このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 児童手当について教えてください。

回答

児童手当は、中学校修了(15歳に達する日以後の最初の3月31日)までのお子さんを養育している方の申請に基づき、支給されます。
(1)支給の対象
 中学校修了までのお子さんを養育している方(養育者)に支給されます。
 ※公務員の方(独立行政法人の職員、公益法人等への派遣職員並びに日本郵政グループ職員等は除く)は勤務先で申請してください。
(2)児童手当の支給額
 子ども一人につき 0歳から3歳未満     15,000円(一律)
             3歳以上小学校修了前 10,000円(第1子、第2子)
                   〃        15,000円(第3子以降)
             中学生           10,000円(一律)
※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降を言います。
 [例]  18歳・16歳・8歳 → 8歳の子どもは小学校修了前の第3子となり、月額15,000円
      19歳・16歳・8歳 → 19歳の子どもは数えません。8歳の子どもは第2子となり、月額10,000円
(3)支払月
 ■6月(2月分~5月分)
 ■10月(6月分~9月分)
 ■2月(10月分~1月分)
 ※振込は各支払月の11日
 ※金融機関の休業日が重なる場合は、前営業日
(4)所得制限
 請求者(受給者)の所得が、児童手当の下記所得制限限度額以上であれば、特例給付として子ども1人あたり一律月額5,000円が支給されます。
 父母が共に子どもを養育している場合いずれかその子どもの生計を維持する程度の高い方(家計の主宰者)となります。原則として恒常的に所得が高い方が受給者となります。
≪児童手当所得制限限度額≫
扶養親族等の数   所得制限限度額
   0人        622.0万円
   1人        660.0万円
   2人        698.0万円
   3人        736.0万円
   4人        774.0万円
   5人        812.0万円
※扶養親族等の数とは、配偶者控除、扶養控除および16歳未満の扶養親族のうち申告のあった方の合計人数です。
※老人扶養対象配偶者または老人扶養親族がある方の限度額は上記所得制限限度額に老人扶養対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額
※扶養親族が6人以上の場合は、1人につき38万円を所得制限限度額に加算した額
※その他所得額より控除できるもの
 一律控除 8万円
 勤労学生控除 27万円
 障がい者控除 27万円(特例 40万円)
 寡婦(夫)控除 27万円(特例 35万円)
 雑損・医療費・小規模企業共済等掛金控除・・・相当額
(5)手続き
 出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合、児童手当を受給するには「児童手当認定(額改定)請求書」の提出が必要です。出生、転入の翌日から15日以内に申請してください。原則として、申請した翌月分の児童手当から支給します。
(6)申請窓口
 児童家庭課(㉞窓口)または各総合支所市民福祉課
(7)申請に必要なもの
 ・本人確認のできるもの(免許証、パスポートなど)
 ・申請者及び配偶者のマイナンバーのわかるもの(マイナンバーカード、通知カードなど)
 ・印鑑(認め印可)
 ・振込先の普通預金口座(請求者名義のもの)
 ・健康保険被保険者証または年金加入証明書
 ・子どもの住所が鳥取市以外の場合は、「子どもの属する世帯全員分の住民票の写し(本籍・続柄記載の物)」+「別居監護申立書(子どものマイナンバー記載必要)」
 ・1月1日に鳥取市に住民票がない方は、前住所地での「所得課税証明書」
(8)その他
 6月以降の児童手当を受け取るには、毎年現況届の提出が必要です。 

 

 

 

 【お問い合わせ先】

   健康こども部 こども家庭課(電話番号:0857-20-3467)
                    (Eメール:kodomo-katei@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?