このページではJavaScriptを使用しています。

第47回 国府地域審議会議事概要


日 時:平成23年10月27日(木)13時30分~15時45分

場 所:国府町中央公民館

 

〔出席委員〕

森原喜久、岡垣宏治、中村彰郎、田中道春、米山幹雄、井上州一、沖時枝、植田公子、廣瀬いつ子、村尾馨、岡野頼雄、木下敏明、吉永昇平

 

〔欠席委員〕

長尾具子、井戸垣直樹

 

〔総務部〕

羽場部長、足立次長兼財産管理課長、小嶋財産管理課長補佐

 

〔事務局〕

秋田支所長、安本副支所長兼地域振興課長兼教育委員会国府町分室長兼国府町中央公民館長、山本市民福祉課長、谷岡産業建設課長、山中地域振興課主査

 

 

 

 

◎会議次第

 

 

1 開会

 

 

2 会長あいさつ

 

 

3 報告事項

 

(1)  新庁舎建設基本計画(素案)について

 

(2)  鳥取市有建築物耐震診断計画及び鳥取市有建築物耐震化推進計画について

 

 

4 審議事項

 

(1)  国土交通省殿ダム工事事務所の利活用について

 

 

5 その他

 

(1)鳥取県ツキノワグマ保護管理計画の見直しについて

 

 

6 閉会 

 

 

 

 

 

議事概要

 

 

1 開会(事務局) 会議成立確認

 

 

 

2 会長あいさつ

 

 

 

3 報告事項

 

 

(1)新庁舎建設基本計画(素案)について

 

  (秋田支所長 資料1「鳥取市新庁舎建設基本計画(素案)のあらまし」「鳥取市新庁舎建設基本計画(素案)のあらまし(ちらし)」により説明)

 

 

(会長)

質疑に入る。

 

(委員)

新庁舎移転時の想定職員数が854人という説明があったが、駐車場の確保ができるのか、交通に便利なところと言っていたが、職員に公共交通機関を使いなさいということがあるのか。

 

(事務局)

自家用車の駐車場について、職員は各自で確保しています。駅周辺には駐車場は相当数あるようです。公共交通機関利用ということは、これまでから呼びかけています。職員に新庁舎ができた場合の通勤手段についてアンケートがありましたが、800人のうち3・4割がマイカー通勤するだろうということでした。駅周辺の月極駐車場が自然に吸収してしまうだろうといっておりました。いずれにしても、交通渋滞についても検討していきたいとのことでした。

 

 

 

(2)鳥取市有建築物耐震診断計画及び鳥取市有建築物耐震化推進計画について

 

 (秋田支所長 資料2「鳥取市有建築物耐震診断計画」資料3「鳥取市有建築物耐震化推進計画」により説明)

 

(委員)

宮下にある放課後児童クラブ施設がないようだが。

 

(事務局)

把握しておりませんので、改めてお知らせします。

 

(委員)

栃本児童館はどうか。

 

(事務局)

建築が平成4年で新耐震基準の建物ですので、クリアしています。

 

(委員)

地域説明会に市全体で何人参加したか。

 

(事務局)

18会場で352人です。国府会場は、27人でした。

 

 

 

 

4 審議事項

 

 

(1)国土交通省殿ダム工事事務所の利活用について

 

  (羽場部長、足立次長兼財産管理課長 資料4「殿ダム工事事務所の利活用について」により説明)

 

 

(委員)

車庫棟の利用の仕方はどうか。

 

(部長)

幅広く利用していただきたいと思っております。周辺で地域の集会所を持っていないところを優先して使っていただきたいということで利活用を考えています。

 

(委員)

支所全面移転に100%満足している。今後、バス路線のことなど付随する問題が出てくると思うが、ご相談・ご協力をいただきたい。車庫棟利用については、良い案にしていただいたと思う。近くに集会施設ができたと感謝している。

 

(部長)

使い勝手の良い、親しまれる施設にしていきたい。今後も、相談することもあろうかと思いますがよろしくお願いします。

 

(委員)

市長が来られた時、防災拠点としての保健センターの話があったがどうなっているか。

 

(部長)

市長に確認しておりませんが、その時の市長の思いは、国府地域全域に目を向けた思いだったと思います。最終的には、このように判断したということです。状況がかわるようでしたら、また報告させていただきます。

 

(委員)

中山間地域問題などを考慮して、保健センターに駐在員をとの話だったと思う。産業建設課の職員を配置するような話があったが。

 

(部長)

私の考えですが、とにかく、全面的に支所を移転することになりましたので、その話を含めて一度リセットさせていただきたいと思います。分室的な一部の機能を持って行くということはゼロスタートと考えています。その時は、ここに支所を動かすことが決定していない段階での市長の話であろうと思っています。産業建設課の職員は、全員が新しい支所で業務を行うということでスタートさせていただきたい。

 

(委員)

車庫棟の国土交通省とのすみ分けはどうか。改修工事が8か月もかかるのか。

 

(次長)

車庫2階部分については、国土交通省が引き続き利用します。1階の国土交通省が利用している部分の休憩室・トイレ等を利用させていただきたいと申し出ているところです。工期については、4月から12月までの間ですが、インターネット環境や無線設備など目に見えないところで時間がかかります。ご理解いただきたい。

 

(委員)

バスの迂回の問題、駐車場の問題があったがどうか。現庁舎3階の鳥取市文化財団はどうなるのか。

 

(次長)

都市区画道路の一部を駐車スペースにするなどしますが、ある程度のスペースはあると思っております。

 

(部長)

3階の鳥取市文化財団については、引っ越ししていただくようお知らせしています。バス問題については、今後協議を早急に進めるようにしています。

 

(委員)

包括支援センターや保健センターが来るということは、車の数が増えるということ。駐車スペースが足りるのか心配している。

 

(部長)

検討します。

 

(会長)

本審議会としては、了承することでよろしいか。

 

(全委員)

了承しました。

 

 

 

 

5 その他

 

(1)鳥取県ツキノワグマ保護管理計画の見直しについて

 

  (谷岡産業建設課長 資料5-1「鳥取県ツキノワグマ保護管理計画書の概要(平成23年9月変更」資料5-2「ツキノワグマ保護管理計画」により説明)

 

(委員)

今年はクマが出た情報が早くからあったり、いたるところで出たという情報があった。事前に広報した方がよい。

 

(事務局)

目撃情報は早い段階からありました。ただ件数は昨年より減っています。目撃情報が入った場合は、周辺自治会長さんを通じて集落内放送等により、注意喚起を行っていただいております。9月から有害鳥獣捕獲の許可を取って、町内に3基のクマ用の檻を設置していますが、捕獲実績はまだありません。昨年に比べると被害も少ないと思っております。

 

(委員)

今年は柿の豊作年、早期に収穫するよう広報した方がよい。

 

(事務局)

支所だより、音声告知放送等により広報したいと思います。

 

 (会長)

質疑を終わる。

 

 

 

 

6 閉会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る

 


  ダウンロード 

 

・第47回地域審議会議事録(PDF:117KB) 

・参考資料1(PDF:4,291KB)

・参考資料2(PDF:408KB)

・参考資料3,4(PDF:344KB)

・参考資料5-1,5-2(PDF:1,254KB)

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.lg.jp