このページではJavaScriptを使用しています。

三角山

 

三角山(みすみやま)

 

 三角山は猿田彦を祀り、古来より多くの修験者が修行に訪れる山でした。

 このため、戦前までは女人禁制のしきたりがあり、現在も「女人堂」が残っています。

 また、参道入口には奉納の儀式で使用される「相撲場」もあります。

 

 頂上には本殿があり、用瀬の集落が一望でき、現在も多くの方が参詣しています。

 

 

【所在地】鳥取市用瀬町用瀬

【アクセス】JR用瀬駅より徒歩5分(参道入口まで)。山頂まで約90分。

  

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp