このページではJavaScriptを使用しています。

指名・受注実績としてカウント対象になる工事の定義について

 本市では、公共工事の受注機会の均等化を一層推進し、地域経済の一翼を担う地元建設事業者の経営を下支えするため、鳥取市建設工事指名業者選定要綱の一部改正を平成22年11月に行いました。

 

これに伴い、要綱上の指名件数及び受注件数の定義について、以下のとおり見直しを行い、平成23年度から適用しておりますのでお知らせします。

 

 

1.従前の定義

  税抜き予定価格1,300,001円以上の工事及び工事委託をカウントする。

 

 

2.見直し後の定義

  従前の定義に下記の(1)から(3)の項目を追加する。

 

 (1)次の3点全てに該当する場合はカウントから除外する。

  1)格付工種(土木一般、建築一般、電気、管、アスファルト、造園)

  2)随意契約

  3)税抜き予定価格が発注標準額未満

 

 (2)工事委託のうち緊急業務はカウントから除外する。

  緊急業務とは、「道路の陥没等緊急的な対応が必要な公共施設の機能不全の回復が目的の業務であり、その業務について請負業者が予め特定されているもの」とする。

 

 (3)JVでの受注実績は各構成員それぞれ1件の受注としてカウントする。

 

 

3.参考資料

 ○指名・受注実績カウントのイメージ

 

 ○鳥取市建設工事指名業者選定要綱



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 検査契約課
電話0857-20-3147
FAX0857-20-3041
メールアドレスkensakeiyaku@city.tottori.lg.jp