Tottori City News Letter   
とっとり市報2010年5月
    

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット 5月の番組ガイド

鳥取市行政番組
『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土
鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。
【特集】
▽山陰海岸ジオパーク
▽食育らくらくクッキング<野菜たっぷりメニュー編Vol.5>
▽元気です「福部アイデア館管理運営協議会」
▽今年度の主な事業 静止画文字情報
写真
食育らくらくクッキング

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週日・月・水・木
写真 イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。
※放送時間が変わりました。
(1)6:00 (2)9:00 (3)11:00 (4)12:00
(5)14:00 (6)16:00 (7)19:00 (8)20:00
(9)22:00 (10)23:00
 
いなばぴょんぴょんネット 自主制作番組
農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木
 田植えのようすや特産の二十世紀梨の摘果・小袋掛けなど、鳥取市内各地の農作業の様子をお送りします。

地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月
 入学式や入園式、もちがせ流しびなをはじめとする各地の春のまつりのようすなどをお送りします。

生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火
 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。

手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月
 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。

地デジの準備をお願いします!
 アナログ放送は平成23年7月24日に終了し、地上デジタル放送に完全移行します。視聴方法など詳しくは、ご加入のケーブルテレビ局にお問い合わせください。

 情報をお寄せください!
 いなばぴょんぴょんネット  TEL (0857)22-6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。

http://www.inabapyonpyon.net


目次へ戻る このページの上部へ
 

元気でいきいき介護予防! 第1回

ご存じですか?地域包括支援センター

 高齢者のみなさんが、住み慣れた地域で安心して生活ができるよう、次のような相談の受付や支援を行っています。最寄りのセンターにお気軽にご相談ください。訪問による相談も行っています。

センターの主な業務

●介護や健康のこと

 介護保険の申請代行、介護予防のためのおたっしゃ教室、家族介護教室などを行っています。

●さまざまな相談ごと

 「退院後の生活が心配」「近所の一人暮らしの高齢者が心配」といった相談や、認知症に関する相談を受けています。

●権利を守ること

 高齢者虐待に関する相談や、判断能力が十分でない人への成年後見制度の利用相談をお受けします。また、認知症サポーター養成講座を開催しています。

●暮らしやすい地域のために

 医療機関、民生委員、社会福祉協議会などの関係者との連携を推進するとともに、ケアマネージャーの支援を行います。

各センターの紹介

●鳥取中央地域包括支援センター

ところ 富安二丁目138-4(市役所駅南庁舎1階)

担当 鳥取地域(千代川以東)、国府地域、福部地域

■問い合わせ先 TEL:0857-20-3456、20-3457

●鳥取こやま地域包括支援センター

ところ 湖山町西一丁目512(学習・交流センター2階)

担当 鳥取地域(千代川以西)

■問い合わせ先 TEL 0857-32-2727

●鳥取南地域包括支援センター

ところ 用瀬町別府96-2(用瀬地区保健センター内)

担当 河原地域、用瀬地域、佐治地域

■問い合わせ先 TEL 0858-76-2351

●鳥取西地域包括支援センター

ところ 気高町浜村50-22(気高地区保健センター内)

担当 気高地域、鹿野地域、青谷地域

■問い合わせ先 TEL 0857-82-6571




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取砂丘砂の美術館通信

Vol.1

<第4期展示スタート!>
 今回のテーマは「アフリカ」ということで、これまでとは違った砂像の世界を楽しんでいただけると思います。駐車場入り口では鳥取市の「砂像マイスター」が制作したウェルカム砂像がみなさんをお迎えします。スタッフ一同、みなさんのご来場をお待ちしています!
写真
鳥取砂丘砂の美術館 館長 下澤(しもざわ)武志(たけし)

第4期展示〜砂で世界旅行・アフリカ〜

会期 4月29日〜平成23年1月10日 9:00〜20:00

入場料 一般500円、小・中・高校生300円
※団体割引あり、障がい者手帳保持者無料

●アフリカの風景や動物をテーマにした10作品が登場!

●会場では、ミニ砂像つくり体験ができます(毎日、10人以上は要予約、体験料500円)。 写真 【ゴールデンウィーク交通情報】

●5月1日(土)〜4日(火・祝)は、鳥取駅バスターミナル〜鳥取砂丘間で有料シャトルバスを運行します(乗車券の提示で入館料100円引き)。

●5月2日(日)〜4日(火・祝)は、鳥取砂丘オアシス広場を臨時駐車場とし、鳥取砂丘との間で有料シャトルバスを運行します。
砂丘周辺の交通渋滞緩和のため、ぜひご利用・ご協力をお願いします!

