このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 後期高齢者医療制度の高額療養費申請手続きについて知りたいのですが。

回答

同じ月内の1か月の医療費自己負担額が、被保険者の区分ごとに決められた金額を超えた場合は、超えた金額が高額療養費として支給されます。高額療養費の給付対象となった人には、診療月からおよそ3か月後に、鳥取県後期高齢者医療広域連合から給付額や振込口座等を直接通知します。後期高齢者医療の高額療養費の給付を初めて受ける人には、高額療養費支給申請書が届きますので、振込口座等をご記入、押印のうえ申請書を返送してください。
なお、入院時には被保険者の区分ごとに決められた下記の自己負担限度額と食事代の支払いとなります(3と4の場合は限度額適用・標準負担額減額認定証の提示が必要です)。
1.現役並み所得者 8万100円+(医療費-26万7000円)×1%(※過去12か月以内に4回以上高額療養費の支給があった場合は、4回目からは限度額4万4400円となります)。
2.一般       4万4400円
3.低所得者【2】   2万4600円
4.低所得者【1】   1万5000円
※上記の自己負担限度額には、世帯内被保険者の1か月の入院分と通院分を合算します。
※通院のみの自己負担限度額は、1.現役並み所得者4万4400円、2.一般1万2000円、3.低所得者【2】及び【1】8000円。(低所得者【2】及び【1】の方は、限度額適用・標準負担額減額認定証の提示が必要) 

 

 

【お問い合わせ先】

   福祉部 保険年金課(電話:0857-20-3487)
                (Eメール:hoken@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?