このページではJavaScriptを使用しています。

児童虐待防止について

 児童虐待ってどんなこと?

 そんなつもりはなかった・・・でも、子どもにとっては「虐待」です。子どもの立場で考えてみましょう。

 

 児童虐待は、親や親にかわる養育者(同居人)等の、子どもに対する次の4つの行為をいいます。

 

◆身体的虐待・・児童の身体に暴行を加えることなど

 殴る、ける、叩く、たばこの火を押し付ける、首を絞める、熱湯をかける、異物を飲ませる、家の外に閉め出すなど

 

◆ネグレクト(養育の拒否又は怠慢)・・著しい減食、長時間の放置、保護・監督を怠ること

 適切に食事を食べさせない、風呂に入れない、清潔な衣類を着せない、ひどく不衛生な環境の中で生活させる、病気になっても病院に連れて行かない、車内に放置する、乳幼児を家に置いたまま度々外出する、自宅に出入りする第三者が虐待行為をすることを放置するなど

 

◆性的虐待・・児童にわいせつな行為をすること、させること

 子どもへの性的行為の強要、性器や性交を見せる、ポルノ写真のモデルにするなど

 

◆心理的虐待・・児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

 言葉によるおどし、子どもの心を傷つけるようなことを繰り返し言う、無視する、きょうだい間での差別的な扱いをする、子どもの前で配偶者に暴力をふるう、子どものきょうだいに虐待行為を行うことなど

こんなサインに気づいてください!

 虐待を受けている子どもたちには、様々な兆候が表れてきます。一見、問題行動ととらえられるような行動の背景には、虐待があるかもしれません。虐待の苦しみを様々な行動や態度で表現しているかもしれません。子どもたちのなにげない行動や態度から、子どもたちの助けてという「小さなサイン」を受け止めてください。

 

【子どもの行動や状況】

・理由もなく、連絡をしないで保育園や学校をよく休む

・髪の毛、顔、手足が不潔でにおいがする

・季節に合わない衣服や不潔な衣服を身につけている

・身体に不自然なケガ、傷跡、やけどなどがみられる

・表情が乏しい、無表情、笑わない

・集団から離れ、孤立していることが多い

・他人をしつように責めたり、動物をいじめたりする

・年齢不相応の性的な言葉や行為がみられる

・他者との身体接触を怖がる

・特に病気ではないのに身体的発達が著しく遅れている

・脱水症状や栄養不良がみられる

など

 

【保護者・養育者の行動や状況】

・大声で怒鳴ったり叱ることがあり、たたく音や叫び声がする

・しつけと言って殴る、蹴るといった行為がみられる

・いつもイライラして、子どもに当り散らしている

・子育てに疲れている様子が見られる

・子どものケガや傷跡などの説明が不自然である

・寝具や衣類などの清潔への配慮がみられない

など

虐待を受けていると思われる子どもを見かけたら・・・

 子どもの様子が気になる、いつもと違う、もしかしたら虐待を受けているのではないかと感じたら、すぐに鳥取市こども家庭支援室や児童相談所に通告・相談してください。

 間違いであっても責められることはありません。プライバシーも守られます。

 

◎鳥取市こども発達・家庭支援センター

   日時:月曜日~金曜日(年末年始・祝日は休み)

      午前8時30分~午後5時15分

   電話:0857-20-0122

◎鳥取県中央児童相談所

   日時:月曜日~金曜日(年末年始・祝日は休み)

      午前8時30分~午後5時15分

   電話:0857-23-1031

※緊急の場合は、中央児童相談所で24時間受け付けします。

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉保健部 健康・子育て推進局 子ども発達・家庭支援センター
電話(0857)20-0122
FAX(0857)20-0144
メールアドレスkosodate@city.tottori.lg.jp