■お問い合わせ先
鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり TEL:0857-20-2231 FAX:0857-20-2232
公式ホームページ http://sakyu.city.tottori.tottori.jp/museum/
※天候不良などの場合を除き、会期中は無休です。


目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

■中央図書館 TEL:0857-27-5182 開館時間 09:00〜19:00 (土・日曜は17:00まで)

■気高図書館 TEL:0857-37-6036 開館時間 10:00〜18:00

■用瀬図書館 TEL:0858-87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(気高、用瀬図書館のみ)

●鳥取市人物誌「きらめく120人」フォーラム

とき 5月16日(日)15:00〜16:30

ところ 中央図書館 多目的ホール
※要申し込み

内容 今年1月に発行された「きらめく120人」の出版の苦労話や本文に盛り込めなかったエピソードなどを語り合います。

定員 50人
※定員になり次第締め切ります。

●わらべうた講座

とき 5月17日(月)10:00〜11:30

ところ 中央図書館 多目的ホール
※要申し込み

講師 わらべうたの会「ゆなの木」

定員 50人
※定員になり次第締め切ります。

●「絵本の読み聞かせ研修講座」受講生募集

 年間7回の講座で、読み聞かせの基礎を学びます。

とき 第1回:6月3日(木)
※要申し込み

申し込み 5月24日(月)までに中央図書館まで

鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり

とき 鳥取大学・野村證券連携講座(全6回)
第48回
5月15日(土)
「私たちの暮らしとお金を考える(3) 株式投資の基礎の基礎」講師:中嶋(なかじま)智正(ともまさ)さん(野村證券)
第49回
5月22日(土)
「私たちの暮らしとお金を考える(4) 投資信託の基礎の基礎」講師:福本(ふくもと)直樹(なおき)さん(野村證券)


時間 13:30〜15:00

ところ 中央図書館

参加費 無料
※定員40人程度、申し込み不要。




目次へ戻る このページの上部へ
 

消費にまつわる不安解消!

file002 架空請求

 突然自宅に届く身に覚えのない請求のはがき。架空請求に関する相談が後を絶ちません。被害に遭わないよう気をつけましょう。

【事例】  「民事裁判通告書」と書かれたはがきが自宅に届いた。「裁判取り下げ期日を過ぎると裁判所から出廷命令が届く」「出廷を拒否すると不動産の差し押さえを行う」「連絡がない場合は勤務先に郵送する」などと書かれている。心当たりがないが連絡したほうがいいだろうか。

【アドバイス】 (1)裁判に関する通知が、裁判所以外の機関からはがきで届くことはありません。

(2)絶対に連絡しないでください。連絡をすることで相手にさらに情報を与えることになりますし、言葉巧みにお金を振り込ませようとしてくる場合もあります。

(3)不安な場合は、消費生活相談窓口にご相談ください(27ページ参照)。

■問い合わせ先
市役所駅南庁舎 市民総合相談センター  TEL:0857-20-3863



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報

TOTTORI UNIVERSITY OF ENVIRONMENTAL STUDIES
http://www.kankyo-u.ac.jp

公開講座

とっとり県民カレッジ連携講座

テーマ シリーズI バイオマス利用の可能性 「鳥取のバイオマス資源とその利用」

講師 佐藤伸さん(環境マネジメント学科 講師)

とき 5月15日(土)10:30〜12:00

ところ 県立図書館2階 大研修室
※参加無料

申し込み 講座の前日までに、電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで問い合わせ先へ

OPEN CAMPUS 2010


〜鳥取環境大学を体感しよう!〜

とき 6月13日(日)11:00〜16:00(10:30〜受付)

ところ 鳥取環境大学(若葉台)
※JR鳥取駅南口より無料シャトルバスを30分間隔で運行します。

内容 学科体験授業、研究室公開、進学相談コーナー、キャンパス見学ツアー、学食体験、在学生と語ろうコーナーなど
※参加無料。事前申し込み不要。

進学相談会

とき (1)6月 8日(火)15:30〜18:00 (2)6月17日(木)15:30〜18:30

ところ (1)とりぎん文化会館 (2)ホテルニューオータニ鳥取
※参加無料。事前申し込み不要。

開学10周年記念式典

とき 6月19日(土)13:00〜16:00

ところ 鳥取環境大学本部棟1階 11講義室

内容 記念式典(13:00〜14:00)、記念講演会(14:30〜16:00)▽講師:尾池和夫さん(財団法人国際高等研究所所長、日本ジオパーク委員会委員長)
※参加無料。事前申し込み不要。

■問い合わせ先
企画広報課 TEL:0857-38-6704 FAX:0857-38-6709
Email:kikaku@kankyo-u.ac.jp



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取の逸品 第6回

伝統工芸士の横顔

石原(いしはら)幸二(こうじ)さん 陶器製作 (山根窯 青谷町山根)

写真
蟇股のひな形(本体は兵庫県宍粟市の長源寺に納入)

