このページではJavaScriptを使用しています。

市街化調整区域内における日用利便施設と沿道サービス施設の立地基準を改正しました。(施行日:平成23年8月1日)


 

 人口減少・超高齢社会を迎えるなか、市街化調整区域内の既存集落の維持・存続が重要な課題となっています。

 一方で、高速道路の整備により、人と物の動きが大きく変化してきており、これらに起因する廉価な地価を背景とした市街化調整区域の開発行為に対処する必要があります。

 このような背景・趣旨を踏まえて、市街化調整区域の住民の日常生活に必要な物品の販売、加工若しくは修理を営む店舗、事業場等である日用利便施設と道路の円滑な交通を確保するために適切な位置に設けられる道路管理施設、休憩所又は給油所等である沿道サービス施設に関する基準の明確化を図ることとしました。

 

 詳しくは下記の資料をご覧ください

 

 ○審査基準改正の概要

 ○別表1 日用利便施設等該当業種一覧表

 ○別図1 沿道サービス施設の許可対象幹線道路区間図 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 建築指導課
電話0857-20-3281
FAX0857-20-3048
メールアドレスkensido@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