Tottori City News Letter   
とっとり市報2010年12月
    

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット
12月の番組ガイド

鳥取市行政番組
『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土
鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。
【特集】
▽鳥取市政十大ニュース
▽砂の美術館クリスマスアートプロジェクト
&鳥取砂丘イリュージョン8
▽市民活動フェスタinとっとり
▽市民美術展作品紹介(工芸)
写真
昨年の
「鳥取砂丘イリュージョン」

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週日・月・水・木
写真 イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。
   
 
いなばぴょんぴょんネット 自主制作番組
農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木
 二十世紀梨のせん定など、来年の収穫に向けた農作業の様子や、正月の準備に忙しい農村の話題などをお送りします。
地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月
 市内各地の正月準備の様子や、取材映像で今年の1年を振り返ります。

生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火
 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。

手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月
 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。

鳥取市コミュニティデータ放送が始まりました!
鳥取市の行政情報や地域情報など生活に密着した情報が、地デジテレビやSTBなどのリモコンを操作することで、ご家庭のテレビで手軽にご覧いただける「鳥 取市コミュニティデータ放送」がスタートしました。操作方法など詳しくは、ご加入のケーブルテレビ局にお問い合わせください。

 情報をお寄せください!
いなばぴょんぴょんネット  TEL (0857)22-6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。

http://www.inabapyonpyon.net


目次へ戻る このページの上部へ
 

中山間地域対策強化方針シリーズ5
トットリ・アフトピア協会の取り組み

 昭和61年(1986年)、鳥取市にむらづくり研究会が設立され、自然と人と文化を大切にし、都市と農村の共生を目指した21世紀に向けた新しいむらづ くり運動として 「アフトピア・トットリ21」 がスタートしました。この後、運動の推進主体となったのがトットリ・アフトピア協会です。
トットリ・アフトピア協会は、市内各地区のむらづくり会議、農林漁業関係団体、加工グループなどが会員となり、平成元年に設立されました。収穫期には、各 会員により「ふるさと市」「ふるさとの味祭り」などを開催し、むらの農産物などが直接販売されるなど、多くの市民に喜ばれています。この取り組みと連携し て、市街地と農村との交流を行う「まちとむらの交流」も始まり、現在も積極的に取り組んでおり、新たな地域間交流も始まっています。
昭和63年から、秋の収穫祭として始まった「とっとりイモコンフェスティバル」は、鳥取藩の伝統料理「イモコン鍋」や、本市で収穫された農林水産物や加工 品、農林漁業者の手作り料理のPRや販売など、生産者と消費者が一体となって楽しめる地産地消イベントとなっています。
また、アフトピア協会加盟団体の自慢の一品を詰め込んだ「ふるさと宅配便」を年間4回、全国に発送しており、鳥取市の四季の特産品はふるさとの味として大好評です。申し込みは随時受け付けていますので、ぜひご利用ください。


写真
美保・美保南ふれあい広場でおこわ作り


写真
イモコン鍋料理の様子


問い合わせ先
市役所第二庁舎農業振興課  TEL:0857-20-3233



目次へ戻る このページの上部へ
 

消費にまつわる 不安解消!

file009 帰省した二人暮しの両親宅に布団が10組も…

 【事例】 正月に帰省したところ、ダンボールに入った新品の布団が10組置いてあった。両親に聞いてみると、訪問販売員に勧められ購入し、買いすぎたと両親も後悔している。契約から7カ月経過しているが解約できないか。
【アドバイス】 平成21年12月の法改正により、訪問販売で日常生活において通常必要とされる分量・回数・期間を著しく超える同種の商品を購入した場合は1年以内であれ ばその契約を解除することができるようになりました。解約を希望される場合にはお早めに市民総合相談センターに相談してください。
高齢者の消費者被害は年々増加しており、周りの人からの「気づき」によって被害が分かることが多い傾向にあります。「高齢者が悪質商法被害にあっているのでは?」と思われることがあれば、お気軽に市民総合相談センターにご相談ください。


