このページではJavaScriptを使用しています。

けたかの話題(2010.4月)

   気高地域の最新情報やちょっといい話をお知らせします♪

情報提供も待っています。

 

鳥取県無形民俗文化財 「百手の神事」

撮影日:2010.4.25

 百手の神事4

4月25日(日)

気高町八束水の姫路神社で

県の無形民俗文化財である

百手の神事が行われました。

 

今年も多くの観光客やカメラマンが訪れ、きりりとした天狗と獅子の動きに大きな拍手を送っていました。

 

百手の神事5

 神事の合間には

獅子に頭を噛んでもらって無病息災を願う親と子どもを中心に、多くの人が行列を作っていました。

百手の神事3

この神事は、神官が弓を射って、この年の無病息災と五穀豊穣を祈願して行う伝統行事です。

今から1200年前の奈良時代の終わりごろ、大流行した疾病を鎮めるために、天皇の願によって始められたものと伝えられています。当時は全国各地で行われていましたが、しだいに廃れ、鳥取県内ではこの姫路神社に残るだけとなっています。


神官が翁の面をかぶって登場し、境内に設けられた旅所(たびどころ)を天狗と神楽獅子が邪魔を払う先導をつとめ、氏子、宮総代、神官たちが4周練り歩きます。


 

もも手の神事1

1周ごとに神官が神事を奉納しますが、最初に木矛(木のほこ)で東西南北天地の邪霊を突いて払い、「疾病退散、国家宝祚長久」と念じます。

2回目は、弓で同じ動作を行います。3回目には、1年12カ月を意味する12本の矢が的に向けて放たれ、今年の五穀豊穣の吉凶が占われます。
 

 

 睦逢 大堤池で おおきくなあれ!

撮影日:2010.4.23

鯉の放流

気高町睦逢の大堤池に

逢坂小学校の児童が

鯉を放流しました。

10センチほどの鯉ですが

半年かけて大きくなり、

秋の「うぐい突き」では、30センチ以上の大物を獲ることができます。

その時を楽しみに

子どもたちは放流していました。

 

 皇帝ダリアが冬越ししました

撮影日:2010.4.19

皇帝ダリアは今

気高町総合支所の前花壇に

去年植えた皇帝ダリア。

冬に枯れてしまうかと

心配しましたが、

見事に新芽が吹きました。

 

節節から元気な葉っぱが

ビンビン出てます。

 

今年はさらに背を伸ばし

豪華に咲き誇ってほしいな。

 

 さむさが ぶり返し・・・。 鷲峰山に雪が

撮影日:2010.4.15

 寒さぶり返し

4月も半ばだというのに

寒さがぶり返し、

鷲峰山に雪が降っています。

 

白鳥がいなくなった田んぼは

がらんとして、

静かに田植えの準備を待っています。

 

 

 今年も見事な咲きっぷり!

撮影日:2010.4.4

 

 会下のしだれ桜

 

 気高地域では有名な

会下のしだれ桜。

今年も見事に咲き誇っていました。

 

枝の下から上を見上げると

薄桃色の花弁が

青空とコントラストをなし、

ひらひらと舞い降りてきます。 

夜にはライトアップされ

ますます幻想的な世界を

醸し出していました。

ページ上部へ

 

サイト内リンク

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
気高町総合支所 地域振興課
電話0857-82-0011
FAX0857-82-1067
メールアドレスkt-chiiki@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