  陶器の製作に取り組む石原さんは、平成20年に鳥取県認定伝統工芸士の認定を受けました。  生家は青谷の特産品である和紙作りをしていた石原さんですが、同じ工芸として通じるところもあり、焼き物に興味を抱きつづけます。大学卒業後、憧れてい た陶芸家濱田(はまだ)庄司(しょうじ)氏の流れをくむ、三重県の「神楽(かぐら)の窯」奥田(おくだ)康博(やすひろ)師に弟子入り。昭和60年に独立 して地元青谷に山根窯を開きます。  しばらくは薪の単窯やガス窯で製作し、その後、修業時代に身につけた技術で平成11年に登り窯を自ら作り、今ではこの窯で年2回、作品を焼き上げます。  製作は、日々の暮らしの器が中心。丈夫で使いやすい事を心がけ、作品は和風にも洋風にもしっくりと合います。「自分自身の暮らしぶりに合わせたら、自然 とこういう形やデザインが生まれてくるんです」と石原さん。「一生を通じてすべてが1本につながるような、自分なりの雰囲気が器に出せたらと思っていま す」と語る言葉からは、陶芸への熱い思いが伝わります。 飴釉スリップウェア楕円鉢
写真
登り窯について語る石原さん




目次へ戻る このページの上部へ
 

野菜たっぷりメニュー編Vol.5

温野菜とゆで卵のマヨネーズ焼き

毎月19日は「食育の日」です。 「朝食は 今日が始まる 出発点」

簡単にできる野菜たっぷりメニューの一品を、8回シリーズで紹介します。

写真 温野菜とゆで卵のマヨネーズ焼き

食生活改善推進員連絡協議会 青谷支部

一口メモ…季節の野菜や家にある野菜を使って作ってみてください。また、マヨネーズをかけ過ぎると、エネルギーが高く、味もしつこくなるので注意してください。

材料(4人分)
ジャガイモ 200g(小2個) ワケギ 100g
タマネギ 200g(1個) 3個
ニンジン 150g(中2本) ショルダーベーコン 30g
アスパラガス 4本 塩こしょう 少々
ブロッコリー 100g(小1/2株) マヨネーズ 大さじ4強

1.ジャガイモ、ニンジンは7mmくらいの厚さの輪切りにし、くしが通るくらいにゆでる。タマネギは5mm幅に切り、軽くいためる。アスパラガス、ブロッ コリーはさっとゆで、アスパラガスは乱切り、ブロッコリーは小房に切る。ワケギは3縲・cmの長さに切る。卵はゆでて、8等分のくし形に切る。ショルダー ベーコンは2cm幅に切る。

2.耐熱容器にワケギを並べ、その上にタマネギ、ジャガイモを並べ、塩こしょうをふる。

3.2の上にニンジン、アスパラガス、ショルダーベーコン、ブロッコリーをいろどり良く並べ、ゆで卵をのせて、最後にマヨネーズをしぼって格子状にかける。

4.3を200℃のオーブンで15分くらい焼き、こんがりと焦げ目をつける(オーブントースターでは7分、コンロのグリルでは火力を弱めて焦げ目がつくまで)。

1人分
エネルギー 250kcal たんぱ 質 9.6g 脂質    14.5g 塩分    0.9g


目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で5名様にプレゼントします。


写真
ずり・せせり・ささみの薫製セット
鹿野地鶏(鳥取地どりピヨ)薫製(くんせい)セット

 鹿野のシンボル、鷲峰山(じゅうぼうやま)を望む大自然の中で元気よく育った鹿野地鶏。太陽あふれる鶏舎で育て上げた鶏を、おいしい薫製にしました。塩 だけで味付けしたシンプルな味わいを、おかずに、肴(さかな)にお楽しみください。

【賞品提供】
(株)ふるさと鹿野 TEL:0857-84-2205


応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 5月24日(月)(当日消印有効)

応募先 〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
   Email shihou@city.tottori.lg.jp
   「とっとり市報読者プレゼント」係

※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市報・公告」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。




目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆今号からとっとり市報がフルカラーになりました。これまでは、美しい景色や躍動感あふれる写真も、モノクロにすることでおとなしい感じになっていたかも しれませんが、カラー写真になることで、より大迫力でお届けできることと思います。写真はそのまま使えばよいのですが、文字や飾りなど、その他の部分は 「配色」を考えなければなりません。配色にはある程度理論的なものがあるそうですが、なにぶんそれを学ぶいとまがありませんでした。ふと行き当たったウェ ブサイトで参考になりそうなものを発見し、見よう見まねで色を付けてみたのが今回の号。もし、きれいに見えたとしたら、印刷会社さんがしっかり手直しして いただけたおかげに違いありません。がんばらねば。
(拓)


目次へ戻る このページの上部へ