このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 固定資産税の課税の対象となる償却資産とは具体的にはどのようなものですか?

回答

 会社や個人で工場や商店などを経営しておられる方が、その事業のために用いることができる構築物、機械、器具、備品等をいいます。 具体的に一例をあげると次のようなものです。
(1)構築物:門、塀・緑化施設等の外構工事、舗装路面など
(2)機械および装置:電気機械、土木機械、印刷機械、医療用機械など
(3)船舶
(4)航空機
(5)車両および運搬具:機内運搬車、フォークリフトなど(自動車税、軽自動車税の課税対象となるものは除きます。) 
(6)工具・器具および備品:机、いす、ロッカー、パソコン、応接セット、金庫、冷房機器など 

 

 

 【お問い合わせ先】

  総務調整局 固定資産税課 (電話番号:0857-20-3421)
                    (Eメール:kotei@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?