Tottori City News Letter   
とっとり市報2010年10月
    

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット
10月の番組ガイド

鳥取市行政番組
『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土
鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。
▽まちづくりフォーラム
▽市民体育祭閉幕
▽山陰海岸ジオパーク
▽市民美術展作品紹介(写真)
写真
今年6月に開幕した市民体育祭

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週日・月・水・木
写真 イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。
 
いなばぴょんぴょんネット 自主制作番組
農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木
 西条柿や富有柿の出荷や恒例の「とっとりきのこ祭り」の様子、実りの秋の豊作を祝う行事をお伝えします。

地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月
 芸術や文化の秋を迎え、市内各地の伝統芸能を守る公民館活動やまちづくり活動を紹介します。

生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火
 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。

手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月
 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。

地デジの準備をお願いします!
 アナログ放送は平成23年7月24日に終了し、地上デジタル放送に完全移行します。視聴方法など詳しくは、ご加入のケーブルテレビ局にお問い合わせください。

 情報をお寄せください!
 いなばぴょんぴょんネット  TEL (0857)22-6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。

http://www.inabapyonpyon.net


目次へ戻る このページの上部へ
 

中山間地域対策強化方針シリーズ3
国府町上地(わじ)地区の取り組み

 上地地区は鳥取市の東に位置し、扇ノ山のふもとの2集落、上上地(かみわじ)・上地で、人口126人、50世帯、高齢化率は約60パーセントに達してい ます。その2集落で、「扇の里村づくり推進委員会」が結成されたのが平成5年。子どもから高齢者まで集まり、「何とかこの村を賑やかにしたい!」という思 いで「夜なべ談議」と称し、話し合いを行ったのが集落活性化の始まりでした。
  今では、「扇の里村づくり推進委員会」を核にして、地区全体で行う農業体験交流「わじっこ倶楽部」や、農家関係者を中心とした京ヶ原水路の清掃ボランティ ア「棚田保全応援隊」、地元で採れた農作物を使って特産品づくりに取り組む「扇の里グループ」、遊休農地を利用して菜種油を作る「菜の花ボランティア」な ど、子どもから大人まで楽しめるグリーンツーリズムで、都市との交流事業を積極的に行っています。

扇の里交流館の完成
  平成20年3月、都市との交流活動拠点「扇の里交流館」が完成。この交流館の完成により、イベント時の集客力が高まり、年間1,000人以上の参加者を迎えています。


写真
「わじっこ倶楽部」の活動


まだまだ頑張る!!
  扇の里交流館の完成により活動の拠点が整った上地地区では、山陰海岸ジオパーク扇ノ山ジオエリアの特色を活かし、さらなる観光資源の開発、交流人口の増加を目指しています。現状維持ではなく、攻めの気持ちで活動を行っている上地地区の今後の発展が楽しみです。


写真
「棚田保全応援隊」の昼食会


問い合わせ先
国府町総合支所地域振興課 TEL:0857-39-0555



目次へ戻る このページの上部へ
 

日本海形成のダイナミズムを体感 山陰海岸ジオパーク

学ぼうよ!楽しもうよ!体験しようよ!

湖山池に出かけよう!
  湖山池は、山陰海岸ジオパークのジオスポットで、沿岸部の湖山砂丘の発達により形成された潟湖です。その広さは池と名のつくものでは日本一です。
(周囲18キロメートル、面積6.7平方キロメートル、最大水深6.5メートル)

湖山池情報プラザへようこそ
  湖山池情報プラザでは、湖山池の成り立ちや江戸時代前期から伝わる伝統漁法「石がま漁」などの話をアドバイザーから聞くことができます。
  また、野外体験として、昆虫採集や押し花づくり、葦を使った紙すき体験のほか、湖山池クルージングなども行っています。


