このページではJavaScriptを使用しています。

東光寺山経塚跡

 

 

   

 

  東光寺は和銅元年(708年)、行基による創建と伝えられ、勅号を瑠璃山長福寺としました。

  2度の火災に遭い、鳥取藩主池田光仲の尽力によって再興された後、寺号を東光寺としました。

 

  昭和51年夏、寺の後方にある山から青銅製、鉄製の経筒が一個づつ発掘されました。

  鉄製経筒は県内初の出土で話題となりました。

 

 【場所】鳥取市用瀬町古用瀬

 【アクセス】JR因幡社駅より徒歩15分

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp