このページではJavaScriptを使用しています。

第48回 青谷地域審議会


日時:平成23年6月23日(木) 16時~17時43分

 

 

場所:青谷町総合支所会議室

 

 

 

【出席委員】

亀谷勝彦、高橋克己、房安一也、前家直樹、山崎和子、北村由香里、今崎美恵子、瀧洋子、鱸雅子、植田隆、山崎年憲、伊藤茂樹、川内美智子、芦川浩史、長谷川英二

 

 

【欠席委員】

なし

 

 

【鳥取市】

庁舎整備局 小嶋課長補佐(本務:財産管理課)、黒田主任、石田主事

 

 

【傍聴】

中山間地域振興課 尾崎主任

 

 

【事務局】

西村支所長、森下副支所長兼地域振興課長(併教育委員会分室長兼中央公民館長)、秋田市民福祉課長、中宇地産業建設課長、竹内水道局営業所長、大前地域振興課主査

 

 

◎会議次第◎

 

1 開会

 

 

2 会長挨拶

 

 

3 議題

(1) 庁舎整備と総合支所の耐震化等について

 

 

 

4 その他

 

 

 

5 閉会

 

 

 

 

◎議事概要◎

 

1 開会 16:00 

 

 

 

2 会長挨拶

 

 

 

3 議題

(1) 庁舎整備と総合支所の耐震化等について

 

【庁舎整備局】

(庁舎整備と総合支所の耐震化等について「資料1」「資料2」により説明)

 

<ダウンロード>

→ 資料1:市新庁舎整備に関する取組の経過(190KB)(PDFファイル)

 

→ 資料2:市有建築物の耐震化の推進(144KB)(PDFファイル)

 

→ 参考資料1:新庁舎建設に関する基本方針、候補地比較図(1.05MB)(PDFファイル)

 

→ 参考資料2:チラシ「安全・安心なまちづくりを」(8.26MB)(PDFファイル)

 

 

 

【委員】

 青谷中学校は耐震補強ということだが、経年劣化、老朽化が激しい。市庁舎は新築され、青谷中は耐震補強では町民の理解が得られないのではないか。

 

 

 

【庁舎整備局】

 地震の場合Is値が0.6未満は倒壊の危険性があるということです。本庁舎のIs値は0.2で、青谷中学校は0.43ということです。教育委員会の考え方として0.3未満の場合は改築で、0.3以上0.6未満は耐震補強ということのようですが、今日伺った意見は持ち帰って教育委員会へ伝えます。

 

 

 

【委員】

 第9次総合計画では、新庁舎建設を含めた長期的な財政見通しを立てておりますが、今後市有建物126施設の耐震診断をするということで、結果次第では新たに財源が要るのではないか。

 

 

 

【庁舎整備局】

 診断をしてみないとどれだけ市費が必要になるか判りませんが、実績として起債残高でいいますと平成18年度1,279億円あったものが平成22年度では1,089億円と減らしております。チラシにありますように、支出の抑制と収入増に努め、引き続き借金総額を計画的に減らすよう努めます。

 

 

 

【委員】

 平成12年2月設置の「市庁舎整備検討委員会」の報告では、新築の場合、概算で150億円の建設費がかかるとある。今回の試算では100億円となっているが、差の50億円は何なのか。また、150億円になるということはないか。

 

 

 

【庁舎整備局】

 150億円の中身がわからないので比較できませんが、基礎調査、同規模の他都市を例に100億円という概算金額を出しております。本年度(今秋)、新庁舎建設基本計画を策定することになっておりますので、経費が高くならないよう検討していきます。

 

 

 

【委員】

 駅南庁舎は残すのか。

 

 

 

【庁舎整備局】

 駅南庁舎にある現在の1階の機能は新庁舎の方に移し、1階にはさざんか会館の中央保健センター機能を移し、駐車場の問題を解決します。また、2階にある市民図書館の一部を1階に拡充する方向で検討が進んでいます。

 

 

 

【委員】

 青谷小学校は新築予定が改修に、改築予定であった青谷中学校も耐震補強ということだが、現状をみて判断して欲しい。

 

 

 

【委員】

 本庁舎に金を掛けて機能を集中させると、総合支所の機能を低下させるのではないかと懸念される。

 

 

 

【庁舎整備局】

 市長も事あるごとに、総合支所は残し、機能を充実させますと言っております。

 

 

 

【委員】

 新庁舎の候補地が2箇所上がっているが、ここは災害に強い場所か。

 

 

 

【庁舎整備局】

 現在の本庁舎周辺と駅周辺の候補地を比較すると、震度6強以上の地震がどれくらい起こり得るかという確率では、ほぼ同じです。水害に関しては、100年に一度起こり得る大雨により千代川の氾濫を想定した場合、千代川水系ハザードマップではほぼ同じです。

 

 

 

◎議事概要◎ トップへ↑ 

 

 

 

4 その他

 

【事務局】

 鳥取市が運営するインターネットショップ「とっとり市」のパンフレットにより、現在、出店者を募集していることのお知らせと「ふるさと納税」のチラシにより、制度の一部改正等を紹介し、「ふるさと納税」のお願いをしました。

 

 

 

【委員】

 日ノ丸バスのどこでも昇降できるフリーゾン区間は、日置線は小畑バス停から野藤商店前バス停までと聞いており、なりすな、社会福祉協議会等を利用する場合不便である。フリーゾンの区間を青谷中学校前バス停まで延長できないか。

 

 

 

【事務局】

 日ノ丸バス会社に問い合わせたところ、フリーゾンの区間は小畑から青谷中学校前バス停までとなっているそうです。なお、駅方面に向かう場合、野藤商店前バス停から青谷中学校前バス停間で降りる場合は、青谷中学校前バス停の乗車運賃を払っていただくことになります。

 

 

 

 

5 閉会 17:43

 

 

  <終了>

 

 

 

 ◎議事概要◎ トップへ↑ 

 


<ダウンロード>

→ 議事概要(161KB)(PDFファイル)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp