このページではJavaScriptを使用しています。

第49回 青谷地域審議会


日時:平成23年8月23日(火) 15時~17時

 

場所:青谷町総合支所会議室

 

 

 【出席委員】

亀谷勝彦、高橋克己、房安一也、北村由香里、今崎美恵子、瀧洋子、鱸雅子、植田隆、山崎年憲、伊藤茂樹、川内美智子、芦川浩史、長谷川英二

 

 

【欠席委員】

前家直樹、山崎和子

 

 

【鳥取県】

文化財課歴史遺産室 中原室長、福島副主幹

 

 

【鳥取市】

文化財課 林課長、森主幹

 

 

【傍聴】

中島鳥取市議会議員

 

 

【事務局】

西村支所長、森下副支所長兼地域振興課長(併教育委員会分室長兼中央公民館長)、秋田市民福祉課長、中宇地産業建設課長、竹内水道局営業所長、大前地域振興課主査

 

 

 

◎会議次第◎

 

1 開会

 

 

2 会長挨拶

 

 

3 報告事項

(1)史跡青谷上寺地遺跡の整備状況について

 

 

4 議題

(1)平成23年度鳥取市中山間地域対策強化方針について

 

 

5 その他

 

 

 

6 閉会

 

 

 

 

◎議事概要◎

 

1 開会 15:00 

  

 

2 会長挨拶

 

 

3 報告事項

(1)史跡青谷上寺地遺跡の整備状況について

 

 【委員】

 青谷中学校は、史跡指定区域に掛かっているのか。

 

 

 

【県文化財課】

 掛かっておりません。

 

 

 

【委員】

 青谷中学校敷地内に校舎の建て替えは可能か。

 

 

 

【県文化財課】

 学校用地は現在のところ史跡指定地域からは外しておりますが、以前に行った試掘調査で遺物が出ておりますので、遺跡との調整は必要になってきます。

 

 

 

【委員】

 目に見えて観光資源になるのはいつ頃になるのか。

 

 

 

【県文化財課】

 史跡指定の公有地化に概ね10年を目標に取り組んでいます。平成20年から掛かっておりますので、平成30年に公有地化を終えて、それから施設整備することになります。ただ、青谷の場合は3年間でおよそ60%公有地化が進んでおります。

 

 

 

【委員】

 史跡指定の公有地化ができなかったらどうなるのか。

 

 

 

【県文化財課】

 法的な強制力はありませんので、どうしても所有者のご理解がいただけない場所は外すことになりますが、ご理解いただいて公有地化できるよう努力します。

 

※(青谷上寺地遺跡保存活用協議会の後任委員に、高橋副会長が委員として選出されました。)

 

 

 

 ◎議事概要◎ トップへ↑ 

 

 

 

4 議題

(1)平成23年度鳥取市中山間地域対策強化方針について

 

【事務局】

(平成23年度鳥取市中山間地域対策強化方針について「資料」により説明)

 

<ダウンロード>

→ 資料:平成23年度鳥取市中山間地域対策強化方針(673KB)(PDFファイル)

 

 

【委員】

 青谷は、除雪応援隊はできているのか。

 

 

 

【事務局】

 申込みがあってから結成するもので、青谷はありませんでした。除雪の範囲が玄関から道までとなっていますし、新市は少なかったようです。

 

 

 

【委員】

 UJIターンの旧市町村別の人数はわかりますか。

 

 

 

【事務局】

 手持ち資料を持ち合わせておりませんので、後ほどお示しします。

 

 

 

【委員】

 不在地主が多くなり、空き家、空き地対策が問題となっている。

 

 

 

【委員】

 倒壊の危険がある家屋に対して、東日本大震災のこともあって、いつから施行になるかわからないが、法的に行政が関わることが出来るようになると聞いている。

 

 

 

【事務局】

 県の条例に行政代執行で撤去できる制度はありますが、鳥取市は対象外となっていますので、独自に検討中ですが、倒壊の恐れ等のある家屋の管理者に対して、地域からの要望で建築指導課がお願いの文書を出しています。

 

 

 

【委員】

 UJIターンの方に空き家を提供しようと思えば、修繕等に相当の費用が掛かる。提供者に恩恵がある制度にしなければUJIターンが進まないのではないか。

 

 

 

【事務局】

 空き家提供者への助成制度はあります。また、鳥取市に定住する方に対しては、平成23年度から2年間の期間ですが鳥取市UJIターン住宅支援事業という助成制度ができております。ただし、県外在住者であること、5年以上鳥取市に住民登録をすること、事前申請する必要があることなど助成要件があります。

 

 

 

【委員】

 UターンとIターンの助成は同時に受けられるのか。

 

 

 

【事務局】

 どちらかの助成しか受けられません。

 

 

 

【委員】

 「地域ガソリンスタンドの維持」とあるが、現在あるものだけの維持なのか、新規の助成措置はあるのか。

 

 

 

【事務局】

 具体的なことはまだです。今年度実態調査を行って、これに基づいて何らかの対策を検討するものです。

 

 

 

 ◎議事概要◎ トップへ↑ 

 

 

 

 5 その他

≪青谷中学校校舎について≫

 

【委員】

 青谷中学校校舎の耐震化の問題で、PTAの対応はどうなっているか。

 

 

 

【会長】

 現在、アンケートを行っており、取りまとめが明日になっております。この結果を踏まえて30日の地域審議会会長会で市長にお願いをしたいと考えております。

 

 

 

6 閉会 17:00

 

  <終了>

 

 

 

 ◎議事概要◎ トップへ↑ 

 


<ダウンロード>

→ 議事概要(161KB)(PDFファイル)

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp