このページではJavaScriptを使用しています。

病院の地域医療連携室

地域医療連携室って何をするところ?

 病気になって入院し、治療が終わると退院となります。最近は、ほとんどの病院に「地域医療連携室」という部署があります。地域医療連携室は、入院中の病気の相談、医療費や介護保険の相談などから、退院後の転院先の調整や生活についての相談をうけるところです。また、かかりつけ医さんからの紹介の窓口にもなっています。

 

どんな職員がいるの?

 ほとんどの地域医療連携室には、看護師、社会福祉士、メディカルソーシャルワーカーなどの、医療や社会福祉制度の専門スタッフがいます。気軽に相談にお越しください。

 

 地域連携室

より良い「地域医療連携室」をめざして

 鳥取県東部の10病院の地域医療連携室の職員が集まって、それぞれの課題を共有して解決策をいっしょに検討しています。(東部地域医療連携協議会)

 平成22年からは、市の機関(高齢社会課・地域包括支援センター・保健医療福祉連携課)もこの協議会に加わって、地域医療がより良くなるよういっしょに検討しています。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
健康こども部 保健医療福祉連携課
電話0857-20-3914
FAX0857-20-3915
メールアドレスhokeniryo@city.tottori.lg.jp