このページではJavaScriptを使用しています。

第42回 青谷地域審議会


日時:平成22年10月21日(木) 15:00~16:20

場所:青谷町総合支所多目的ホール

 

 

【出席委員】

 亀谷勝彦、前田保幸、房安一也、前家直樹、今崎美恵子、宮尾由紀子、山崎年憲、伊藤茂樹、川内美智子、高橋克己   (敬称略)

 

 

【欠席委員】

 北村由香里、瀧洋子、大谷操、芦川浩史、長谷川英二   (敬称略)

 

 

【事務局】

 西村支所長、森下副支所長兼地域振興課長、秋田市民福祉課長、中宇地産業建設課長、堀尾教育委員会分室長兼中央公民館長、大前地域振興課主査

 

 

◎ 会議次第 ◎

1 開会

 

2 会長挨拶

 

3 議題

(1)第9次鳥取市総合計画(案)について

 

4 その他

 

5 閉会

 

 

◎ 議事概要 ◎

1 開会 15:00

 

 

2 会長挨拶

 

 

3 議題

(1)第9次鳥取市総合計画(案)について

【事務局】

(第9次鳥取市総合計画(案)について「資料1」により説明)

 

<ダウンロード>

→ 資料1:第9次総基本構想基本計画(案)(18.0MB)(PDFファイル)

→ 追加資料:市民政策コメント チラシ(164KB)(PDFファイル)

→ 追加資料:概要版(2.61MB)(PDFファイル)

 

【委員】

 計画のスケジュールによると実施計画の市民政策コメントをするようになっているが。

 

 

【事務局】

 基本構想が議会の承認事項ですので、実施計画の市民政策コメントは無いようです。

 

 

【委員】

 国の人口は今後10年間で3.5%減少するのに、市は2.5%の減少と予測されている。この差はなぜか。

 

 

【委員】

 青谷町の10年後の推計人口は出てないのか。将来の周辺部のあり方を検討するためにも推計していないと意味がない。

 

 

【委員】

 基本計画で感じたことは、中心市街地に特化してつくられているように思われる。中心市街地以外にも目を向けた基本構想や基本計画であって欲しい。

 例えば、27頁に青谷海岸・井手ヶ浜海岸の「鳴り砂」の浜の保全を入れて欲しい。全国的に珍しく、県下では唯一の「鳴り砂」の浜であり地域住民はこの浜の環境保全に取り組んでおり、市としてもっと保全と宣伝に力を注ぐべきである。74頁も同じことがいえる。

 87頁の工業振興では、「農商工林漁・産官学連携など・・・」とすべきではないだろうか。今は農商工だろうが、10年のスパンで考えると林業・漁業も入れておくべきだと思う。

 88頁の企業誘致では、市全域の発展も考慮して「遊休公共用地の利用を考えた企業誘致」を入れて取り組んで欲しい。

 90頁には、長期展望に立って「移動販売の推進と支援策の検討」を盛り込んではどうだろうか。

 

 

【委員】

 移動販売車については、岩美町で来月から始める。JAと国府と連携してやりたいので、是非とも計画に入れて欲しい。

 

 

【委員】

 青谷にはコンビニがない。コンビニ払いは非常に便利である。移動販売において、コンビニ払いを取り扱うようなことにはならないか。

 

 

【事務局】

 移動販売車における助成制度はありますので、是非とも取り組んでいただきたい。

 

 

【委員】

 山林や農地の荒廃を守る施策を盛り込んで欲しい。        

 自助努力には限界がある。災害防止の観点からも自主防災組織の充実を図るとともに、人材育成にも力を入れて欲しい。

 児童公園を整備して、子育て支援に繋げて欲しい。

 

 

【委員】

 庁舎の整備で場所とか具体的なことに触れられていない。建設場所によっては中心市街地の対策も変わってくるのではないか。

 

 

【委員】

 地域の人口推計をもとに、その地域にあった施策をしていただきたい。

 

 

【委員】

 こういう大きな計画を決めるときは、地域審議会でも分野別に分けて検討すべきではないか。

 

 

【事務局】

 市民政策コメントもありますが、地域審議会での意見に対しては、後日回答があります。

 

  ◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

4 その他

【事務局からの報告】

 日置、青谷、中郷の3地区で地域づくり懇談会が開催されるので、委員の皆さんへの参加呼びかけと、青谷ようこそまつりが10月30日と31日の二日間開催されるに当たっての来場案内、国際交流の関係で中国太倉市の代表団(4人)が10月26日~29日の日程で鳥取市を訪問し、28日には青谷地域で青谷小学校とあおや和紙工房を訪問し交流を深めることにしていることや、併せて今回の訪問では鳥取市と太倉市の今後の交流に向けての覚書きを締結し、事業を全市展開していくことになりました。また、10月1日、鳥取市市制施行121周年式典が開催され、一般表彰で産業功労により当地域審議会長の亀谷勝彦さんが、交通安全功労で早牛の水砂満則さんが、また、自治功労で農業委員として河原の中原和則さんの3人の方が表彰されました。

 次に、防災行政無線は昭和60年に整備されてから25年以上が経過し、受信機の故障、不具合が頻発しております。現在まで部品を確保し修理してきましたが、メーカーにも部品の在庫が無くなったということです。今後、修理不可能なものについては、新しいものと交換することとしていますが、数に限りがあり、今後不便をおかけすることが出てくることを報告しました。

 教育委員会分室より、上寺地遺跡展示会の外壁、常設展示室の修繕のため臨時休館を11月8日から翌年1月14日まで行い、15日にはリニューアルオープンする予定であること、 また、現在、絹見、引地集落の児童生徒を対象としたスクールバスを一般市民への利用も含め、アンケート調査を実施することなどを報告しました。

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

5 閉会  16:20

 

 

<終了>

 


<ダウンロード>

→ 議事概要(174KB)(PDFファイル)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp