このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市の合併特例債の活用状況について


 合併特例債は、合併後の市町村が市町村建設計画に基づいて行う事業に要する経費について、合併年度及びこれに続く10年度(平成23年度において合併特例債を起こすことができる合併市町村においては15年度)に限り財源とすることができる地方債です。

 

 

 

鳥取市における合併特例債の借入限度額 

54,493百万円 

 
  鳥取市では、合併した平成16年度以降、9市町村の一体性の速やかな確立及び住民の福祉の向上等を図るとともに、新市の均衡ある発展に向けた様々な事業の財源として合併特例債を活用してきました。

  これまでの合併特例債の活用状況については、次のとおりです。


  合併特例債の活用状況(平成29年5月31日現在)(PDF:108KB)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 行財政改革課
電話0857-20-3111
FAX0857-20-3040
メールアドレスgyouzaisei@city.tottori.lg.jp