Tottori City News Letter   
とっとり市報2011年12月
 
    

おめでとうございます 第36回 鳥取市文化賞

 11月3日、市の文化・芸術の振興に功績のあった人をたたえる「鳥取市文化賞」の贈呈式が仁風閣で行われました。今年度は以下のみなさんが受賞されました。


 昭和57年に鳥取大学に赴任して以来、声楽家(バリトン)として、オペラ、コンサート、合唱指揮・指導を精力的に行い、鳥取市の音楽振興に多大な貢献を果たしている。
 本年ドイツハーナウ市において、子ども向けの音楽劇を公演し、音楽による国際交流を推進している。現在、鳥取オペラ協会副会長、鳥取県合唱連盟副理事長。
西岡千秋(にしおかちあき)さん
55歳(美萩野)
【音楽】


 昭和45年、学生時代に東光展初入選、文房堂賞を受賞する。昭和46年、広島大学教育学部美術科卒業後、鳥取市に帰郷。その年、鳥取県美術展覧会県展賞を受賞する。平成9年から平成17年まで鳥取市民美術展運営委員審査員に就任するとともに、鳥取県美術展覧会審査員を歴任し、鳥取市の美術振興に大きく貢献している。
中尾廣太郎(なかおひろたろう)さん
62歳(古市)
【洋画


 昭和37年から「日本野鳥の会」に入会する。平成4年に鳥取県東部・中部・西部で独自の活動していた「野鳥の会」を統合し、「日本野鳥の会鳥取県支部」を発足。以後16年間、支部長としての重責を果たした。
 現在、日本野鳥の会鳥取県支部顧問として、県内各地で野鳥と人間との関係、自然の多様性について講演及び現地指導を行っている。
細谷賢明(ほそやけんめい)さん
85歳(気高町殿)
【自然科学】


問い合わせ先
市役所本庁舎文化芸術推進課
TEL: 0857-20-3226



目次へ戻る このページの上部へ
 

市庁舎の整備と合併特例債の活用状況

合併特例債の活用の一例
修立小学校校舎
新築事業
河原幼保園
整備事業
岩倉地区公民館
新築事業
市道美歎線道路
改良工事

 本市では、耐震診断により耐震性に問題があるとされた本庁舎(昭和39年築)、第二庁舎(昭和43年築)について、さまざまな観点から対策を検討してまいりました。
 市庁舎の整備は、有利な財源である合併特例債(借入金の元利償還に合わせて7割の交付税措置)を活用し、財政の健全性を維持したうえで実施いたします。
 合併特例債は、市町村合併に伴う国の財政支援のひとつであり、全国で約580の自治体だけが活用できる時限的な市債(借入金)です。平成23年5月31日時点の本市の活用額は199億3700万円で、小中学校、保育園、地区公民館、道路、CATV網、図書館の整備など、市民生活の向上を図ってきました。
 本市の発行限度額は544億9000万円であり、今後、最大で約345億円を活用することができます。
 合併特例債ほど交付税措置が手厚いものは限られていますので、安易に市債残高を増やすことのないよう交付税措置の無い市債などからの振り替えや補助制度が乏しいインフラ整備への重点活用に努めながら、これからも財政の健全性を維持していきます。


問い合わせ先
本庁舎行財政改革課
TEL:0857-20-3111

本庁舎庁舎整備局
TEL:0857-20-3012



目次へ戻る このページの上部へ
 

市庁舎整備についての住民投票が検討されています

 市議会の「鳥取市庁舎整備に関する住民投票条例検討会」において、10月3日(月)以降、住民投票条例の議員提案に向けた検討が進んでいます。この条例案については、市議会で提案された後、議決を経て住民投票が実施されることになります。
 詳細については、条例の内容が決定次第、お知らせいたします。


問い合わせ先
本庁舎市議会事務局
TEL:0857-22-7711



目次へ戻る このページの上部へ
 

除雪に関するお願い

■市道の除雪について
 バス路線を中心に行います。生活道路など自宅周辺の雪かきは、市民の皆さんのご協力でお願いします。
 作業上、除雪車が家の前や歩道に雪を積み上げてしまうことがありますが、ご協力をお願いします。
 路上駐車は作業に支障となりますのでおやめください。
 雪を路上に投棄することは危険ですのでおやめください。