問い合わせ先
市役所駅南庁舎市民総合相談センター  TEL:0857-20-3863



目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

グリムをもっと楽しもう
子どもから大人までグリムの昔ばなしや読み聞かせの催しです(ハンドベルの演奏もあります)。

とき 12月23日(木)14:00〜15:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
内容 ▽スライドを見ながらドイツの国際交流員ミ ヒャエル・シュルツさんの案内でグリムの 昔ばなしや、グリム兄弟とゆかりの深いメルヘン街道を紹介。
▽グリムの絵本の読み聞かせ、スト-リ-テリング
対象 子どもから大人まで


★ 年末年始の休館日について ★

 年末年始は以下のとおり休館します。
とき 12月28日(火)〜平成23年1月4日(火)
※平成23年1月5日(水)からは平常どおり開館します。12月28日(火)・1月4日(火)は定例休館日です。

おねがい
 閉館中に本を返却される場合は時間外返却ポストをご利用ください。
紙芝居や大型絵本、CDなどは壊れやすいので、ポストには返さず、開館中にカウンタ-へ直接返却してください。

鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり
とき 講師と演題
第57回
12月4日(土)
「大学入試の現状と課題」
講師:清水克哉(しみず かつや)さん(鳥取大学センター長)

とき 13:30〜15:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
料金 無料 ※定員40人程度、申し込み不要


問い合わせ先
・中央図書館 【TEL】0857-27-5182 開館時間 09:00〜19:00
(土・日曜は17:00まで)
・気高図書館 【TEL】0857-37-6036 開館時間 10:00〜18:00
・用瀬図書館 【TEL】0858-87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(気高、用瀬図書館のみ)




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報

平成22年度鳥取環境大学特別企画 国際シンポジウム
テーマ 「美しい海を取り戻そう-日本、韓国、マレーシアの取組-」
とき 12月3日(金)13:00〜16:10
ところ 鳥取環境大学 大講義室(11講義室) ※参加無料
申し込み 講座の前日までに、電話・ファクシミリ・ 電子メールのいずれかで問い合わせ先へ
問い合わせ先 鳥取県環境大学サステイナビリティ研究室
TEL:0857-38-6701 FAX:0857-38-6709 MAIL:kikaku@kankyo-u.ac.jp

公開講座
とっとり県民カレッジ連携講座

テーマ 「太陽熱、地熱を利用した建築」
講師:遠藤由美子(えんどう ゆみこ)さん(建築・環境デザイン学科 准教授)
とき 12月4日(土)13:30〜15:00
ところ 県立図書館 2階大研修室 ※参加無料
申し込み 講座の前日までに、電話・ファクシミリ・ 電子メールのいずれかで問い合わせ先へ
問い合わせ先 企画広報課 TEL:0857-38-6704
FAX:0857-38-6709  MAIL:kouryu@kankyo-u.ac.jp

シリーズvol.34鳥取環境大学
http://www.kankyo-u.ac.jp/
E-mail kikaku@kankyo-u.ac.jp

海ごみ問題には国際協力が不可欠!
本学では、平成21年度から3年間にわたり環境省の補助を受け、「日本海に面した海岸における海ごみの発生抑制と回収処理の促進に関する研究」に取り組んでいます。
日本海の海ごみ問題を解決するには、日本海に面している国々と問題を共通認識し、一緒に取り組む必要があることから、平成21年11月に韓国を訪問。日本 と同様に、韓国でも海ごみ問題に頭を悩ましていました。韓国の南西地方には東南アジア諸国からの海ごみがたくさん漂着しているそうです。
海ごみの問題は日本だけではなく、近隣国の韓国、マレーシアでも深刻な問題となっており、海ごみの効果的な発生抑制や円滑な処理を図るためには、近隣諸国 関係者などさまざまな立場の方々と連携していくことが重要です。そのため、12月には、国内外の専門家、NGO、行政関係者などをお招きし、海ごみ問題に おける国際協力を考える機会として、国際シンポジウムを開催し、情報交換や意見交換を行います。
写真
韓国国土海洋部海洋保全課でのヒアリングの様子


■問い合わせ先
企画広報課 TEL:0857-38-6704




目次へ戻る このページの上部へ
 

市長日記II
Vol.7外に打って出るシリーズ

平成22年10月18日(月)晴れ

対談者:(株)ベネッセホールディングス取締役会長・福武 總一郎(ふくたけ そういちろう) 氏
場 所:(株)ベネッセホールディングス神保町オフィス

写真

“人生の達人”高齢者の笑顔があふれるまちをめざせ!

福武總一郎氏の実践

 瀬戸内海に浮かぶ「直島」をご存知でしょうか。周囲が16キロメートルの小さな島に約3400人が住んでいます。この直島に、岡山市に本拠地を置くベ ネッセグループが、直島文化村構想の一環として、国際キャンプ場を開設したのが平成元年。以来20数年間、福武氏は建築家の安藤忠雄(あんどう ただお)氏とともに古い民家や廃屋などを展示場として企画し、現代アートで地域を再生されています。
社名の「ベネッセ」は「よく生きる」を意味しています。社の方針の一つの「年をとればとるほど幸せになるサービスの提供」を、福武氏は直島で実践されまし た。過疎の島から現代アートの聖地として一躍有名になった直島。そこには、住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんの元気な笑顔があふれています。今では、 1年間に40万人近いお客様が直島を訪れています。

小さな地域でこそできることを
山 陰海岸ジオパークの世界ジオパークネットワーク加盟や、砂の美術館を拠点とした砂像文化の新たな展開についてお話ししたところ、砂という自然の素材を活か した取り組みとして評価をいただきました。他にはない基本的な地域のあり方を明確にすると、それに賛同した企業が集まり、地域を元気にし、富を創造すると 福武氏は強調。
また、「地産地消」と「自給自足」という言葉を何度も口にされました。美味しいものは外に出さないで、地元に来て食べてもらうことが重要だとのこと。鳥取 市には、鳥取砂丘をはじめとする自然、温泉、梨、お米、野菜など、たくさんの材料が豊富にあることを前置きされ、特に温泉と砂丘を組み合わせ、国内だけで はなく、世界に向けて情報発信することにより、世界の人を迎えることが可能だとアドバイス。
さらに、「企業誘致、観光誘致はしないほうがいい。人口は少ないほうがいい。競争は人を幸せにするものではない」ときっぱり話されました。鳥取県や香川県のような、小さな県に住む人々のほうが幸せになれるのだとも。

人と自然が息づくまちを
福 武氏は、今年「瀬戸内国際芸術祭」の総合プロデューサーを務められました。瀬戸内海の7つの島の豊かな自然、そこに暮らす人々、その土地ならではの食や文 化をアートとして表現。訪れた多くの人が、心の豊かさを実感されたのではないでしょうか。本市も、鳥取砂丘の大自然がもたらした砂を素材とした砂像文化を 確立し、人と自然の関係が豊かに息づくまちをめざします。




目次へ戻る このページの上部へ
 

表紙写真解説

厳しい経済状況の中、
鳥取市が元気になる取り組みを。



写真

 11月1日(月)、鳥取商工会議所の臨時議員総会が開かれ、新しい会頭に副会頭の清水昭允(しみず てるみつ)氏((株)清水代表取締役)が選任されました。また、会頭を3期(7年3カ月)務められた八村輝夫(はちむら てるお)氏((株)鳥取銀行特別顧問)に感謝状が贈呈されました。
 新会頭に選任された清水氏は平成13年から3期にわたって副会頭を務め、この間、新会館建設特別委員会委員長として八村会頭を補佐し、鳥取産業会館の建設に尽力しました。

写真

 清水氏は就任のあいさつで「経済状況は厳しいが、鳥取市が元気になるよう全力を挙げて取り組みたい」と抱負を述べました。
 本市も、鳥取自動車道の開通を活かし、世界ジオパークネットワークに認定された、山陰海岸のジオスポットの一つである「砂の美術館」を中心とした砂像の まちづくりを推進していくとともに、ガイナーレ鳥取の活躍を核とした観光・経済の活性化を図ります。

写真




目次へ戻る このページの上部へ
 

公園へ出かけよう5

ニュータウン中央公園 芝生広場
鳥取市若葉台北5丁目(若葉台北5丁目バス停隣)

