このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市保健医療福祉連携推進会議の取組み(H22中間まとめ)

 

(1)会議の概要

 

 鳥取市では、保健・医療・福祉の各分野の連携・協力関係の強化のための有効な方策を検討する目的で、それぞれの専門家による保健医療福祉連携推進会議を平成22年10月に立ち上げました。

 

(委員構成)医師会、歯科医師会、薬剤師会、病院地域連携室、訪問看護ステーション、老人福祉施設、老人保健施設、介護支援専門員、市社会福祉協議会、民生児童委員、患者家族会2、県行政、市行政3(16名)

 

(2)開催日時と会議の概要

 

第1回:平成22年10月26日

・会議設置の目的、スケジュール案の説明

・患者家族会からの事例(現状の課題)報告

・各分野・職種の連携に関する現状、課題の報告

第2回:平成22年12月7日

・各機関が参加する協議会等の調査結果の報告

・検討にあたり課題を「各機関や職種間の連携」、「住民とのかかわり・連携」の二つに大別し、具体的な課題の抽出、解決に向けた検討を実施

第3回:平成23年1月25日

・前回会議を踏まえた、課題と解決策の確認、検討

・地域でのネットワーク体制の協議

第4回:平成23年3月29日

・前回会議を踏まえた、解決策の検討

・検討事項の中間まとめ(平成22年度分)

 

(3)連携上の問題点

 

 連携の検討にあたっては、現状の課題を認識し共有することが必要である。さまざまな問題点を、住民へのサービス提供側(各機関や各専門職)の連携と、実際暮らしている地域での住民とのかかわりやかかわる人々の連携、という二つの視点で捉え協議しました。

 

(4)平成22年度の中間まとめ

 

 平成22年度の会議で明らかとなった現状の課題や解決策の検討内容を「中間まとめ」としてまとめました。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
健康こども部 保健医療福祉連携課
電話0857-20-3914
FAX0857-20-3915
メールアドレスhokeniryo@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)