■凍結防止剤について
 凍結しやすい橋や坂道付近に「凍結防止剤」を置いています。路面が凍結したときなどにはご自由にお使いください。

■木の剪定をお願いします
 市道沿いの木や竹が折れたり、雪の重さで垂れ下がり道をふさいでしまい通行ができないことがあります。所有者は木の剪定や伐採をお願いいたします。


問い合わせ先
本庁舎道路課
TEL:0857-20-3261
各総合支所産業建設課



目次へ戻る このページの上部へ
 

環境クリーンセンターの不燃物処理手数料の改定

 平成24年4月1日から環境クリーンセンターへ不燃物を持ち込んだ際の処理手数料が、次のとおり改定となりますのでお知らせいたします。
不燃物持ち込み重量10キログラムにつき、360円


問い合わせ先
東部広域行政管理組合事務局 生活環境課
TEL:0857-26-0532



目次へ戻る このページの上部へ
 

年末・年始・祝日のごみ収集(鳥取地域)

年末・年始・祝日がごみ収集日にあたる地区は、ごみ収集のスケジュールが変更になります。

月日 可燃
ごみ
古紙類 ペットボトル プラス
チック
食品トレー・資源ごみ
小型破砕ごみ
12月23日(金・祝) 収集します
12月29日(木) 収集します お休みします
12月30日(金) 収集します お休みします
12月31日(土) 収集します お休みします
1月1日(日・祝 お休みします
1月2日(月) お休みします 4日(水)に振り替えて収集します お休みします
1月3日(火) お休みします 10日(火)に振り替えて収集します お休みします
1月4日(水)以降 収集します
1月9日(月・祝) 収集します

※朝8時までに必ずごみを出してください。
※神谷清掃工場への直接搬入は、年末は12月31日(土)12:00まで受け付けます。年始の開始は1月4日(水)からになります。
※環境クリーンセンターへの直接搬入は、年末は12月28日(水)16:00まで受け付けます。年始の開始は1月4日(水)からになります。
※大型ごみ受付センターは、年末は12月28日(水)16:30まで受け付けます。年始の開始は1月4日(水)からになります。
※新市域については総合支所だよりをご覧になるか、各総合支所市民福祉課までお問い合わせください。



乾電池・蛍光管の収集 12月

 他のごみと区別し、それぞれ別の透明または半透明な袋などに入れ、12月1日(木)〜7日(水)の小型破砕ごみの収集日(鳥取地区)にごみステーションに出してください。蛍光管は購入時のケースに入れるなど、壊れないようにしてください。


問い合わせ先
本庁舎生活環境課
TEL:0857-20-3217



目次へ戻る このページの上部へ
 

12月4日(日)〜10日(土)は人権週間です

 日本では、「人権デー」(12月10日)を最終日とする1週間(12月4日から10日まで)を「人権週間」と定め、人権尊重思想の普及高揚を図る催しが全国各地で行われます。
 本市でも昭和62年(1987年)、人権尊重都市宣言を行い、世界人権宣言推進鳥取市実行委員会が組織され、人権週間を中心に各種の取り組みを行っています。今年も人権標語・ポスターの展示、街頭啓発、人権フォーラムなどを行い、人権の尊重を訴えていくことにしています。


問い合わせ先
本庁舎人権推進課
TEL:0857-20-3143



目次へ戻る このページの上部へ
 

歩こう会12月例会

とき 12月11日(日)8:00〜11:00
内容 市役所《集合》〜大工町〜立川〜岩倉街道〜宇部神社〜万葉歴史館《解散》(歩行距離約7キロメートル)
※弁当や水筒、雨具は各自でご用意ください。


■問い合わせ先
歩こう会事務局
TEL:0857-23-7930




目次へ戻る このページの上部へ
 

年末の交通安全県民運動
12月13日(火)〜22日(木)

ゆずり合う ゆとりと笑顔 防ぐ事故
【運動の重点】

●高齢者と子どもの交通事故防止
●すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
●飲酒運転の根絶
●夕暮れ時と夜間の歩行中、自転車乗用中の交通事故防止(反射材の使用と前照灯の早期点灯)


問い合わせ先
本庁舎協働推進課
TEL:0857-20-3171




目次へ戻る このページの上部へ
 

年末年始ダイヤのお知らせ

 12月30日(金)〜平成24年1月3日(火)までは曜日に関わらず、米子支社管内すべて土・休日ダイヤで運転します。平日ダイヤとは運転時刻などが異なるので、ご利用の際にはご注意ください。


問い合わせ先
西日本旅客鉄道株式米子支社 輸送課
TEL:0859-32-8057




目次へ戻る このページの上部へ
 

国民年金コーナー
社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
〜年末調整や確定申告に〜

1 国民年金保険料は社会保険料控除の対象
 国民年金保険料は、納付した全額が所得税・市民税などの社会保険料控除の対象になります。国民年金保険料を社会保険料控除として申告する場合は、今年1年間に納付(納付見込みを含む)した国民年金保険料を証明する書類の添付が必要です。
2 毎年11月初旬に送付
 1年間に納付した国民年金保険料の額を証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」(ハガキ)が、日本年金機構から11月初旬に送付されています。
 証明内容は、本年1月から10月1日までに納付された国民年金保険料額と、年内に納付が見込まれる場合の納付見込額です。
 納付忘れがある場合も、年内に納付すれば、今年分の控除として申告することができます。
3 2月初旬に送付される場合
 年の途中から国民年金に加入した場合など、10月2日以降に本年初めて保険料を納付される人については、翌年2月初旬に同様の証明書が送付されます。
4 扶養家族分も納付した場合
 国民年金保険料は、被保険者本人だけではなく、その世帯の世帯主および配偶者も連帯して納付する義務があります。ご家族の国民年金保険料を納付した場合は、その納付額の全額が納付した人の所得税などの控除対象となりますので、このような場合は、年末調整等の手続きの際にご自身の社会保険料の額と合算して申告してください。この場合は、ご家族分の証明書も申告する人の申告書に添付する必要があります。
5 過去の滞納分を納付した場合
 社会保険料控除の対象は、今年中に支払った保険料のため、今から年末までに支払う保険料も控除の対象になります。
 また、過去に滞納や免除期間がある人も、年末までに保険料を支払えば、所得控除を受けることが可能です。
※税法上とても有利な国民年金は、老後はもちろん不慮の事故など万一のときにも心強い味方です。そのためにも保険料は納め忘れのないようきちんと納めましょう。


問い合わせ先
鳥取年金事務所
TEL:0857-27-8311



目次へ戻る このページの上部へ
 

農業委員選挙人名簿の登録申請

条件 本市に住所があり、平成4年4月1日以前に生まれた人で、次のどちらかに該当していること
 (1)10アール以上の農地を所有・借り受けし、耕作の業務を営む人
 (2)“(1)”の人と同居する親族またはその配偶者で、耕作に従事する日数が年間おおむね60日に達すると認められる人
募集期間・方法  申請書は12月上旬に郵送しますので、同封の返信用封筒で返送してください。なお、申請書が届かない場合は、鳥取市農業委員会、各総合支所産業建設課およびJA各支店にある申請書をご利用ください。
▽提出期限:平成24年1月10日(火)


問い合わせ先
第二庁舎鳥取市農業委員会事務局
TEL:0857-20-3393



目次へ戻る このページの上部へ
 

とっとり・しまね企業ガイダンス

日時
▽企業プレゼン11:15〜12:20(11:00受付)
▽個別企業説明会12:55〜16:00(12:00受付)

月日 ところ
12月10日(土) 広島基町クレド11階「NTTクレドホール」(広島市中区基町6-78)
12月17日(土) 東京都立産業貿易センター浜松町館3階「展示室」
(東京都港区海岸1-7-8)
12月22日(木) 大阪国際会議場3階「イベントホール」(大阪市北区中之島5-3-51)

対象 平成25年(2013年)3月卒業予定の学生をはじめ、鳥取または島根で就職を希望する人
※申し込み不要



■問い合わせ先
財団法人ふるさと鳥取県定住機構
TEL:0857-24-4740



目次へ戻る このページの上部へ
 

物品・役務の入札参加資格申請の受け付け

日時 平成24年1月10日(火)〜2月10日(金)
※資格有効期限は2年で、平成26年3月31日まで

内容 平成24・25年度に市と水道局が発注する物品・役務の入札参加資格審査の申請
※申請用紙は本市独自の様式です。本市ホームページまたは水道局ホームページでダウンロードしてください。


問い合わせ先
第二庁舎検査契約課契約業務係(〒680-8571 上魚町39)
TEL:0857-20-3147
本市ホームページ
HP:http://www.city.tottori.lg.jp
水道局ホームページ
HP:http://www.water.tottori.tottori.jp




目次へ戻る このページの上部へ
 

水質汚濁防止法の一部改正

内容
(1)排水基準が適用される事業所は、排水を年に1回以上測定し、その結果を記録・保存しなければなりません。これに違反した場合は、罰則が適用されます。
(2)有害物質、指定物質、油が事故等により公共用水域(水路、河川、池等)に流出した場合には、原因者は応急措置を実施するとともに、市に事故状況等届出書を提出することが義務づけられました。
(3)すべての事業者は、公共用水域(水路、河川、池など)に排水する場合には、自主的に汚濁防止に取り組まなければなりません。
※詳細は、本市ホームページをご覧いただくか、問い合わせ先まで


問い合わせ先
本庁舎生活環境課環境衛生係
TEL:0857-20-3216



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市民版県民手帳の販売

 市の窓口、主な制度の手続き、主な公共施設の案内を掲載しています。
価格 1冊600円
販売窓口 本庁舎総合案内所および総務課、駅南庁舎総合案内、各総合支所地域振興課


問い合わせ先
本庁舎総務課
TEL:0857-20-3156



目次へ戻る このページの上部へ
 

国保あれこれ
国保特定健診を受けましょう!

 糖尿病、高血圧などの生活習慣病や、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を予防するため、国保特定健診を実施しています。対象者には7月上旬に受診券をお送りしていますが、まだ健診を受けていない人は受診期間内に市内の医療機関などで受診しましょう。
受診期間 平成24年2月29日まで
ところ 特定健診実施医療機関または健診機関
対象者 40歳〜74歳の国保加入者
※国保特定健診と人間ドックは重複して受けることができません。


問い合わせ先
保健医療福祉連携課 総合健診係
TEL:0857-20-0320


国保料納付・休日相談窓口

【夜間窓口】12月1日(木)17:15〜19:30
【休日窓口】12月11日・18日(日)9:00〜16:00
ところ 駅南庁舎1階保険年金課
国民健康保険窓口(20番窓口)
内容 国民健康保険料の収納・納付相談


問い合わせ先
駅南庁舎保険年金課収納係
TEL:0857-20-3483


目次へ戻る このページの上部へ
 

市税豆知識
会社などを退社した場合は

 市・県民税は、前年の所得に対して課税されます。そのため、市・県民税が給与天引き(特別徴収)されている人が退職した場合、残りの市・県民税の納付方法は次のようになります。
【6月〜12月の退職】
 退職時に一括納付する方法(退職する勤務先へ依頼してください)と、本人あてに送付する納税通知書で納付する方法(普通徴収)があります。
【1月以降の退職】
 退職時に残りの税額を一括納付していただきます。一括納付できなかった場合は、本人あてに納税通知書を送付します。なお、すぐに新しい会社に就職し、引き続き特別徴収を希望される場合には、退職する勤務先の担当者へ申し出て手続きを行ってください。


問い合わせ先
駅南庁舎市民税課
TEL:0857-20-3415




目次へ戻る このページの上部へ
 

自然エネルギーを利用した発電システム設置の補助

内容
▽太陽光発電システム補助額:(1)太陽光発電システムのみの場合は3万4000円/1キロワットに、太陽電池の最大出力を乗じた額(4キロワットを限度) (2)太陽光発電システムと自然エネルギー設備または、LED照明、エコキュートなどの高効率給湯器を同時に導入する場合は4万8000円/1キロワットに、太陽電池の最大出力を乗じた額(4キロワットを限度)および各自然エネルギー設備補助額またはLED照明、エコキュートなど(設置経費の10分の1:3万円限度)を加算
▽自然エネルギー設備補助額(設置経費の10分の1)上限:薪ストーブ6万円、ペレットストーブ4万円、太陽熱温水器2万円、小型風力発電設備10万円、その他の設備は5万円
対象 市内の住宅などに太陽光発電システム、薪ストーブ、ペレットストーブ、小型風力発電設備、太陽熱温水器などを設置する市民
※要申し込み、先着順
※申請書類は、本市ホームページ(くらしと環境→地球温暖化と自然エネルギー補助制度)からダウンロードできます。


問い合わせ先
本庁舎生活環境課
TEL:0857-20-3218



目次へ戻る このページの上部へ
 

ワンポイント
消費者被害にあわないために

file008 家のリフォーム見積り価格が高いのでは?