写真

コメント
 鳥取環境大学を望む、つのいニュータウン中央公園は、大池調整池に隣接する緑豊かな公園です。
 訪れた日は気候も穏やかで、カエデの紅葉が、ちょうど見ごろでした。一面の芝生広場は楕円形のユニークな形をしていて、なぜか心が安らぐ不思議な空間。 遊具は小さなお子さん向きで、2〜3歳くらいの坊やが傾斜の緩い滑り台に夢中になっていました。
 今年の夏は猛暑で、葉が日焼けしないかと心配しましたが、こうしてきれいな紅葉を見せてくれると、自然に感謝し、思わず「ありがとう」と言いたくなりますね。
☆修繕中の遊具は使用しないでください。
☆公園内では犬を放さないでください。

写真

データ
駐車場 25台(無料)
トイレ あり
ベンチ あり
テーブル あり

写真

■問い合わせ先
(財)鳥取市公園・スポーツ施設協会
TEL:0857-21-5532





目次へ戻る このページの上部へ
 

食 魚メニュー編Vol.4

かれいの野菜あんかけ

簡単にできる魚メニューの一品を、8回シリーズで紹介します。

写真 かれいの野菜あんかけ

食生活改善推進員連絡協議会 国府支部

一口メモ…小麦粉を払い落とすとカラッと揚がり、油も控えられます。

毎月19日は「食育の日」です。「いただきます。」のこさず食べて、元気な体

材料(4人分)
カレイ 4尾
(4)パプリカ 60g
少々
だし汁 2カップ
小麦粉 適量
砂糖 大さじ1
揚げ油 適量
大さじ1
(1)干しシイタケ 15g
しょうゆ 大さじ1.5
(2)ニンジン 50g
片栗粉 大さじ1.5
(3)ホウレン草 90g
大さじ3

1.カレイはウロコとぬめりを取り、裏の胸びれの下に切れ目を入れ、表から内臓を取り除き、塩を入れた水で洗い、水気を拭き取る。斜めに深く切れ込みを入れて小麦粉をまぶす。揚げ油を180度に熱し、カラッと揚げる。
2.(1)はぬるま湯で戻し、石づきを取って薄切りに。(2)は3cmの長さに切り、1cm幅の薄切りに。(3)は塩を入れた熱湯で色よく茹でて水にとり、絞って3cmの長さに切る。(4)は薄切りにする。
3.鍋にだし汁を入れ、煮立ったら(1)(2)を加えてAで味付けする。さらに(3)(4)を加えて味をからませ、火を弱め水溶き片栗粉を加え、とろみがついたらカレイの上にかける。

1人分
エネルギー 269kcal
たんぱく質 20.0g
脂質 13.5g
塩分 1.1g



目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で5名様にプレゼントします。


写真
鳥取のはと麦茶1箱(7g×24袋)
鳥取のはと麦茶

自然環境豊かな鳥取市、八頭町、岩美町で栽培されたハトムギを100%使用した「はと麦茶」です。爽やかで香ばしい風味のはと麦茶はノンカフェインですので、お子さんも安心してお飲みいただけます。

【賞品提供】 (株)ゼンヤクノー
【TEL】0857-28-2521


応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 12月24日(金)(当日消印有効)

応募先 〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
【MAIL】shihou@city.tottori.lg.jp
「とっとり市報読者プレゼント」係
※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市報・公告」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。



目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆第2回鳥取砂丘検定を中1の長男、中3の長女と一緒に受けました。当日の朝、長女と砂丘を散策し午後の検定に備えました。散策には小2の次女もが加わり ピクニック気分。梨ソフトを食べながら、「合格したら、今度は海鮮丼と梨ジェラートを食べよう」ということになりました。今から12月1日の結果発表が待 ち遠しいです。(裕)

◆市報の編集をしていると、鳥取市内でのたくさんの情報を知ることができるので、パソコンに向かいながら「こういうこともあるんだ」、「これは気になるな あ」と毎号発見があったり、情報の幅が広いので勉強になることも多いです。市報を作っていく中で、様々な分野の情報をよく読み鳥取市がどうなっているかを 把握していきたいと思います。(め)



目次へ戻る このページの上部へ