写真
湖山池クルージング

写真
葦を使った紙すき体験

湖山池情報プラザ
場所 鳥取市高住754-17
時間 10:00〜16:00(休館:水曜日)
料金 入館無料。体験料は別途要(要予約)
TEL:0857-31-2900
HP http://blog.goo.ne.jp/koyamaike_jp


写真
アドバイザー 遠藤浩明(えんどう ひろあき)さん



第3回らっきょうの花フェア開催!
日時 11月3日(水・祝)10:00〜15:00
場所 鳥取砂丘市営駐車場ほか
内容 らっきょう加工品の販売、料理実演、らっきょうの花畑散策・花摘み、カレーの販売・食べ歩き、ゆるキャラ写真撮影会、らっきょうの花で小物づくりなど



問い合わせ先
市役所駅南庁舎高齢社会課  TEL:0857-20-3453
各地域包括支援センター・各総合支所市民福祉課



目次へ戻る このページの上部へ
 

Vol.5 鳥取砂丘砂の美術館通信

芸術の秋…砂像のたのしみ方

  砂の美術館では、自分で砂像を作る体験もできます。はじめは崩れないように恐る恐る削りはじめるものの…。すぐにその感触と形の変化に夢中になってしまい ます。体験は、子どもから大人までどなたでもできます。「芸術の秋」に、ぜひ自分だけのオリジナル砂像を作ってみはいかがでしょうか?

写真
オリジナル砂像を作ろう


砂像制作体験
料金 鉢植えサイズ500円
バケツサイズ700円
時間 13:30〜20:00(時間外は要問い合わせ)
所要時間 約60分
10人以上の場合は1週間前までに予約が必要です。
※作品のお持ち帰りはできません。

◆お知らせ◆
10月9日(土)〜19日(火)まで、砂の美術館総合プロデューサー 茶圓勝彦(ちゃえん かつひこ)さんによる砂像公開制作が行われます。第2期、第3期展示から続く「砂漠の民」の最新作を制作していただきます。プロの技と表情を、ぜひ間近でご覧ください。

写真
第3期展示制作の作品

◆予告◆
今年も「クリスマス特別企画」の開催が決定しました!12月12日〜26日まで、砂の美術館がロマンチックに変身します。詳細は来月号でお知らせします。

お問い合わせ先
鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり
TEL:0857-20-2231
FAX:0857-20-2232
公式ホームページ http://www.sand-museum.jp/



目次へ戻る このページの上部へ
 

消費にまつわる不安解消!

file007 展示会商法にご注意ください
【事例】
安価な日用品の販売をチラシで知り、日用品の購入目当てに特設会場へ出かけたところ販売員に取り囲まれて、熱心な説明を受けた。商品の説明を受けるうちにその気になり、高価な羽毛布団を購入した。家に帰って冷静に考えると必要のないものだと思う。解約したい。
【アドバイス】
普段は店舗ではない特設会場での契約でも8日間無条件で契約が解除できるクーリング・オフの対象にならないことがあります。契約をするときには、解約の条 件などをよく確認することが大切です。解約できるかについての相談は、お早めに消費生活相談窓口までお願いします。
  無料や安さにつられて安易に会場に出かけないことが最も有効な予防法です。


問い合わせ先
市役所駅南庁舎 市民総合相談センター
TEL:0857-20-3863



目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

本のリサイクル市 本のリサイクルにご協力を
とき 10月30日(土)
31日(日)
10:00〜16:00
※当日9:00から入場券を配布します。
ところ 中央図書館 多目的ホール
内容 図書館やご家庭で不要になった本を無料でさしあげます。

◆持ち込み受付◆
10月23日(土)〜10月30日(土)の開館時間内
ご家庭で不要となった本や雑誌を提供いただける人は、中央図書館までお持ちください。
※26日(火)、28日(木)は休館日ですので、受付できません。


わらべうた講座
とき 10月15日(金)10:00〜11:30
ところ 中央図書館 多目的ホール
講師 わらべうたの会「ゆなの木」
定員 50人 ※要申し込み、定員になり次第締め切ります。


鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり
とき
第55回10月2日(土)
講師と演題 
「認知症の正しい理解と効果的な予防」
講師:浦上克哉(うらかみ かつや)さん(鳥取大学医学部教授)
時間 13:30〜15:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
参加費 無料 ※定員40人程度、申し込み不要

問い合わせ先
・中央図書館 【TEL】0857-27-5182 開館時間 09:00〜19:00
(土・日曜は17:00まで)
・気高図書館 【TEL】0857-37-6036 開館時間 10:00〜18:00
・用瀬図書館 【TEL】0858-87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(気高、用瀬図書館のみ)



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報

公開講座  とっとり県民カレッジ連携講座
テーマ シリーズIII 「地球をまもる、生命(いのち)をまもる」
「地球温暖化と私たちの生活」
講師:衣川益弘(きぬがわ ますひろ)さん(環境政策経営学科 教授)
とき 10月2日(土)10:30〜12:00
ところ 県立図書館2階 大研修室 ※参加無料
申し込み 講座の前日までに、電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで問い合わせ先へ


第7回全国高校生環境論文TUESカップ
論文発表会・映画上映会

とき 10月10日(日)13:00〜16:00
ところ 鳥取環境大学 大講義室
内容 I部 入賞論文発表会および表彰会
II部 映画「Oceans(オーシャンズ)」上映会
※参加無料、先着順(定員500人になり次第締め切り)
問い合わせ先
企画広報課
【TEL】0857-38-6704
【FAX】0857-38-6709
【MAIL】kikaku@kankyo-u.ac.jp


第10回学園祭 2010環謝祭
〜『かんしゃ〜いままでありがとう、これからもよろしく』〜

とき 10月23日(土)、24日(日)
内容 模擬店、フリーマーケット、仮装コンテスト、バンド選手権、エコビンゴなど
交通 鳥取駅(南口)より無料シャトルバス運行
問い合わせ先
キャリア支援課 【TEL】0857-38-6712 【FAX】0857-38-6729
環謝祭実行委員会 【MAIL】gakusai@kankyo-u.ac.jp


TOPICS トピックス シリーズvol.33

写真
次世代バイオ軽油運行開始式の様子

鳥取環境大学スクールバスが「次世代バイオ軽油」で走り始めました!
  平成22年2月から本学と株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、社長:手島肇(てじま はじめ)氏)は、「次世代バイオ軽油」の実用化に向けて共同研究※に取り組んでいます。
  鳥取環境大学では、以前より、家庭やスーパー、事業所などから回収した天ぷら油(廃食用油)からバイオディーゼル燃料を精製していますが、精製する際にメ タノールなどの危険薬品を使用する必要や、精製後に発生するグリセリンなどを廃棄処分する必要がありました。「次世代バイオ軽油」はその必要がなく安全で 低価格な製造が可能になります。
  この度、「次世代バイオ軽油」を本学のスクールバスで使用する実証試験を開始することになり、平成22年7月28日に本学で「鳥取環境大学スクールバス次 世代バイオ軽油運行開始式」を行いました。本学スクールバスでの実証試験は、平成22年12月まで行う予定です。
※次世代バイオ軽油の製造技術は、本共同研究とは別に、(株)タクマが独自に行っているものであり、製造技術の開発はこの共同研究の範囲ではありません。
問い合わせ先 企画広報課【TEL】 0857-38-6704





目次へ戻る このページの上部へ
 

対談 市長日記II 外に打って出るシリーズVol.5

平成22年9月4日(土)晴れ
対談者:釧路市長・蝦名大也(えびな ひろや) 氏
場所:釧路市役所市長応接室

写真
蝦名市長と竹内市長の対談風景


両市で新たな経済交流を進めよう

産消協働と域内循環の取り組み
竹内市長 本市では、国内都市交流や環日本海都市交流の活性化を通じて、地域経済の振興を図り、雇用の創出と若者定住の実現に力を入れています。釧路市の現状や取り組みはいかがでしょうか。
蝦名市長 本市の有効求人倍率が0.3という厳しい現状の中で、雇用の場の確保はいちばん大事だと考えています。地産地消を拡大し、北海道全体で「産消協働」という 取り組みを行っています。これは、地域の生産者と加工業者や住民が連携、協働しながら地域の生産物や自然、人材、技術などを地域で消費し、活用すること で、地域内のお金やモノの循環を高める取り組みです。水産物の振興策としては、一昨年からパッケージや塩分濃度などの統一化を図り、「釧路ししゃも」をブ ランド化して売り出す仕組みを作りました。

より一層の連携と経済交流を
竹内市長 鳥取士族513人が、明治17年と18年に、賀露港を出発して北海道に渡り、苦労の末、鳥取村を創始しました。鳥取村はやがて釧路市の一部となり、鳥取市 と釧路市は昭和38年に姉妹都市となりました。最近では「釧路大漁どんぱく」での物産販売や、鳥取しゃんしゃん祭りへの「釧路鳥取傘踊り保存会」の参加な どの相互交流が続き、3年後の平成25年には50周年を迎えます。本市との交流に対する市長の想いなどについてお聞かせください。
蝦名市長 文化や伝統などの交流は、これからも一層関係を強めていきたいですね。また、市場経済は大都市圏を中心に動いていますが、地方の優れたものを直接地方へ流 通できる形態ができればと思っています。鳥取市が交流を進めておられる岡山市とは、釧路市も昭和55年から観光や物産を通じた交流を行っています。釧路市 と鳥取市、岡山市の優れた多様な物産が、お互いに容易に手に入れられる仕組みが作れるよう、交流を進めたいと思います。
竹内市長 新たな経済交流の展開ですね。ぜひ、進めていきましょう。そのためにも、蝦名市長さんも、鳥取市をぜひ一度訪ねてください。最後に、釧路市の魅力について、鳥取市民へのメッセージをお願いします。
蝦名市長 「涼しい釧路で避暑生活」をテーマに、夏の間、クーラーのいらない釧路で過ごしていただく移住、二地域居住の取り組みを進めていますので、鳥取市民のみなさんにもぜひお越しいただきたいと思います。
※対談内容を抜粋・要約して掲載しています。

写真
釧路市の鳥取神社の境内にある
鳥取開村記念碑の前にて

写真
「釧路大漁どんぱく・Oh!!さかなまつり」で
あいさつする竹内市長




目次へ戻る このページの上部へ
 

表紙写真解説

河原町でスカイスポーツの祭典
9月11日(土)、河原町の霊石山で「霊石山フライトフェスティバルinかわはら 第14回八上姫(やかみひめ)ジャパンレディースカップ&第4回大国主命(おおくにぬしのみこと)メンズカップ」が開催されました。当日は、ハンググライ ダーとパラグライダーの競技が行われ、市内はもとより遠く茨城県などから64人がエントリー。飛行距離や高度、着地点中心地までの近さを競いました。

写真

参加者の最高齢は、大阪府からエントリーした「エモジイ」こと江本克廣(えもと かつひろ)さん(60歳)。若いころから色々なスポーツを経験したきたそ うですが、ここ20年はハンググライダーばかりやっているとのこと。「飛び立つ前の緊張感と、飛んでいる最中のゆったりとした気分がたまらない」そうで す。

写真

印象的だったのが、この競技を通して老若男女が分け隔てなく交流していることです。趣味を持つことが人生をいかに豊かにしてくれるかということを、今回の 取材で実感しました。この大会が末長く続き、鳥取市河原町が「スカイスポーツのメッカ」と呼ばれる日が来ることを願ってやみません。

写真




目次へ戻る このページの上部へ
 

公園へ出かけよう3

浜村砂丘公園(はまむらさきゅうこうえん) ヤサホーパーク
(JR浜村駅から徒歩5分)
鳥取市気高町浜村

写真

コメント
  気高町に平成16年度より整備されている浜村砂丘公園は、地域のみなさんから「ヤサホーパーク」と呼ばれ親しまれています。「ヤサホー」とは、地域で踊り継がれている民謡「貝がら節」の一節にある掛け声のこと。
  この公園の小高い丘からは海と鷲峰山(じゅうぼうさん)が望めます。先日は、傾斜を利用したステージで野外コンサートが開かれました。また、遊具や休憩所もありますので、小さなお子さんからご年配の人までのんびり過ごすことができます。
  今年の夏は猛暑で外出を控えていた人も、暑さも和らいだ青空の下、静かに秋の訪れを感じてみるのもいいかも。
☆進入路が舗装工事中ですが、トイレは使用できます。
☆その他の工事施工区域には入らないでください。


写真

データ
駐車場 12台(無料)
トイレ あり
ベンチ あり
テーブル あり


写真

■問い合わせ先
(財)鳥取市公園・スポーツ施設協会
TEL:0857-21-5532




目次へ戻る このページの上部へ
 

食 魚メニュー編Vol.2

いわしの香り漬け

簡単にできる魚メニューの一品を、8回シリーズで紹介します。

写真 いわしの香り漬け

食生活改善推進員連絡協議会 用瀬支部

一口メモ…魚の水気はしっかり取りましょう。また、切り込みを入れて揚げることで、中骨まで食べられます。

毎月19日は「食育の日」です。「いただきます。」のこさず食べて、元気な体

材料(4人分)
いわし 8尾
30g
小麦粉 大さじ2
大さじ4
揚げ油 適量
醤油 大さじ1
土生姜 30g
砂糖 大さじ1.5

1.いわしは頭と内臓を取り流水でよく洗う。ペーパータオルなどで水をとり1cm間隔の切り込みを中骨まで入れる。
2.小麦粉を薄くまぶし、中温の油でカラッと揚げる。
3.千切りにした生姜と調味料を混ぜ合わせておいた漬け汁に揚げたいわしをくぐらせる。
4.お皿にいわしを盛りつけ、上に漬け汁の生姜と小口切りにした葱をたっぷりと盛り、漬け汁をかける。

1人分
エネルギー 374kcal
たんぱく質 24.6g
脂質 23.7g
塩分 1.0g



目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で5名様にプレゼントします。


写真
黒せんべい1袋・黒らっきょう1瓶のセット
黒らっきょう・黒せんべい

 福部産の生らっきょうを蒸し焼き・熟成させた真っ黒な「黒らっきょう」は抗酸化力が生の195倍!まるでプルーンのような味わいです。「黒せんべい」は、黒らっきょうを20%、鳥取県産米粉に練り込み焼き上げたせんべいです。

【賞品提供】 野菜畑のシンデレラ
【TEL】0857-30-3501


応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 10月24日(日)(当日消印有効)

応募先 〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
【MAIL】shihou@city.tottori.lg.jp
「とっとり市報読者プレゼント」係
※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市報・公告」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。




目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆「シリーズ公園へ出かけよう」にたくさんお便りをいただきました。子どもが小さい頃、私もよく出かけていて、我が家のお気に入りは「真教寺公園」でし た。ここは都市公園ならではの洗練された美しさがあります。ここ以外にも中心市街地には、たくさんのお宝がありますから、これからもどんどんお伝えしてい きます。お楽しみに(裕)

◆日中はまだまだ暑い日が続きますが、朝晩は少しずつ涼しくなり、過ごしやすくなってきました。気候の変化で体調を崩さないよう気をつけましょう。秋とい えば「○○の秋」という言葉がありますね。食べ物、芸術、スポーツと10月は色々なところでたくさんイベントが行われます。気になるイベントがないかしっ かりチェックですよ!(め)




目次へ戻る このページの上部へ