このページではJavaScriptを使用しています。

平成23年度 行政評価結果について

 鳥取市では、まちづくりの基本的な指針である第9次鳥取市総合計画に基づき、戦略的に施策等を展開するため、「行政評価」の手法により適切な進行管理に努めています。

 平成23年度の行政評価では、第9次鳥取市総合計画が平成23年度からスタートしたことを踏まえ、この総合計画の体系で平成22年度の事務事業評価する内部評価を実施しました。

 また、新たに財務会計システムと連動した行政評価支援システムを稼働させ、第9次鳥取市総合計画を進行管理するとともに、その結果を予算編成や議会関係資料などに反映させ、より効率的で効果的な行政運営に反映に努めています。

 

内部評価

 今年度の内部評価は、新たに行政評価支援システムを稼働させたこと、第8次鳥取市総合計画から第9次総合計画への移行時期と重なり、公表する体系との整合性がとれなかったことから、外部評価の対象となった事務事業の内部評価のみを公表します。

 内部評価結果は、「4.外部評価対象事務事業と市の内部評価結果」をご覧ください。

 

外部評価

 

  1. 外部評価の目的
  1. 対象事務事業
  1. 外部評価対象事務事業と市の内部評価結果
  1. 外部評価結果
  1. 鳥取市行財政改革推進市民委員会での審議経過
  1. 外部評価に関する傍聴者アンケート集計結果

 

1.外部評価の目的

 鳥取市の内部で行った行政評価が妥当であるかどうかを、学識経験者等の専門的見地や市民の視点から検証し、併せて、今後における事業の有効性を高めるための提言を行うことを目的としています。

 

 

2.評価対象の選定

 すべての事務事業を評価することは困難なため、以下の条件の中から絞り込みを行い、鳥取市行財政改革推進市民委員会において外部評価の実施が必要と判断した、18事業、31事務事業を本年度の評価対象としました。

 ○第9次鳥取市総合計画の実施計画に該当する事務事業

  ・一般財源の額が1,000万円以上のもの

  ・一般財源の比率が総事業費の80%以上のもの

 ○前年度に行った評価対象のうち、評価結果が十分に反映されているといい難い事務事業

 

 

3.対象事務事業

 総合計画実施計画18事業、31事務事業(下記一覧のとおり)

 

 

4.外部評価対象事務事業と市の内部評価結果

※事務事業名をクリックすると内部評価の結果が確認できます。

事業名

外部評価対象
選定理由

事務事業番号

事務事業名

担当課

健康診査事業 重複していると感じる。一つにまとめることはできないか。

※No6各種予防接種事業及び予防接種公費助成事業を含む

1

健康診査費 保健医療福祉連携課
国民健康保険料徴収事務事業 ○徴収効果の検証

○事務処理効率化対策

2

徴収事務費 保険年金課
誘客推進事業 PDCAサイクルがまわっているのか(パンフレットをつくるだけの活動になっていないか。)

3-1

宣伝推進事業費 観光コンベンション推進課

3-2

広告・宣伝事業費

3-3

観光パンフレット作成費

3-4

グルメガイド作成費

国際観光推進事業 ○国際観光の推進に向けた県との役割分担、連携

○事業実施の成果検証

4

国際観光推進事業 観光コンベンション推進課
食品加工産業育成事業 県産加工品は加工業者が無く、原材料を県外加工業者に委託して商品化しており、コスト高となっている。今後、加工技術や加工事業者を増強すべきと考えるが、現状の予算で十分なのか。

5

食品加工産業育成事業 経済戦略課
各種予防接種事業 重複していると感じる。一つにまとめることはできないか。

※No1健康診査事業を含む

6-1

一類疾病予防接種費 中央保健センター

6-2

二類疾病予防接種費
予防接種公費助成事業

6-3

子宮頸がんワクチン予防接種費

6-4

ヒブワクチン予防接種費

6-5

小児用肺炎球菌ワクチン予防接種費

国外情報発信事業 ○国際観光の推進に向けた県との役割分担、連携

○事業実施の成果検証

7

国際交流員配置事業 企画調整課
情報化推進事業 情報化社会におけるITの活用、特に事務能率化への取組み及び市民に対する利便性の向上

8-1

庁内LANシステム管理費 情報政策課

地域情報化推進事業

市民の利便性の向上につながっているのかを確認したい

8-2

地域情報化推進費

コミュニティ支援事業

○今までも相当の支援をしてきたはず。まちづくり協議会の組織化と活動の支援を図る時期は過ぎている。

○まちづくり協議会の活動実績を確認し、この事業がコミュニティ確立に役立つ制度となっているのか確認する。

○事業がマンネリ化しているのではないか点検する。

○No10と同様の理由

9-1

コミュニティ支援事業

協働推進課

自治会活動活性化支援事業

9-2

自治会活動活性化支援事業

市民活動推進事業

 その全貌が何度聞いても理解できないので、本当は協働推進課の事業全体なんでしょう。それぞれの活動の役割と効果について確認したい。

 

 10-1

市民活動促進事業補助金

協働推進課

 

 10-2

ボランティアセンター委託費

とっとり若者インターンシップ事業

○国・県等に同様の事業があるが、制度内容の違いはどうか。

○効果はどうか。またはどの程度の実績か。

○人口減少傾向にある鳥取県において、若者定住の施策の展開が重要である。

11

とっとり若者インターンシップ事業

経済戦略課

妊娠、出産支援事業

部、課が同じこともあり、それぞれ連携している。乳幼児の減少も考慮

12-1

特定不妊治療助成事業費補助金

中央保健センター

12-2

妊婦健康診査費

子育て相談・指導事業

No12と同様の理由

13-1

乳児健康診査費

中央保健センター

13-2

母子保健相談指導事業費

13-3

母子保健訪問指導事業費

13-4

育児等健康支援事業費

13-5

子育て心理相談事業費

特別保育事業

No12と同様の理由

14-1

市立保育園特別保育事業費

児童家庭課

14-2

病児・病後児保育事業費

ふれあいのまちづくり事業

○費用の多くは、人件費と思われるが、事業実績はどいうか。費用対効果は。

○社会福祉協議会等への委託の可能性はどうか。

15

ふれあいのまちづくり事業費

高齢社会課

※事務事業名をクリックすると内部評価の結果が確認できます。

 

 

5.外部評価結果

 平成23年度 鳥取市行政評価外部評価結果(PDF:495KB)

 「鳥取市の行政評価に係る外部評価報告会」を市役所本庁舎において10月28日(金)に開催し、正副委員長が市長へ評価結果を報告しました(左から野田委員長、山下副委員長、竹内市長)。

 

 

6.鳥取市行財政改革推進市民委員会での審議経過

 外部評価の実施から評価結果の取りまとめまでに至る審議の経過は以下のリンク先をご参照ください。(平成23年度 第1回から)

 鳥取市行財政改革推進市民委員会 議事概要録(リンク)

 

 

7.外部評価に関する傍聴者アンケート集計結果

 7月30日(土)に開催された「外部評価の公開ヒアリング」の傍聴者を対象に行ったアンケートの集計結果は以下のとおりです。

 外部評価傍聴者アンケート集計結果(PDF:81KB)

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 行財政改革課
電話0857-20-3111
FAX0857-20-3040
メールアドレスgyouzaisei@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