このページではJavaScriptを使用しています。

第48回佐治地域審議会

 第48回佐治地域審議会概要

 

日  時:平成23年8月23日(火)  午後2時30分~午後4時00分

場  所:佐治町総合支所 第一会議室

 

[出席委員]  14名

  西尾寛茂・上田公実・谷上學・下石義忠・小塚郁子・小杉閉子・鈴木照美・田中敏文

藤原直子・金田洋子・福安修・福安道則・谷口勝男・下田浩二

[欠席委員]  1名

  谷口由紀子

[事務局]   4名

  支所長 奥田哲実・地域振興課長・梶和浩 産業建設課長 川西仁志

地域振興課主査 谷上右近  

 

◎会議次第

 

(1)議題(協議・報告・説明事項)

  1.市道南岸線道路改良事業と国道482号別府・葛谷区間の改良事業について

  2.市道津野線、市道高山線道路改良事業について

  3.中学校区再編について              ・・・・・資料1

  4.地域づくり懇談会について             ・・・・・資料2

  5.鳥取市UJIターン者受入自治会等支援事業     ・・・・・資料3

                          

(2)その他

  次回の開催日について

                  

【議事概要】

 

(事務局) 定刻になりましたので、本日の会議を開会いたします。

 

(会長)  挨拶に引き続き協議事項に入りますので、事務局は議事日程に基づき説明して下さい。

 

(事務局) 

(市道南岸線道路改良事業と国道482号別府・葛谷区間の改良事業の現在の状況について説明。)

[市道南岸線道路改良事業について]

      平成25年3月末に完成を目指して、実施したいと考えていますが、交渉が難航し

ている現状の中で、土地収用法による事業の実施を検討しています。手法については現在、県と協議中です。また、今後の日程についても、県と協議しておりますが、仮に土地収用法による事業を実施すれば事業認定に時間を要するため、2~3年延びる可能性があります。

 

[国道482号別府・葛谷間の改良事業について]

       この区間も平成25年度末の完成に向けて事業に取り組んでいます。支障物件については先月、移転契約が成立しました。残りの未契約者については交渉が難航すれば県が土地収用法の事業で実施する計画です。工事については、早急にお願いしていますがはっきりしていません。現段階では、平成24年度当初予算に計上する予定です。

 

(委員)  市道南岸線については平成25年度末に完成すると聞いているがなぜあと2~3

      年もかかるのですか。

 

(事務局) 市道南岸線道路改良事業は過疎代行事業として、鳥取県と鳥取市に区分して事業実施しているため、収用事業にかけにくく、事業認定に非常に時間を要しています。  

現在、事業認定ができないか国と協議を重ねています。

     

(委員)  南岸線についてはますます間延びし、スピード感が全くない。

 

(委員)  どちらかを早く事業を進めて欲しい。

 

(事務局) 別府・葛谷間は全線県が事業主体ですので事業認定はスムースに進むと考えて

います。

 

(委員)  南岸線は事業完了後に国道となるのですか。

 

(事務局) 南岸線は国道とし、現在の国道は鳥取市へ移管する計画です。 

 

(事務局) 

(市道津野線、市道高山線道路改良事業について説明)

津野線については8月8日に地元説明を行いました。工期は平成23年8月2日から11月30日までです。高山線については7月28日と8月18日に地元説明会を行い、工期は平成23年7月12日から11月30日までです。

 施工業者はいずれも北村屋木材(株)です。

又、市道谷川線の災害復旧事業は7月25日に災害査定が行われ国から承諾をいただきましたので9月補正に計上し、10月上旬から来年の1月末までに事業を行う計画です。

        

(委員) 別件ですが最近、佐治町の猿渡り付近で測量をされていますが内容が解かりますか。

 

(事務局)測量作業は落石防止工事のための測量との事です。

 

(事務局)

(資料1に基づき中学校区再編について説明。)

 

(委員) 佐治地域審議会が鳥取市長へ意見書を提出してから1年9ケ月近く経過しています。

     なぜこんなに時間がかかったのですか。

 

