このページではJavaScriptを使用しています。

第45回 青谷地域審議会


日時:平成23年2月22日(火) 15時~17時

場所:青谷地区公民館

 

【出席委員】

亀谷勝彦、前田保幸、房安一也、前家直樹、今崎美恵子、宮尾由紀子、瀧洋子、大谷操、山崎年憲、伊藤茂樹、川内美智子、高橋克己、芦川浩史、長谷川英二  (敬称略)

 

 

【欠席委員】

北村由香里  (敬称略)

 

 

【事務局】

西村支所長、森下副支所長兼地域振興課長、中宇地産業建設課長、竹内水道局営業所長、堀尾教育委員会分室長兼中央公民館長、大前地域振興課主査

 

◎ 会議次第 ◎

1 開会

 

 

2 会長挨拶

 

 

3 議題

(1)第9次鳥取市総合計画実施計画(案)について

   (第8次鳥取市総合計画の主な取組みと数値目標の達成状況)

 

(2)教育委員会分室体制の見直しについて

 

(3)鳥取・国府地域及び青谷地域の水道料金改定に係る水道事業審議会答申について

 

 

4 その他

 

 

5 閉会

 

 

 

◎ 議事概要 ◎

1 開会 15:00 

 

 

2 会長挨拶

 

 

3 議題

【会長】

 議題に入る前に、意見書提出の件で報告をします。

 前回の地域審議会で「青谷中学校は改修の方向で考えられているが、新築していただくよう意見書を出すべきではないか。」ということで、次回の審議会までに意見書を出すこととし、文面は、会長、副会長に一任して2月地域審議会で報告することを確認しましたが、耐震の強度でIs値0.3以下ではないため改築は困難であり、補助金が付かない状況の中で改築するとなれば財源の問題、用地等の問題、またPTAの意見も聴いていない等のため意見書を出していないので、まずはお断りしておきます。意見書を出す前に今月の24日に地域審議会会長会がありますので、その席で青谷地域の課題として一番目に中学校の問題をお話するということで、ご理解をお願いしたい。

 

 

(1)第9次鳥取市総合計画実施計画(案)について

(第8次鳥取市総合計画の主な取組みと数値目標の達成状況)

 

<ダウンロード>

→ 資料:第8次総合計画総括(447KB)(PDFファイル)

  

【事務局】

(第9次鳥取市総合計画実施計画(案)について「資料1」により説明)

 

 

<ダウンロード>

→ 資料1:9次総実施計画(案)(153KB)(PDFファイル)

 

【委員】

 193番の農業集落排水事業で処理場の統合整備があがっているが、青谷での具体的なことは。

 

 

【事務局】

 勝部、中郷を一つの処理場に、栄町のコミュニティプラントを亀尻に統合、日置、日置谷を一つの処理場に統合し、それぞれ最終的には公共下水道に接続するといった構想です。

 

 

【委員】

 180番の地域生活拠点再生事業というのがあるが、これはどういうものか。

 

 

【事務局】

 旧市においては、都市計画区域における基本計画マスタープランというのがありますが、合併地域にはこれがないので総合支所単位にマスタープランを作成するものです。

 

 

【委員】

 180番で青谷は過疎化が著しく、将来が心配される。検討委員会を早く立ち上げて、生活基盤のまちづくり計画を策定されたい。

 

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

 

(2)教育委員会分室体制の見直しについて

【事務局】

(教育委員会分室体制の見直しについて「資料2」により説明)

 

 

<ダウンロード>

→ 資料2:分室体制の見直しについて(138KB)(PDFファイル)

 

 

【会長】

 4月から地域振興課長が分室長を併任するということで、現実には1人減ということになるわけですね。

 

 

【委員】

 青谷町総合支所には、現在、何人職員がいるのか。

 

 

【事務局】

 26人です。

 

 

【委員】

 図書室の扱いはどうなるのか。

 

 

【事務局】

 これまでどおりですが、「市図書館整備計画(提言)」の見直し案の中で、中央公民館図書室を図書館の分室として位置付け、段階的に整備していくよう速やかに検討すべきという提言が出されています。

 

 

【委員】

 総合支所のあり方検討会では、支所職員数の方向性は出ているのか。

 

 

【事務局】

 定員適正化計画における長期目標職員数は、1,258人となっております。平成27年度までに総合支所を含む全庁で113人を減らさなければ目標を達成しないということがあります。

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

  

(3)鳥取・国府地域及び青谷地域の水道料金改定に係る水道事業審議会答申について

【事務局】

(鳥取・国府地域及び青谷地域の水道料金改定に係る水道事業審議会答申について「資料3により説明)

 

 

<ダウンロード>

→ 資料3:H23.2.22_青谷地域審議会資料(水道局)(2.6MB)(PDFファイル)

 

 

【委員】

 平成27年度には鳥取・国府地域の2,016円になるということか。

 

 

【事務局】

 社会情勢とか水の使用状況によっては上がる可能性もあります。

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

 

4 その他

【事務局からの報告】

 地域審議会等の委員報酬を平成23年4月1日から、諸般の事情を勘案して現行の9,000円から7,000円に改正する条例をこれから開催される2月議会に提案することになります。

 

 

【委員からの提案】

 (県立青谷高等学校の志願者数について)

 2011年度県立高校一般入試の志願者数が発表され、全体の倍率は下がっているが、特に青谷高等学校は実質募集定員128人に対し志願者数は74人で、競争率は0.58倍であり存続が心配される。高校再編に向けた委員会等で結論が出る前に何らかの動きをするべきではないか。

 

 

◎ 議事概要 ◎トップへ↑

5 閉会 17:00

  

<終了>

  


<ダウンロード>

→ 議事概要(155KB)(PDFファイル)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp