成22年度統一項目):自治連合会補助金、集会所補助金の資料説明-

 

〈事務局〉 -合併に伴う主要な事務事業調整(平成22年度統一項目):胃ガン検診、肺ガン検診、子宮ガン検診、骨粗しょう症予防検診、肝炎ウイルス検査、大腸ガン検診の資料説明-

 

〈会長〉 ご意見、ご質問があればお願いします。

 

〈委員〉 説明資料にはないが、平成22年度の国民健康保険料は1割増と聞いているが、説明をお願いしたい。

                                                     

〈事務局〉 インフルエンザ等により医療費の伸びが増大している中で、平成21年度本市国民健康保険特別会計は約8.7億円の赤字となる見込みです。財政の健全化の面で見ますと、全て保険料で賄うというのが基本ですが、急激な保険料のアップとなってしまいます。

  このため、この赤字額の8.7億円の補填として、内4億円は鳥取市一般会計から繰り入れ、1億円は鳥取県からの借り入れとし、残りの3.7億円は国保料の値上げにより賄う予定としております。国保料の伸び率としましては約1割増となる予定です。

 

〈会長〉 その他、ご意見、ご質問があればお願いします。

 

〈委員〉 山陰海岸ジオパークは現在、世界ジオパークネットワークの加盟に向けて、各分野での関心の高まりが期待されています。鳥取砂丘もジオパークの範囲となっているが、福部町民の関心が余り無いように思えるので、もっと盛り上げを図って欲しい。また、以前実施された砂丘検定に福部町民が何人受験して、何人合格したのか教えて欲しい。それによって、今後ジオパークに関する問題も試験の中に出てくるものと考えられるので、福部町民への啓蒙も大切なことと思う。

             

〈事務局〉 山陰海岸ジオパークを迎え入れるため、現在、閉館となっている砂丘歴史資料館を事務所や展示をするための改装工事に入っています。完成後は、市民の皆様始め県内外の方にもPRできるよう努力していきたい。砂丘検定の結果につきましては、後日報告させて頂きます。

 

〈会長〉 それでは、これで第35回福部地域審議会を終わります。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福部町総合支所 地域振興課
電話0857-75-2811
FAX0857-74-3714
メールアドレスfb-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)