(事務局)校区再編の基本的な考え方をまとめるのに時間を要したためです。

 

(委員) 今後の段取りはどうなりますか。この委員会に説明に来てもらえるのですか。

 

(委員) 答申案の内容は「新設統合」とし、一旦両校を廃止して、新たな中学校を設置することとなっているが具体的な計画を説明してもらいたい。また、統合となれば現施設の取扱いはどうなるのですか。

 

(委員) 意見交換会の席で、親の立場として危険な校舎へは通わせたくないという意見も出ていました。一刻も早く安心・安全な環境整備をお願いしたい。

 

(委員) 地域審議会を通じて決定した事項はほとんどない。先送り先送りして10年先まで

かからないようにしてもらいたい。

 

(事務局)この答申案を受けて9月6日に説明会が開催されますので委員の皆さんの出席をお

願いします。意見交換会で統合に不安な意見も出ていましたので、皆さんの理解を

いただきながら進めることが必要と考えています。統合となれば現校舎の取扱いに

ついても審議をお願いします。

     

(事務局)

    (資料2に基づき地域づくり懇談会について説明) 

 

(事務局) 平成23年10月17日(月)午後7時から午後8時30分まで佐治町中央公民館の会議室でありますので委員の皆さんの出席をお願いします。 

 

(会長)  地域の課題の南部地域新総合交通計画策定事業の開始目標はいつですか

 

 

(事務局) 平成24年10月が目標です。現在、具体的な内容を検討中で、交通政策課が

2~3案作成し、皆さんの意見を聞きながら最終方針を出します。

(委員)  市庁舎整備問題についてはどうですか。  

 

(事務局) 市政の重要課題についての報告で市庁舎整備の説明があると思いますのでフリー

トークでご意見を出されれば良いと思います。フリートークの案件については区

長さんに提案をお願いしています。

 

(事務局)

     (資料3に基づき鳥取市UJIターン者受入自治会等支援事業について説明)

 

(会長)  その他の項目は何かありますか。

 

(委員)  8月21日に佐治小学校上の県道に倒木があったとの事ですがどのような対応を

      されたのかわかりますか。

 

(事務局) 倒木の連絡はアストロパークの職員からあり、通行ができる状態であるとの確認

を受け、翌22日に産業建設課の職員が処理し、その内容は県へ報告しました。

この付近は先日、県が枯れ木撤去の処置を行った箇所であり、県に維持管理の徹

底をお願いしたところです。

 

(委員)  この路線は通学路ですね。

 

(事務局) 小学校、PTAにも状況報告を行い、通学路のルート変更を検討して頂きたいと

      お願いしました。今回の倒木は斜面にあった腐敗した枝がすべり落ちたものです。

      いずれにせよ、県に現場の精査をお願いする必要があります。

 

(委員)  小学校の合唱大会で鳥取市のバスのチャーターができなかったので保護者が経費負担をし、バスをチャーターしたとのことですがなぜ出来なかったのでしょうか。

 

(委員)  大会参加にあたって学校から経費負担の確認があり、了承して参加しました。

 

(事務局) 内容を確認し、次回の審議会で報告します。

 

(委員)  佐治川の潅木が大きくなり、水田が日陰となり水稲に影響がでており、何とかな

らないかと相談を受けています。こういう場合の対応は。

 

(事務局) 場所を教えてください。現場状況を確認し、県に報告します。

 

(会長)  次回の開催日について

     10月27日の木曜日の午後2時00分からはいかがでしょうか。

 

(委員)(事務局) 承諾

 

(会長)  第48回の佐治地域審議会を閉会します。

 

【関連資料】

第48回佐治地域審議会次第(doc 42KB)

資料1.2.3(pdf 1.6MB)

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
佐治町総合支所 地域振興課
電話0858-88-0211
FAX0858-89-1552
メールアドレスsj-chiiki@city.tottori.lg.jp