このページではJavaScriptを使用しています。

けたかの話題(2010.5月)

   気高地域の最新情報やちょっといい話をお知らせします♪

情報提供も待っています。

 

 

 

  

 浜村海岸にサンドアート出現!

撮影日:2010.5.22

隕石

がいこつ

コンロ

円

海段

叫び

なめくじ

 

 

 

 

5月22日(土)、浜村海岸で

京都造形芸術大学

空間演出デザイン学科

124名の学生による

浜村海岸フィールドワークがおこなわれました。

 

 

 

前日にやってきた学生は

先ず海岸に出てゴミ拾いなどを行いステージをきれいにした後、

当日の朝早くから9つのグループに分かれてサンドアートの制作にかかります。

 

 

今年のテーマは「ありえない」

 

それぞれのグループが

イメージした「ありえない」を

形にしていきます。

 

それは

隕石の落下であったり

巨大な胸部であったり

延々と続く階段であったり

 

 

一日かかって作り上げた

芸術は

夜にはろうそくの炎で

ライトアップされ

 

 

幻想的な世界を作り上げていました。

 

 「なぎさナイトウォーク」 たくさんのご参加ありがとうございました!

撮影日:2010.5.22

 

ナイトウォーク1

ナイトウォーク2

ナイトウォーク3

サンドアート1

サンドアート2 

 5月22日(土)、浜村海岸で

ななぎさナイトウォーク

in浜村温泉が開催され、

多くの参加者が

夜の浜村を散策しました。

 

呼びかけから開催まで

の期間が短かったのですが

気高町内外から

75人もの参加者がありました。

 

 

気高町中央公民館に

集合し、開会式。

 

その後すぐに出発です。

 

 

 

まずは浜村砂丘公園

「貝がら節の里 ヤサホーパーク」へ

 

広々とした公園で

夕暮れの日本海を眺めながら

しばし悠久のかなたへ

思いをはせました。

 

 

この後文芸の小径へ

 

気高町出身の女流作家

田中古代子や

気高町出身の日本画家

浜田台児の石碑の前で

ボランティアガイドの

河根裕二さんの説明を聞きました。

 

そのあとは浜村海岸へ

 

 

 

 

 

当日浜村海岸では

京都造形芸術大学の学生が

フィールドワークで

サンドアートを作成しており

ろうそくでライトアップされた

幻想的な世界を楽しみました。

 

 

ページ上部へ

 

サイト内リンク



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
気高町総合支所 地域振興課
電話0857-82-0011
FAX0857-82-1067
メールアドレスkt-chiiki@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