【事例】 
 訪問して来た業者に屋根を見てもらったところ、瓦を取り替えた方がいいと言われた。そこで瓦を交換するように見積りをしてもらったが、とても高いように思う。リフォームの適正な価格について相談できるところはないだろうか。
【アドバイス】 
 財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター(愛称「住まいるダイヤル」)で、無料見積チェックを受けることができます。住まいるダイヤルは、法律に基づいて国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の相談窓口です。


 「家の補修をしませんか?」と訪問して来た業者に見積りをもらったときなどは、あわてて契約をせずに、上記サービスや他社からも見積りをとって比較してから契約を結ぶようにしましょう。


問い合わせ先
駅南庁舎市民総合相談センター
TEL:0857-20-3863




目次へ戻る このページの上部へ
 

家屋の取り壊し・用途変更

 固定資産税は、毎年1月1日を基準日として課税されます。12月31日までに家屋の全部または一部を取り壊した場合、または事務所・店舗・倉庫から住宅に変わったなど家屋の用途を変更した場合は、税額が変更される場合がありますので、早急に下記へご連絡ください。


問い合わせ先
駅南庁舎固定資産税課
TEL:0857-20-3424




目次へ戻る このページの上部へ
 

「鳥取市男女共同参画フォトコンテスト」
入賞作品発表

 今回は、28点の応募があり、審査の結果、8作品が入賞に選ばれました。入賞者は9月25日に開催された「第19回女と男とのハーモニーフェスタ」において表彰されました。

最優秀賞
「お父さんご飯まぁ〜だ?」
山崎(やまさき)かおりさん


優秀賞
「高い、高い」 西村陽子(にしむらようこ)さん
「お母さんいなくても大丈夫」 池井弥生(いけいやよい)さん

入選
「おじいちゃん、おばあちゃんとギョーザ作り」 河藤敏子(かわとうとしこ)さん
「小さい時から共同参画の心を」 吉村文夫(よしむらふみお)さん
「実りを願って」 松井 功(まついいさお)さん
「植木の手入れ」 中尾昭雄(なかおあきお)さん
「わたしもお手伝いする」 水本千賀子(みずもとちかこ)さん


問い合わせ先 
男女共同参画課(福祉文化会館内)
TEL:0857-20-3166



目次へ戻る このページの上部へ
 

第54回 鳥取市民体育祭総合成績

 全19種目で熱い戦いが繰り広げられました。総合成績上位3位までの結果は次のとおりです。

  Aグループ Bグループ Cグループ
1位 美保南校区 津ノ井校区 修立校区
2位 城北校区 宮ノ下校区 遷喬校区
3位 美保校区 中ノ郷校区 倉田校区
※詳細は、本市ホームページをご覧ください。

問い合わせ先
第二庁舎体育課
TEL:0857-20-3371




目次へ戻る このページの上部へ
 

水道管の凍結対策を!

  気温が氷点下になると、水道管や蛇口が凍って水が出なくなったり、水道管が破裂したりすることがあります。
 風当たりの強い場所の水道管や、露出した水道管などは保温材や布を巻き、ぬれないようにビニールで覆うといった工夫をして、十分な凍結対策を施してください。
 また、就寝の前に蛇口から少しずつ水を出しておくと、夜間や早朝の冷え込みの際に凍結しにくくなります。たまった水は捨てずに洗濯などに使いましょう。

凍ってしまったら

 自然に溶けるのを待つか、凍った部分に布やタオルをかぶせて、その上からぬるま湯をかけてゆっくり溶かしてください。
※熱湯をかけると破裂やひび割れの恐れがあります。

問い合わせ先
水道局 給水維持課
TEL:0857-53-7933




目次へ戻る このページの上部へ
 

毎月22日は「にこにこデー」です
あいさつで あったか ふれあい まちづくり

 12月の活動は、22日に鳥取駅で行います。
※あいさつ運動や心の健康劇などの実施については下記問い合わせ先までご連絡ください。
ニコニコにっこりあいさつマーク

問い合わせ先
中央保健センター
TEL:0857-20-3194




目次へ戻る このページの上部へ